By Akira / 最後の更新 2021年09月26日

Windows11について

Windows 11は、過去10年間でMicrosoftにとって最大の変化です。最も注目すべき点は、Macintoshに似たインターフェイスを備えていることです。Windows11のインターフェイスは大幅に変更されました。ウィンドウインターフェイスは角が丸く設計されており、タスクバーは中央に配置されています。これは、従来のWindowsシステムとは異なります。

また、ユーザー向けに美しい新しいシステムを作成しただけでなく、予期していなかった多くの新機能を追加しました。例えば、Microsoft TeamsとのチャットやAndroidアプリなどの機能は、準備が整い次第、今後数カ月以内にMicrosoft Storeに追加されます。

windows 11

Windows 11の起動可能なUSBを作成する原因

Microsoftは、Windows 11が早くも2021年10月20日に公開される可能性があることを明らかにしました。リリース後、個人のオペレーティングシステムを使用して他のPCで作業する場合は、Windows11の起動可能なUSBを作成することをお勧めします。

いつでもどこでも、どのPCからでもWindows 11を起動でき、人々の「個人所有のデバイスを持参する」というニーズを完全に満たすことができます。

また、ほとんどすべてのPCにUSBスロットがあります。起動可能なUSBは高い互換性を備えてます。

Windows 11の起動可能なUSBを作成するツール

Microsoftの組み込みのWindows To Goが起動可能なUSBを作成できることを知っている人もいるかもしれませんが、Windows To GoがWindows11をサポートしていないことを知りません。また、Microsoftの組み込みを利用して、ほかのWindows OSの起動可能なUSBを作成するには、Microsoft認定の外付けHDDが必要です。

そのため、サードパーティの起動可能なUSBを作成するツールAOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。Windows 11/10/8.1/8/7、XPおよびVistaなどのすべてのWindowsシステムをサポートするだけでなく、任意のデバイスを使用することもできます。

また、このソフトは、ディスクのクローン、NTFSファイルシステムの変換などもサポートしています。今すぐダウンロードしてお試しください。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
ヒント:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

サードパーティツールで起動可能なUSBを作成する方法

起動可能なUSBを作成する前の準備:
Windows 11は、UEFIブートモードのみをサポートします。Windows 11をコPCに直接インストールする場合は、システムディスクがGPTディスクであることを確認してください。そうでない場合は、データを失うことなくMBRをGPTに変換してください。
13 GB以上のUSBドライブを用意する必要があります(読み取りと書き込みの速度が速いため、USB 3.0ドライブをお勧めします)。
USB上のすべてのデータは消去されます。事前にバックアップを作成してください。
新しいシステムを作成する場合は、Windows 11 ISOファイルをダウンロードする必要があります。

次に、Windows11の起動可能なUSBドライブを作成するための詳細な手順を示します。

手順 1. USBドライブをPCのUSB3.0ポートに接続します。PCで検出されていることを確認してください。

手順 2. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動します。メインウィンドウで、ウィザードの左の列にある「全のツール」から「Windows To Go Creator」をクリックします。

Windows To Go Creator

手順 3. WinToGo画面が表示されたら、「パーソナルコンピュータ用のWindows To Goを作成」を選択して、「次へ」をクリックします。

パーソナルコンピュータ用のWindows To Goを作成

手順 4. そして、「インストールディスク/ISOでWindows To Goを作成」を選択して、事前に準備したWindows 11 ISOファイルを指定してから「次へ」をクリックします。

ISOファイルの指定

手順 5. 挿入したUSBドライブを選択してから「続行」をクリックします。※詳細処理をクリックすると、作成したシステムの種類や起動モードを設定できます。

続行

手順 6. バックアップを確認後、「はい」をクリックします。

完了

補足:USBからWindows11をインストールする方法

これで、起動可能なUSBを作成する方法をすでに知っているはずです。これにより、インストールせずに他のPCでWindows 11を直接に開くことができます。また、Windows 11の起動可能なUSBを使用して他のPCにWindows11をインストールすることもできます。以下の手順に従ってください。

手順 1. USBドライブをPCのUSB3.0ポートに接続します。PCで検出されていることを確認してください。

手順 2. タスクバーの検索ボックスで「CMD」と入力して「管理者として実行」を選択し、コマンドプロンプトを開きます。

手順3.「diskpart」と入力してEnterキーを押します。次に、次のコマンドを1つずつ入力します。

●list disk

●select disk X(XはUSBドライブの番号を目指す)

●clean

●create partition primary

●select partition 1

●format fs=ntfs quick(UEFIブータブルUSBを作成する場合は、「format fs=fat32quick」を入力する)

●active

コマンド

手順 4. 最後に、「exit」と入力し、Enterキーを押してdiskpartを閉じます。

手順 5. コマンドプロンプトに「xcopyX1:\ *.* X2:/ s / e / f」と入力し(X1はISOファイルが配置されているドライブ、X2はUSBのドライブ番号)、Enterキーをを押します。

手順 6. 「X1:\ Boot \ Bootsect / NT60 X2:/ force / mbr」と入力して、ブートローダーをUSBドライブに書き込みます。

まとめ

AOMEI Partition Assistantの「Windows To Go Creator」機能を使用して、Windows 11の起動可能なUSBを簡単に作成することができます。また、AOMEI Partition Assistantの「ブータブルCD/USBの作成」ウィザードに従って、起動可能なメディアを作成することもできます。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン: Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較