Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月06日

小さなパーティションに未割り当て領域を追加します

コンピューターユーザーは最初パーティションが完璧に分割されていないことを知っているかもしれません。時間がたつにつれて、一部のパーティションが容量不足になる問題はよく発生します。それはマシンの使用に大きな影響を与えます。例えば、アプリケーションとデータを満載しているシステムパーティションは実行速度を低下させます。また、他のパーティションは小さすぎてもはや個人データを保存できません。そのため、パーティションのサイズを変更する必要があります。例えば、HDDでボリュームを未割り当て領域に拡張します。

他のパーティションが容量不足になる時、HDDの上にいくつかの未割り当て領域があるならラッキーです。小さなパーティションのボリュームを未割り当て領域に拡張できます。Windowsパーティションの管理ツール「ディスクの管理」はその「ボリュームの拡張」機能を使用してWindows 7/2008/8/10/2012でボリュームの拡張を実現できます。このツールを開きます。拡張したいパーティションを右クリックし、そしてドロップダウンメニューで「ボリュームの拡張」を選択します。残念ながら、「ボリュームの拡張」がグレーアウトすることを見つけます。

なぜ未割り当て領域にボリュームを拡張できません?

多くのユーザーは、次の状況のように「ボリュームの拡張がグレーアウトする」問題があるかもしれません。

1. 私はHDDの最後に未割り当て領域があります。それを利用してシステムパーティションを拡張したいです。しかし、「ディスクの管理」ツールの「ボリュームの拡張」機能を使用してシステムパーティションに未割り当て領域を追加しようとする時、それはグレーアウトすることを見つけます。

グレーオプション

「ディスクの管理」ツールの「ボリュームの拡張」は、拡張したいパーティションと隣接していた未割り当て領域を要求します。それはパーティションの右側になければなりません。さもないと、「ボリュームの拡張」はグレーアウトします。

2. 私は未割り当て領域がありますが、ブランクスペースにボリュームを拡張できません。お使いのHDDの基本環境は次のスクリーンショットのようです。I:ドライブの後ろの未割り当て領域でI:ドライブを拡張したいですが、ボリュームの拡張はグレーアウトします。

ボリュームの拡張はグレーアウト

I:ドライブの右側に隣接した未割り当て領域があっても「ボリュームの拡張」オプションはグレーアウトするのはなぜですか?それは論理パーティションH:とI:ドライブが拡張パーティションに含まれるためです。それを拡張できません。まだ「ディスクの管理」を使用してそれを拡張したいなら、まず論理パーティションを削除する必要があります。そして拡張パーティションを削除します。その後、もう一度論理パーティションを作成できます。

3. 未割り当て領域はターゲットパーティションの左側にあるなら、「ディスクの管理」を使用してボリュームを未割り当て領域に拡張することもできません。

4. ターゲットプライマリボリュームはFAT32でフォーマットされる場合、「ディスクの管理」はボリュームを未割り当て領域に拡張できません。「ボリュームの拡張」はNTFSとRAWパーティションだけをサポートします。

5. Windows 7以後、「ボリュームの拡張」機能は「ディスクの管理」ツールに内蔵されます。Windows Vistaの前に、「ディスクの管理」にボリュームを拡張する機能がありません。

「ディスクの管理」でボリュームを未割り当て領域に拡張するのに失敗する時、他のソフトウェアを使用できます。ここでは1つの優れたマネージャーAOMEI Partition Assistantを非常に推薦します。パーティションのサイズをより柔軟に変更できます。

パーティションマネージャーソフトウェアでボリュームを未割り当て領域に拡張します

「ディスクの管理」はボリュームを未割り当て領域に拡張できない時、パーティションマネージャーソフトウェアAOMEI Partition Assistantはその欠点を補います。Windows 10/8/7とWindows Vista/XPでこのフリーソフトを使用してボリュームを拡張できます。それはWindows Server OSのために特別なServer版もあります。

この無料ソフトでWindows OSのボリュームを拡張するために、まずそのStandard版をダウンロードする必要があります。次はボリュームを未割り当て領域に拡張する詳細な手順です。

1. このフリーソフトをインストールして起動します。メインインターフェースにHDDの環境(HDDの最後に未割り当て領域があります)が表示されます。

メインインターフェース

未割り当て領域と隣接したD:ドライブを直接拡張できます。Dドライブを右クリックして「パーティションをリサイズ」を選択します。AOMEI Partition Assistantの「パーティションをリサイズ」機能は隣接した未割り当て領域が右側か左側かにかかわらず、ボリュームを拡張できます。

パーティションをリサイズ

そして、バーをブランクスペースの方向にドラッグしてボリュームを拡張します。その後、「適用」をクリックして操作を実行します。

パーティションを拡張

2. C:ドライブなど、未割り当てと隣接しないパーティションを拡張したいなら、Cドライブを右クリックし、ドロップダウンメニューから「パーティションを結合」を選択します。未割り当て領域がどこにあってもAOMEI Partition Assistantはそれと対象パーティションを結合できます。

パーティションをマージ

そして、未割り当て領域の前のボックスをチェックします。

ボックスをチェック

最後は、「適用」をクリックして操作を実行します。

適用

「パーティションの拡張」ウィザードを使用してターゲットパーティションを拡張することもできます。とにかく、このパーティションマネージャーAOMEI Partition Assistantはより多い柔軟な方法を提供して、「ディスクの管理」の「ボリュームの拡張」がグレーアウトする問題を解決できます。未割り当て領域にボリュームを拡張する他に、未割り当て領域がない時、他のパーティションからの空き領域を利用して「空き領域を割り当てる」で1つのパーティションを拡張することもできます。ターゲットパーティションがFATファイルシステムである場合、まずAOMEI Partition AssistantでFATをNTFSに変換できます。