Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月06日

GPTはGUIDパーティションテーブルの略称で、物理ハードディスクドライブ上のパーティションテーブルの配置に関する標準規格であります。その利点は最大9.4 ZBまでのディスク、パーティションを扱うことができることです。MBRパーティションテーブルの制限と比べて、それは一部のBIOSシステムによりうまく使用されることができます。

SSDはソリッドステートドライブの略称です。HDDと比較して、SSDはよりうまく働くことができます。速度、ノイズ、フォームファクタ、およびデフラグは重要な要素と思っている場合、それにSSDの価格と容量を気にしないなら、SSDへアップグレードすることを考えることができます。

Windowsの内蔵ツール「ディスクの管理」はSSDへの装換に失敗するので、私はサードパーティ製のソフトウェアを求めています。私は手間がかかって、「OSをSSDに移動」のような機能を提供したいくつかのソフトウェアを見つけました。最後に、私はAOMEI Partition Assistantを選びます。それは素晴らしい機能「OSをSSDに移動」ウィザードを持つGPTクローンソフトウェアであります。

次は、自分の経験を共有します:

AOMEI Partition Assistant Professionalエディションをダウンロードして、インストールし、実行します。そして、次の画面を見られます:

主なインターフェイス

左側で「OSをSSDに移動」をクリックします。ポップアップで「次へ」をクリックします。

OSをSSDに移動

未割り当て領域としてのディスク(新しいSSD)を選択して、「次へ」をクリックします。

SSDを選択

今、新しいSSD上のパーティションのパラメーターを設定できます。ドライブ文字とかパーティションのサイズとかを編集することができます。すべてが終わったら、「次へ」をクリックします。

次へをクリック

そして、「完了」をクリックする前に、ノートを読んだほうがいいです。

完了をクリック

最後のステップは操作を確認して「適用」ボタンをクリックすることです。

適用

AOMEI Partition Assistant Professionalエディションの助けを借りて、いくつかの簡単な手順で新しいSSDへGPTシステムディスクを成功にクローンします。その他に、AOMEI Partition Assistantは他の強力な機能を持っています。例えば、MBRとGPTスタイルの間にディスクを変換すること、リムーバブルフラッシュドライブにWindows 8をインストールできるWindows To Go Creatorなどです。それはWindows 2000/XP/Vista/7/8/8.1、Small Business Server 2011/2003/2008、Windows Home Server 2011、Windows Server 2003/2008/2012/2016(32Bitと64Bit)で完璧に実行されることができます。そして、128ハードディスク、ファイルシステムFAT、FAT32、NTFS、EXT2、EXT3とともに、MBR(2TB以下)とGPT(2TB以上)をサポートします。

より多い機能を知りたいなら、この公式を訪問してください:/jp/manual.html