ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年07月01日

この記事では、SDカードやUSBフラッシュドライブなどの外付けHDDでCHKDSKを実行しようとすると、「ダイレクトアクセスのためにボリュームを開けません」エラーを修正する方法を提供しています。

CHKDSK「ダイレクトアクセスのためにボリュームを開けません」

私のスマートフォンは、マイクロSDカードが壊れていると言います。したがって、自分のスマートフォンからそれを取り出し、Windows 10オペレーティングシステムがインストールされているコンピュータに接続しました。コマンドプロンプトからこのSDカードを修復するためにCHKDSKを実行しようとしましたが、「ダイレクトアクセスのためにボリュームを開けません」というエラーが表示されました。SDカードは最近購入されており、あきらめたくありません。どうすればいいですか?

外付けHDDにCHKDSKを実行

CHKDSKは、SDカード、USBフラッシュドライブなどの外付けドライブの直接アクセスエラーでボリュームを開くことができません。ターゲットドライブをロックするサードパーティのソフト、CHKDSKを実行する必要があるドライブの不良セクタなどのさまざまな要素によって引き起こされる可能性があります。実際には、コマンドプロンプトからCHKDSKを実行するプロセス中に、CHKDSKがRAWドライブで使用できないというエラーが発生する可能性があります。

「ダイレクトアクセスのためにボリュームを開けません」の解決方法

さまざまな状況でエラーを発生する可能性があるため、ここでは、いくつかの解決策を提供します。より詳しく見てみましょう。

外付けHDDをロックする可能性のあるサービスまたはソフトを無効にする

CHKDSKを実行しようとしているドライブが特定のサービスによってロックされている場合は、「ダイレクトアクセスのためにボリュームを開けません」というメッセージが表示されることがあります。現時点では、次のようにサービスを無効にするか、ソフトウェアをアンインストールすることができます。

コマンドプロンプトで特定のサービスを無効にする

1. 「Windows + R」を押して、実行ボックスを開きます。

2. 「services.mscと「Enter」キーを押してサービスを開きます。

3. 表示されているサービスの中から、ドライブが右クリックして「プロパティ」を選択する可能性のあるサービスを探します。

4. 小さなポップアップウィンドウで、「スタートアップの種類」を「無効 に変更し、「はい」をクリックします。

5. サービスを終了し、コンピュータを再起動し、CHKDSKを実行してドライブを再度確認して修正してください。

サードパーティのソフトをアンインストールする

1. 「スタート」ボタンをクリックし、「コントロールパネル」を選択します。

2. ポップアップウィンドウで、「プログラム」と「プログラムと機能」をクリックします。

3. このウィンドウには、コンピュータにインストールされているすべてのプログラムが一覧表示されます。 ドライブをロックする可能性のあるプログラムを右クリックし、「アンインストール」を選択します。

4. このウィンドウを閉じ、コンピュータを再起動してCHKDSKを実行して、この問題が修正されているかどうかを確認します。

外付けHDDからデータを復元し、フォーマットする

それでもUSBフラッシュドライブ、SDカード、または外付けHDDでCHKDSKを実行できない場合は、フォーマットは破損したディスクを修正するのに最適です。フォーマットすると外付けドライブでデータが失われるため、データを失わないようにするには、フォーマットする前にディスクからデータを取り出すことができます。

外付けドライブからデータをリカバリするには、iCare Data Recoveryのような特定のデータリカバリを使用できます。まず、お使いのコンピュータにiCare Data Recoveryをインストールし、それを使用してCHKDSKが実行されない外付けHDDをスキャンし、必要なファイルを別の場所に保存します。外付けHDDでデータを取得した後、exe、NTFS、FAT32、Ext2などの外付けHDDをフォーマットするのに役立つフリーパーティションマネージャ--AOMEI Partition Assistantを使用してフォーマットすることができます。詳細な手順は次のとおりです。

手順 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、インストールして起動します。メインインターフェイスで、外付けドライブのパーティションを右クリックし、「パーティションをフォーマット」を選択します。

外付けHDDをフォーマット

手順 2. これは、書式設定中のパーティションのファイルシステムを設定したり、クラスタサイズを変更したり、パーティションラベルを追加したりする小さなウィンドウを表示します。次に、「はい」をクリックします。

NTFSファイルシステムを選択

手順 3. その後、メインインターフェイスに戻ります。 操作を確認し、「適用」>「続行」をクリックして実行します。

SDカード、USBフラッシュドライブ、または外付けHDDをフォーマットした後、通常の状態に変更して通常どおりに使用できます。

外付けドライブの不良セクタをチェックする

外付けドライブがフォーマットされて修復されない場合は、ディスクをチェックしてください。詳細な手順は次のとおりです。

手順 1. AOMEI Partition Assistantを実行します。チェックする必要がある外付けドライブ上のパーティションを右クリックして、「詳細設定」>「パーティションをチェックに進みます。

パーティションをチェック

手順 2. 小さなポップアップウィンドウでパーティションに不良セクタがあるかどうかをチェックして、「はい」をクリックします。

手順 3. スタート」アイコンをクリックして外付けドライブをチェックします。

補足: AOMEI Partition Professionalは、データを損失することなくダイナミックを基本に変換する、MBRからGPTにOSを移行するなど、多くの機能を備えています。興味があれば、アップグレードしてみます。

不良セクタの位置を特定した後、不良セクタを独立した未割り当て領域に細分することができます。その結果、不良セクタに格納されたデータには影響しません。

まとめ

コマンドプロンプトからCHKDSKを使用してSDカードのような外付けドライブを修正して、「ダイレクトアクセスのためにボリュームを開けません」エラーがでる場合がよくあります。これで困っている場合は、上記の解決策を試してください。