By Asher / 最後の更新 2022年03月01日

ブートディスク:パーティションブートセクタが破損する

パーティションブートセクタには、ファイルシステムがボリュームにアクセスするために使用する情報が含まれています。コンピューターでは、マスターブートレコードはシステムパーティション上のパーティションブートセクタを使用して、オペレーティングシステムのカーネルファイルをロードします。パーティションブートセクタは、パーティションの最初のセクタです。

コンピューターを起動しようとしたときに、パーティションブートセクタが破損している場合、「非システムディスクエラー」または「ディスクエラー」などというエラーが発生することがあり、コンピューターが起動できなくなります。

ブートセクタが破損することについて

ブートセクタはコンピューターが起動(ブート)の際に使用するハードディスクの一区画(セクター)のことです。オペレーティングシステムを稼働するプログラムが記録されています。この部分では、ブートセクタが破損する理由と悪い影響に関することを簡単に説明します。

ブートセクタが破損する理由

●マルウイルスの感染

●ディスクエラー・障害、システムクラッシュ

●コンピューターの動作中に突然停電

●起動ファイルが誤って削除された

●ブートローダーが破損した

●Windowsの再インストールや複数のOSをインストールする時に、前のMBRが上書きされた

ブートセクタが破損する悪い影響

ブートセクタに問題がある場合、次のようなエラーメッセージが表示される場合があります。

▪ Error loading operating system(オペレーティングシステムの読み込みエラー。)

▪ Missing operating system(オペレーティングシステムがありません。)

▪ Reboot and select proper boot device(再起動して適切なブートデバイスエラーを選択します。)

▪ Invalid partition table(無効なパーティションテーブル。)

▪ Bootmgr is missing(Bootmgrが欠落しています。)

▪ FATAL: No bootable medium found! System halted(致命的:起動可能なメディアが見つかりません!システムが停止しました。)

これらのエラーメッセージのいずれかが表示された場合は、Windows 11/10を起動できず、Windows RE(リカバリ環境)を使用して問題を修正する必要があることを意味します。

ブートセクタを修復する三つの方法

ここでは、破損したブートセクタを修復するためのいくつかの効果的な方法を紹介します。

注意:PCでWindows 11/10を起動できず、すでにシステムをバックアップしている場合は、システム復元を実行することをお勧めします。

方法1.ウイルス対策ソフトでウイルスを駆除する

ブートセクタ上のウイルスによってパーティションテーブルが破損した場合は、ウイルス対策ソフト(Googleで最適なウイルス対策ソフトを検索して見つけることができます)が提供する起動ディスクを使ってパソコンを起動し、DOS環境下でシステム内のウイルスを検出・駆除することが可能です。ウイルスが検出されると、プログラムが自動的にクリーンアップし、システム全体をスキャンして隠れたウイルスを検出することもできます。一般的に、ウイルスが駆除されると、コンピューターは正常な状態に戻り、問題なく使用できるようになります。

方法2.コマンドプロンプトでマスターブートレコードを修復する

Windows回復環境(Windows RE)にアクセスして、マスターブートレコード(MBR)を修復することもできます。ここでは、Windows10を例として取り上げます。

手順 1. Windows REに入ります(一部のコンピューターには、物理​​ディスクを必要とせずに、特別なキーを直接押すことでWindows REを起動できる特別な回復パーティションがあります。PCにこのような回復パーティションがない場合は、Windowsインストールディスクを使用してWindows REにもアクセスできます)。

手順 2. Windowsの初期インストール画面が表示されたら、「コンピューターを修復する」をクリックします。

コンピューターを修復する

手順 3. その後、Windowsは回復環境をロードします。そして、「トラブルシューティング」オプションをクリックする必要があります。次に、「詳細オプション」画面に入ります。

