By Asher / 最後の更新 2021年09月27日

起動ディスクとは?

起動ディスクとは、コンピューターの起動時や再起動時、オペレーティングシステム(OS)を読み出して起動するよう指定されたストレージ(外部記憶装置)ということです。従って、起動ディスクは、実際にはOSを含むドライブであり、システムディスクとも呼ばれます。コンピューターを起動するには、BIOS/UEFIを通して起動する必要があります。BIOS/UEFIは、コンピューターのマザーボードのROMチップに統合されたプログラムです。これは、コンピューターの最も重要な基本入出力、電源投入時パワーオンセルフテスト、およびシステム自動起動プログラムを格納します。

起動ディスクがシステムを格納しています。したがって、コンピューターがスムーズに動作していないときはいつでも、多くの人がより良いシステムディスクに変更します。システムドライブを変更した後、新しいディスクからコンピューターを起動する場合は、BIOS/UEFIで新しいディスクの起動順位を設定する必要があります。コンピューターが起動するたびに、BIOS/UEFIが最初にロードされ、Windowsの起動に使用するドライバーをコンピューターに通知するためです。

ディスクの管理ソフトで起動ディスクを変更する方法

起動ディスクの定義によると、起動ディスクは実際にはオペレーティングシステムを含むドライブであることがわかりました。より良いHDDに変更したいだけで、現在使用しているOSに満足している場合は、2つの方法があります。再インストールせずにOSをSSD/HDDに移行し、時間と労力を節約します。もう一つは、新しいHDDにクリーンインストールを実行することです。ニーズに応じて一つを選択してください。

OSをSSD/HDDに移行する

AOMEI Partition Assistant Professionalは、OSを簡単に移行するのに役立ちます。操作が簡単で、すべてのWindowsユーザーに適しています。HDDとパーティションを管理するニーズを完全に満たすことができます。このソフトウェアは、元のOS、プログラム、およびデータに影響を与えることなく、Windows OSを別のHDDに移行できます。OSの移行を除いて、MBRディスクとGPTディスクの間で変換、コマンドラインでの分割、論理ドライブとプライマリパーティションの間で変換もサポートします。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

手順 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動します。「ウィザード」で「OSをSSDに移行」をクリックして前書きを読んでください。

OSをSSDに移行

手順 2. ターゲットドライブを選択し、「次へ」をクリックします。(注意:ターゲットディスクにパーティションがある場合は、「ディスクのすべてのパーティションを削除して、システムをこのディスクに移行する」にチェックを入れます。)

次へ

手順 3. ウィンドウでターゲットドライブに作成されたパーティションのサイズを調整し、「次へ」をクリックします。

パーティションのサイズを調整

手順 4. 次の画面の注意事項を読むことを忘れないでください。そして、「完了」をクリックします。

注意事項を読む

手順 5. メインインターフェイスに戻り、「適用」をクリックし、保留中の操作を実行します。

適用

その後、OSを新しいハードドライブに正常に移行しました。

HDD/SSDにWindowsをクリーンインストールする

Windowsをクリーンインストールする方法はたくさんあります。例えば、Windows Media Creation Tool、USB、またはCDを使用することです。ここでは、Windows Media Creation Toolを使用してWindows10をクリーンインストールする方法を紹介します。

★準備する必要があるもの:
Windowsのプロダクトキーを見つけます。
10G以上のUSBを用意してください。
SATA-USBケーブルを準備し、新しいHDDをコンピューターに接続します。

手順 1. Microsoftの公式WebサイトからWindows Media Creation Toolをダウンロードします。

手順 2. Windows Media Creation Toolを実行して「他の PC 用にインストール メディアを作成」を選択し、「次へ」をクリックします。

インストールメディアの作成

手順 3. ここでは、「USBフラッシュドライブ」を選択します。「次へ」をクリックし、指示に従って、インストール用の起動可能なUSBドライブを作成します。

USBフラッシュドライブを選択

手順 4. 起動可能なUSBを作成したら、コンピューターを再起動し、BIOSの起動順位を変更して、コンピューターをUSBから実行する必要があります。

手順 5. 再起動後、新しいHDDにWindows10をインストールすることを選択し、プロンプトに従ってパラメータを自分で設定します。このとき、プロダクトキーを使用してWindows10をアクティブ化する必要があります。

手順 6. インストールが完了した後、古いHDDと新しいHDDを一緒にコンピューターに接続します。

補充:Windows10でBIOS/UEFIから起動順位を変更する方法

起動ディスクを変更した後、以下の手順に従って、Windows10でBIOS/UEFIから起動順位を変更してください。

手順 1. ほとんどのパソコンが電源投入後のメーカーロゴ画面、マザーボードロゴ画面で特定のキーを押してBIOS設定画面に入ります(コンピューターブランドによって、BIOS画面の起動、呼び出しキーは異なります。通常はESC、F1、F2、F8、F9、F10、F11、F12キーを押してBIOS設定画面に入ります)。

手順 2. UEFIメニューでは、起動デバイスの優先順位が必要なハードディスクをマウスで直接クリックできます。次に、プロンプトに従って保存して終了します。

UEFIインターフェース:

UEFIインターフェース

手順 3. BIOSメニューでは、キーボードの矢印キーを押して「ブート」タブに入り、ハードディスクを最初の起動デバイスとして使用して、起動順序の設定を変更します。

手順 4. BIOSユーティリティの指示に従って、「終了」タブに移動します。

手順 5. 「変更の保存を終了」オプションを見つけて選択し、起動順序への変更を保存します。

プロンプトに従ってコンピューターを再起動します。

注意:✎...
起動順序を変更した後、ターゲットディスクからコンピューターを起動できない場合があります。大きな可能性は、コンピューターが正しい起動モードを使用していないからです。
起動ディスクがMBRディスクの場合、起動モードをLegacy/CSMに設定する必要があります。
起動ディスクがGPTディスクの場合は、コンピューターのマザーボードがUEFI起動モードをサポートしていることを確認してから、EFI/UEF起動モードに設定する必要があります。

結論

この記事では、起動ディスクを変更する方法について説明します。さらに、どのようにBIOS/UEFIから起動順位を変更する方法も紹介します。Windows Serverで「OSをSSD/HDDに移行」機能を利用する場合は、AOMEI Partition Assistant Serverにアップグレードしてください。

ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。