ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年07月01日

USBフラッシュドライブにファイルを保存できないときの様々な解決策を学びます。

悩み

“私はWindows 10 64ビットを使用しています。私は常に重要なデータをF:という外部USBドライブにコピーします。今日、ある小さなWordファイルをこのFディスクに保存するとき、「この場所に保存するアクセス権がありません。管理者に連絡してアクセス許可を取得してください。」というエラーメッセージが出ていた。自分は既に管理者アカウントを使っているので、何が起こっているのかさっぱり分からない。USBフラッシュドライブにファイルを保存できないのはなぜですか?どんな助けでも大歓迎です。“

実は、「USBフラッシュドライブにファイルを保存できない」という問題が発生するのは、様々な原因によって

異なる状況での異なる解決策

ここでは、フラッシュドライブにファイルを保存できない原因の一部をまとめます。なぜそれが起こったのか、どうやってそれを解決する、次のコンテンツで説明します。

1. この場所に保存する権限がありません...

Microsoft Officeファイルを保存しようとするとき、「この場所に保存するアクセス権限がありません。管理者に連絡してアクセス許可を取得してください。」というエラーメッセージが表示される場合があります。

Error

この問題は、特にWindows 10、Windows 8、またはWindows 7でOffice 2010またはOffice 2007でドキュメントを保存しようとする時によく発生します。こういう場合は、このアドバイスに従って別の場所にファイルを保存するか、下記の手順に従って権限を取得してから指定した場所にファイルを保存する:

  • 1. WindowsキーとRを同時に押して,「ファイル名を指定して実行」を開きます。

  • 2. netplwiz を入力してEnter を押して「ユーザーアカウント」設定を開きます。

  • 3. エラーメッセージが出ていたときに使っているユーザーアカウントを選択します。

  • 4. プロパティを押して-> グループ メンバーシップ-> 管理者, それに、OKを押して、次のスクリーンショットの表示のよう

Access Permission

こうして、USBフラッシュドライブにファイルを保存できます。

2. 領域不足警告

コピー先のドライブが「ディスク領域不足警告」というメッセージが表示された場合もファイルをUSBフラッシュドライブに保存することはできません。

Low Disk Space

USBフラッシュドライブ上は一般的に1つのパーティションしかありませんので、「ディスク領域不足警告」が表示された場合は、未使用領域を増やすためにUSBドライブ上のファイルを圧縮したり削除したりしておくか、より大きな容量のUSBフラッシュドライブを買い替えます。ただし、「ディスク領域不足警告」が表示されたときに使っているドライブは特定のパーティションタイプでファイルを保存する場合は、新しく追加されたファイルを保存できるために、ディスクパーティションマネージャというソフトウェアで パーティションサイズを拡張することができます。

3. ファイルがコピー先ディスクのファイルシステムにとって大きすぎます

ファイルをUSBドライブに保存できないもう一つの理由は、ファイルがコピー先ディスクのファイルシステムにとって大きすぎるためです。

File Is too Large

ほとんどのUSBフラッシュドライブはFAT32にフォーマットされていることは皆が分かっています。FAT32は単一のファイルのサイズが最大4GBまでサポートされているという制限があります。したがって、4GBを超えるファイルがあれば、FAT32でフォーマットされたUSBフラッシュドライブに保存することはできません。

幸いなことに、USBドライブをFAT32からNTFSまたはexFATに変換することができます。NTFSとexFATは、ファイルサイズが4GBに制限されていない他の二種類のファイルシステムです。NTFSまたはexFATドライブに4GB以上のデータを簡単に保存することができます。そのため、FAT32をNTFSに変換するか、FAT32をexFATにフォーマットする必要があります。Windowsのみ使う場合は、FAT32をNTFSに変換しては十分ですが、WindowsとMacの両方で使用する予定の場合は、exFATにフォーマットすることをお勧めします。なぜなら、exFATはWindowsとMacの両方に対応していますが、NTFSはMacでは読み取りのみ対応可能です。

ここは3つのFAT32をNTFSまたはexFATに変換する方法があります。

1. Windowsエクスプローラーを使用する

USBフラッシュドライブをコンピュータに接続し、検出できることを確認します。

Windowsエクスプローラーを開き、USBドライブを右クリックしてフォーマットを選択します。ファイルシステムのドロップダウンメニューで、FAT32をNTFSまたはexFATにフォーマットすることが選べます。

Set up

2. Windowsの「ディスクの管理」ツールを使用する

Windowsディスクの管理でこのタスクを遂行することもできます。「PC」を右クリックし、「管理」を選択して「ディスクの管理」をクリックして開きます。 メインインターフェースで、USBドライブを右クリックし、フォーマットを選択します。新しく出ていたウィンドウで選択してディスクをNTFSまたはexFATにフォーマットします。

Select exFAT

3. 第三者のソフトウェアを使用する - AOMEI Partition Assistant

Windowsの組み込みツールは、FAT32をNTFSにフォーマットするのに役立ちますが、ハードドライブ上のすべてのデータを消去します。 AOMEI Partition Assistantを使って、FAT32をexFATにフォーマットするだけではなく、データを失うことなくFAT32をNTFSへの変換もできます。

1) . FAT32をNTFS/exFATにフォーマットする

まず、USBドライブをパソコンに接続し、認識されたことを確認します。 次に、AOMEI Partition Assistantを起動し、メインインターフェースでUSBドライブを右クリックし、「パーティションをフォーマット」を選択します。

Format Partition

出ている画面に、このFAT32 USBドライブをNTFSかexFATにフォーマットするのを選択します。

Select File System

最後は適用をクリックして進捗を開始します。

2) . データを失うことなくFAT32をNTFSに変換する場合は、AOMEI Partition Assistantは最善な選択肢に違いない。

1.メインインターフェイスの左側のパネルにある「NTFS to FAT32変換器」をクリックします。

NTFS to FAT32 Converter

2. Ntfs2Fat32ウィザードが起動したら、「FAT32 to NTFS」を選択します。

FAT32 to NTFS

3.画面に表示される既存のFAT32パーティションリストから、NTFSに変換したいパーティションを選択して、次へを押してください。

FAT Partition List

4. 操作を確認した上で、続行を押す。

Proceed

作業完了までお待ち下さい、最後はウィザードとAOMEI Partition Assistantを閉じます。

結論

ファイルをUSBフラッシュドライブに保存できない場合は、エラーメッセージに気をつけて、正しい解決策を見つけ出す。AOMEI Partition Assistantは、数回の簡単なクリックでFAT32をNTFSまたはexFATにフォーマットして素晴らしいディスクフォーマッタとして、Windows 10/8/7/Vista/XPのユーザーにとって優れたフォーマットツールです。NTFS、FAT32、Ext2、Ext3、exFATなどをサポートしています。このソフトウェアを使用すると、データを失うことなくNTFSをFAT32に変換することもできます。AOMEI Partition Assistant Standardでは、空き領域を配分する、コマンドラインなどの機能がロックされていますが、AOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードしてロックを解除できます。