ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年07月01日

今回では、64GBのUSBメモリが32GBしか認識しないのような実際よりも少ない容量を認識するエラーの解決法を解説します。また、Windows 7/8/10でUSBメモリの容量をフルに復旧するための最良の方法を紹介します。

経緯

64GBの容量を持つUSBメモリーでWindows 8.1 USBインストールドライブを作成しました。最近、再フォーマットするつもりですが、64GBのUSBメモリーが30GBしか認識しない。USBメモリーの詳細を見ると、2つの部分があり、1つは32GBのアクティブパーティションで、もう1つは28GBの未割り当て領域です。ディスク管理で削除オプションがグレー表示されています。フォーマット後、私が得るのは64GBでない32GBです。どうすればいいですか。

「USBメモリーが認識しない」原因は

Windowsインストールドライブまたは、リカバリドライブを作成する場合は、USBメモリーはミスティック情報を表示します。例えば、「32GBしか認識しない」。ファイルシステムがNTFSではなくでFAT32に変換されました。ご存じのように、ディスク管理は、外付けHDDをFAT32に32GBまでフォーマットすることができます。そのため、32GBを超えるパーティションを取得できません。

通常、ハードディスクはNTFS形式でフォーマットされています。NTFSは、Microsoftが開発したNew Technology File Systemの略で、FAT32ファイルシステムの制限を補っています。したがって、実際よりも少ないスペースを示すペンドライブを修復する最善の方法は、FAT32をNTFSに変換し、USBをフル容量に復元することです。

USBメモリーが認識しないというエラーを復旧する方法

最高のNTFSからFAT32へのコンバータは、Windows 7,8,10などの一般的なWindowsオペレーティングシステムの無料なディスクパーティションソフトウェアであるAOMEI Partition Assistant Standardです。このソフトはNTFSファイルシステムにFAT32を変換したり、64GBのUSBメモリーが32GBしか認識しないというエラーを復旧することもできます。

1. まずは、コンピュータに64GB USBメモリーを接続して、AOMEI Partition Assistant Standardをダウンロードし、インストールして起動します。

2. このUSBメモリーを右クリックして、「詳細処理」 > 「NTFSパーティションに変換」をクリックします。

NTFSパーティションへ変換

3.「はい」をクリックします。

はい

4. 「適用」を押して、FAT32からNTFS へ変換始めます。

適用

5. 64GB USBフラッシュドライブのピッチを調整し、「パーティションをリサイズ」を選択します。

パーティションをリサイズ

6. 二重矢印を右にドラッグすると、パーティションのサイズが拡張できます。

パーティションを拡張する

7. 最後に、「適用」をクリックします。

パーティションをリサイズの適用

しばらくすると、64GBのパーティションをUSBメモリにインストールします。つまり、USBメモリをフル容量に復旧しました。さらに、USBを最大容量に復旧するもう1つの方法は、32GBパーティションを削除し、新しい64GB NTFSパーティションを作成することです。他には、AOMEI Partition AssistantはUSBメモリーの書き込み禁止を解除し、OSなしでGPTからMBR(またはMBRからGPT)に変換するなどもできます。高度な機能を使用したい場合は、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用して、あるパーティションから別のパーティションに空き領域を割り当てたり、プライマリパーティションを論理パーティションに変換したりできます。