By AOMEI / 最後の更新 2020年02月28日

Windowsの起動に失敗して、黒い画面しか表示されない場合の解決策

起動が中断して黒い画面になります

Windowsをインストールしたパソコンを起動する時、たまには正常に起動できなくて、真っ黒な画面にとまることがあります。こういう問題は主にパソコンのPOSTという段階が終わった直後で、Windowsがブートし始め、マイクロソフトのロゴが表示される前に、黒い画面で応答がありません。

話がPOSTに触れるから、POSTについての知識をより詳しく知る必要があります。POST(Power On Self Test)はパソコンの電源を入れた時に、ブートする前にHDD、CPUやメモリなど重要なハードウアデバイスが正常に動作しているかどうかを判断するため、BIOSによって実行する自己診断です。HDDは最も壊れやすいハードウェアですから、HDDが検出されないか正常に動作していないと判明した場合は黒い画面のエラーが発生することがあります。

可能な原因

一般に、黒い画面になってパソコンを起動できない場合は、下記のような原因が考えられます:

  • パソコンにCD/DVDが挿入され、またはUSBフラッシュドライブが接続しています。パソコンがこういうデバイスからブートしてしまいました。

  • パソコンがウイルスに感染し、データが壊されました。

  • パーティションテーブルかWindowsのブートローダーファイルが壊れてしまいました。

さて、黒い画面を修正する解決策がありましたか。それでも見つからない場合は、ここでは3つの方法をを説明します。

Windows XP/7/8/8.1/10で黒い画面のブートエラーを修復する方法

1. 外付けデバイスを取り外します

全ての周辺機器を取り外してから、パソコンを再起動して、黒い画面のエラーが解決されたかどうかを確認します。

2. アンチウイルスソフトを使用します。

最新版のアンチウイルスソフトを実行して、パソコンにウイルスが存在するかどうかを確認します。

3. 破損したパーティションテーブルまたはブートローダーを修復します。

パソコンをセーフモードで起動し、Windowsブータブルメディアを作成してパソコンを起動します。エラーなしでパソコンを起動できる場合は、パーティションテーブルかブートローダーが破損するかもしれません。

こういう場合は重要なデータをバックアップしてから修復します。これらの原因を考慮して、スタートアップ修復、コマンドプロンプトとAOMEI Partition Assistantの3つの修復方法があります。

スタートアップ修復を使って修復してみます

Windowsのインストレーションディスクに組み込まれたスタートアップ修復はWindowsの起動に失敗した場合に使用する簡単な診断と修復ツールです。Windowsのインストレーションディスクをお持ちの場合は、下記の手順に従って起動時の黒い画面を修復します。

● WindowsインストレーションディスクをDVDドライブに挿入して、パソコンをDVDドライブから起動します。

● お使いの言語、入力方などを指定して、次へをクリックします。

● 今すぐインストールではなくて、コンピューターを修復するをクリックします。

● 次へをクリックして、システム回復オプションが出ています。

● 修復操作を実行する目標Windowsを選択して、次へをクリックします。

● スタートアップ修復をクリックして作業を実行します。

この方法で手助けできない場合は、他の2つの方法を試してみます。

コマンドプロンプトで修復してみます

スタートアップ修復の5番目の手順まで同じ操作をして、ただし、6番目のところにコマンドプロンプトをクリックします。

下のコマンドを一行目ずつ順番に入力し、Enterを押して実行します。

bootrec /scanos

bootrec /fixmbr

bootrec /fixboot

bootrec /rebuildbcd

コマンドで修復

⚪AOMEI Partition Assistant

もしパソコンのMBRパーティションテーブルが壊れていて、無料のパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistant Standardを持って簡単に修復できます。

必要となるものは正常に動作しているパソコン一台です。AOMEI Partition Assistant Standardを無料でダウンロードしてインストールします。

次に、最も重要の操作です。AOMEI Partition Assstant Standardお使ってブータブルメディアを作成します。

ブータブルメディアを作成したら、次のように修復します。

1. ブータブルメディアからパソコンを起動します。このWinPEのデスクトップにあるAOMEI Partition Assstant Standardを開いて、左側の「MBRを再構築」をクリックします。

MBR再構築

2. お使いのWindowsバージョンに該当する選択肢を指定し、「はい」をクリックします。

OSのバージョンを指定します

3. 適用」をクリックして、MBR修復を開始します。

修復操作を適用します

ところで、Operating System Not FoundNTLDR Is Missingのようなブート不能の問題にあった場合も、このフリーソフトを使って解決できます。

パーティション管理に関する問題は是非AOMEI Partition Assistantを利用してうまく解決してみましょう。有料版の AOMEI Partition Assistant Professionalは更に多くの高度な機能を楽しめます。