By Asher / 最後の更新 2021年10月13日

GPartedの概要

GPartedはグラフィカルなユーザーインターフェイスを持つパーティション管理ツールでGNOME Partition Editorの略語です。GPartedはディスクパーティションとファイルシステムの作成、削除、リサイズ、移動、検査、そして複製に使用されます。GPartedはLinuxオペレーティングシステムに基づくオープンソースソフトウェアですが、GParted Live CDでMacおよびWindowsPCで引き続き使用できます。新しいオペレーティングシステム用の領域の作成、ディスク使用状況の再編成、ハードディスク上のデータの複製、そしてあるパーティションの別パーティションへのミラーリング(ディスクイメージング)に役立ちます。さらに、セクタサイズやハードディスク容量に制限はありません。

ただし、GPartedはNTFSパーティションには適用されません。NTFSシステムパーティションにいくつかの変更を加える場合、修復するためのWindowsインストールディスクが必要になります。そうしないと、Windowsのロードに失敗します。システムパーティションを台無しにしたくない場合は、GParted Windowsの代替品を使用できます。

gparted

AOMEI Partition Assistantの概要

NTFS(システム)パーティションを処理するためのより優れたツールが必要な場合は、AOMEI Partition Assistantが優れた代替品です。このソフトウェアを使用すると、システムやデータに影響を与えることなく、NTFSパーティションまたはFat32パーティションのサイズを調整できます。ディスクパーティションを簡単に管理するために、パーティションを削除せずにMBRとGPTを変換したり、OSをSSDに移行したり、隣接する2つのパーティションを結合したりするなどより多くの機能を提供します。

以下のスクリーンショットは、AOMEI Partition Assistant Professionalのデモ版を例にしたもので、ボタンをクリックし、ダウンロードして、その機能を体験しましょう。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

ディスクに関する機能

パティーションに関する機能

AOMEI Partition AssistantとGPartedの区別

次の表に、これら2つのパーティション分割ソフトウェア間のすべての異なる機能を示します。

AOMEI Partition Assistantとgpartedの区別

まとめ

以上はAOMEI Partition AssistantとGPartedの比較です。Windows以外の異なるオペレーティングシステムでパーティションを作成する必要があり、起動に失敗したときにコンピューターを修復する方法を知っている場合は、GPartedを使用するべきです。Windowsパーティションのみを管理する必要がある場合は、AOMEI Partition Assistantを使用することをお勧めします。

AOMEI Partition Assistantは異なるバージョンがあります。Windows11、10、8.1/8、7、Vista、XPのユーザーの場合は、AOMEI Partition Assistant Standard(無料)を使用してください。もしより高級な機能を使用する場合は、AOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~

AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。