ヒント:ここでは、最初に「スタートアップ修復」オプションを実行して、Windowsがロードできない問題を修正できるかどうか確認します。修復が成功した場合は、PCを再起動するか、「詳細オプション」画面に戻るかの選択肢が表示されます。もし「スタートアップ修復でPCを修復できませんでした」とメッセージが表示される場合は、「詳細オプション」をクリックし、コマンドプロンプトを選択してマスターブートレコードを修復するか、ブートセクタを再構築してみてください。

コンピューターを修復する

手順 4. 「コマンドプロンプト」をクリックし、「Bootrec.exe」と入力して、Enterキーを押します。次に、状況に合わせて次のコマンドを使用できます。

コマンドプロンプト

Bootrec.exe /FixMbr

このコマンドを使用すると、MBRの破損の問題を解決するか、MBRから非標準のコードを削除することができます。

Bootrec.exe /FixBoot

このコマンドは、使用しているWindows OSと互換性のあるブートセクタを使用して、システムパーティションに新しいブートセクターを書き込みます。ブートセクタが非標準のWindowsブートセクタに置き換えられた場合、またはブートセクタが破損した場合、このコマンドを実行できます。

Bootrec.exe /ScanOs

このオプションは、現在のWindows OSと互換性のあるディスクへのインストールをスキャンします。また、現在BCDストアに保存されていないすべてのエントリも表示します。ブートマネージャーメニューにリストされていない他のWindowsインストールがある場合は、このオプションを使用します。

Bootrec.exe /RebuildBcd

このコマンドは、在のWindows OSと互換性のあるディスクへのインストールをスキャンします。さらに、このオプションを使用すると、BCDストアに追加するインストールを選択できます。BCDストアを完全に再構築する必要がある場合は、このオプションを使用します。

Bootrec.exeツール

コマンドプロンプトを使用して操作する時に、十分に注意する必要があります。操作をキャンセルすることはできません。したがって、コマンドに慣れていない場合は、元に戻せないエラーが発生する可能性があります。

方法3.Windows 11/10インストールディスクなしでMBRを再構築する

Windows 11/10インストールディスクをお持ちでない場合、どうすればブートセクタを修復しますか?幸い、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用すると、より簡単な操作でブートセクタを修復できます。

その前に、次の準備をする必要があります

AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、通常のコンピューターにインストールして起動し、それを使用して起動可能なメディア(USB、CD/DVD)を作成します。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

次に、以下の手順に従ってマスターブートレコードエラーを修正できます。

手順 1. 前に作成した起動可能メディアをMBRエラーのあるコンピューターに挿入し、起動可能なメディアからPCを起動します(BIOSで起動順位を変更する必要がある場合があります)。

手順 2. AOMEI Partition Assistantのメインインターフェイスが表示されます。システムディスクを右クリックし、「MBRを再構築」を選択します。

MBRを再構築

手順 3. ポップアップウィンドウで、現在のオペレーティングシステムのMBRタイプを選択します。

MBRタイプを選択

手順 4. 最後に、「適用」→「続行」をクリックしMBRの修復操作を実行します。

続行

操作が完了したら、コンピューターをシャットダウンし、起動可能なメディアを取り外して、元のディスクからPCを起動します。

結語

この記事では、破損したブートセクタを修復するために、ウイルス対策ソフト、コマンドプロンプト、AOMEI Partition Assistantという三つの方法を提供します。ユーザーは必要に応じて、その中から適切な方法を選択します。その中で、強力なディスクパーティション管理ソフトであるAOMEI Partition Assistantはブートセクタを修復する最も簡単な方法だと思います。したがって、前の2つの方法はブートセクタを修復できないなら、最後の方法を使って試してみましょう。

また、強力なディスクパーティション管理ソフトとして、「MBRを再構築」機能のほか、AOMEI Partition Assistant Professionalは、不良セクタをチェックし、2つのパーティション間でアプリを移行するなど高度な機能も備えます。Windows Serverで使用可能なAOMEI Partition Assistant Server版もあります。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。