By Akira / 最後の更新 2021年10月30日

GPTはGUIDパーティションテーブルの略称で、物理ハードディスクドライブ上のパーティションテーブルの配置に関する標準規格であります。その利点は最大9.4 ZBまでのディスク、パーティションを扱うことができることです。MBRパーティションテーブルの制限と比べて、それは一部のBIOSシステムによりうまく使用されることができます。

SSDはソリッドステートドライブの略称です。HDDと比較して、SSDはよりうまく働くことができます。速度、ノイズ、フォームファクタ、およびデフラグは重要な要素と思っている場合、それにSSDの価格と容量を気にしないなら、SSDへアップグレードすることを考えることができます。

Windowsの内蔵ツール「ディスクの管理」はSSDへの装換に失敗するので、サードパーティ製のソフトウェアを求めています。ここでは、「OSをSSDに移動」のような機能を提供したいくつかのソフトウェアAOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。

AOMEI Partition Assistantをダウンロードして、以下の手順に従ってGPTシステムディスクをSSDにクローンしましょう~

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動します。左側の「全てのツール」⇒「OSをSSDに移行」をクリックします。

OSをSSDに移行

ステップ 2. そしてこの移行ウィザードについての紹介は表示され、「次へ」をクリックします。

次へ

ステップ 3. SSD上の未割り当て領域を保存場所(移行先、クローン先)として選択して「次へ」をクリックします。

保存場所

ステップ 4. 次のページでターゲットパーティションのサイズとドライブ文字を変更できます。

パーディションサイズを調整

ステップ 5. OSブートに関する注意点をよく読んだあと、「完了」をクリックします。

完了

ステップ 6. 全ての操作を確認します。問題なければ「適用」→「続行」をクリックしてGPTシステムディスクをSSDに移動します。

適用

まとめ

AOMEI Partition Assistant Professionalの助けを借りて、いくつかの簡単な手順で新しいSSDへGPTシステムディスクを成功にクローンします。その他に、AOMEI Partition Assistantは他の強力な機能を持っています。例えば、MBRとGPTスタイルの間にディスクを変換すること、リムーバブルフラッシュドライブにWindows 8をインストールできるWindows To Go Creatorなどです。それはWindows 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10/11およびWindows Server 2003/2008/2012/2016/2019/2022(32Bitと64Bit)で完璧に実行されることができます。そして、128ハードディスク、ファイルシステムFAT、FAT32、NTFS、EXT2、EXT3とともに、MBR(2TB以下)とGPT(2TB以上)をサポートします。

より多い機能を知りたいなら、この公式を訪問してください:https://www.diskpart.com/jp/manual.html