By Asher / 最後の更新 2022年04月22日

起動ディスクからHDDをクローンする原因

ハードディスクが耐用年数を超えている場合、ユーザーのニーズを満たせない場合は、新しいハードディスクと交換する必要があります。OSやアプリケーションを再インストールしたり、大量のファイルを転送したりする時間と労力を節約するために、多くのユーザーは、ハードドライブのクローンを作成することを選択します。

しかし、システムファイルの破損でパソコンが正常に起働できなかったり、実行中のプログラムが原因でクローン作成に成功できなかったりした場合、どうやってハードディスクのクローンを作成すればいいのでしょうか?この場合、起動可能なUSBからハードドライブのクローンを作成する必要があります。

起動ディスクからHDDをクローンする利点

コピーとは異なり、ブートディスクのクローンを作成すると、システムの起動に必要なすべてのパーティション(Cドライブ、システムで予約済みのパーティション、回復パーティションなど)の完全なコピーを作成できます。さまざまなニーズに合わせて起動ディスクからHDDをクローンすることで異なる利点が得られます。

ニーズ1:OSやプログラムを再インストールせずにハードドライブをアップグレードする

ブートディスクをクローンすると、プログラムとOS関連のパーティションが完全にクローンされるため、HDDやSSDを交換するなどしてハードドライブをアップグレードする場合は、オペレーティングシステムを再インストールする必要はありません。

ニーズ2:別のPCで元のOSを使用する

別のPCで元のオペレーティングシステムを使用する場合は、最初に、OSが保存されているブートドライブのクローンを作成する必要があります。ブートドライブのクローンを作成した後、クローンしたブートドライブから別のPCに起動できます。

ニーズ3:ブートディスクをクローンしてデータをバックアップする

ブートディスクのクローンを作成することは、データのバックアップを作成することと同じです。もしコンピュータに問題が発生した場合、例えばコンピュータが予期せぬクラッシュやブルースクリーンになった場合、コンピュータは起働できなくなり、あ内部データにアクセスできなくなります。したがって、事前にブートドライブのクローンを作成しておけば、緊急時にコンピュータを通常の状態に復元できます。

起動ディスクからHDDをクローンするを勧めのフリーソフト

ディスクを複製するには、AOMEI Partition Assistant Professionalと呼ばれる強力なディスククローンソフトを使用することを強くお勧めします。これにより、Windowsを起動しなくてもハードドライブのクローンを作成できます。さらに重要なことに、さまざまなニーズを満たすための多くの機能があります。

直感的なインターフェース:コンピュータの専門知識は必要ありません。その使いやすいインターフェイスにより、起動可能なUSBからハードドライブを簡単に複製できます。

強力な互換性:AOMEI Partition Assistantは、Windows 11/10/8/7/X/Vistaなどの最も一般的なWindowsオペレーティングシステムをサポートします。

2つのディスククローン方法:使用されたセクタのみ、またはすべてのセクタをソースディスクからターゲットディスクへクローンできます。「ディスクの高速クローン」方法では、古いハードドライブをより小さなSSDに複製できます。

パーティションのクローン:AOMEI Partition Assistantを使用すると、特定のニーズに応じてあるパーティションまたはハードディスク全体をコピーできます。

不良セクタのチェックとMBRの再構築:このクローンソフトは「不良セクタをチェック」と「MBRを再構築」機能により、起動の問題を修正することもでき、PCの問題を解決できるかもしれません。

さあ、AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、以下の手順に従ってブートディスクからHDDのクローンを作成しましょう!

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

AOMEI PA Proで起動ディスクからHDDをクローンする手順

起動可能なUSBを作成してから、起動可能なUSBを使用してターゲットハードドライブのクローンを作成する必要があります。具体的な方法については、以下の手順を参照してください。

始める前に、次の準備をする必要があります

正常に起動できる別のWindowsコンピュータが必要です。

仕事用のコンピュータにAOMEI Partition Assistantをインストールします。

USBドライブが必要です。この操作ではすべてのデータが消去されるため、事前にUSBファイルをバックアップする必要があります。

第一歩:起動可能なUSBを作成する

USBフラッシュドライブをバックアップした後、AOMEI Partition Assistant Professionalがインストールされている準備済みの起動できるコンピュータに挿入し、以下の手順に従います。

ステップ 1. 動作中のコンピュータでAOMEI Partition Assistantを起動し、左側にある「ブータブルCD/USBを作成」をクリックします。実行する操作を確認してから、「次へ」をクリックします。

ブータブルCD/USBを作成

ステップ 2. 次に、起動可能なメディアを作成する方法を選択します。「CD/DVDドライブ」でブータブルCD/DVDを作成し、「USBブートデバイス」でブータブUSBを作成し、「ISOをエクスポート」でブータブルISOファイルを作成することができます。次に、「続行」をクリックします。

USBブートデバイス

ステップ 3. USBメモリをフォーマットする必要があります。その中のすべてのデータが失われるので、事前に重要なファイルをバックアップしたことを確認し、「はい」をクリックします。

USBメモリをフォーマット

ステップ 4. そして、WinPEブータブルUSBの作成が開始します。しばらく待って、操作が完了したら、「完了」をクリックします。

開始

第二歩:起動可能なUSBからコンピュータを起動する

これで、起動可能なUSBを使用してハードドライブのクローンを作成できます。クローンする前に、起動可能なUSBドライブからコンピュータを起動する必要があります。

ステップ 1. 新しいハードディスクを挿入し、そして正常に起動できないコンピュータに起動可能なUSBを挿入し、コンピュータを起動して最初の画面を表示し、BIOSキーを押します。

ステップ 2. 「BIOS setup」と入力し、「change boot order」を選択して、起動可能なUSBドライブをブートディスクとして選択します。

起動順序を変更する

ヒント:BIOSキーはコンピュータの製造元によって異なります。通常、F10、F2、F12、F1またはDELです。

第三歩:起動ディスクからHDDをクローンする

ステップ 1. コンピュータを再起動し、AOMEI Partition Assistantのメインインターフェースで、クローンするディスクを右クリックし、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ 2. ディスククローン作成方法を選択します。ここでは、「ディスクの高速クローン」を選択します。ハードディスク上のすべてのセクタのクローンを作成する場合は、「セクタ単位のクローン」を選択できます。そして、「次へ」をクリックします。

次へ

ステップ 3. ターゲットディスクを選択します。ターゲットディスクがSSDドライブの場合は、「SSDの性能を最適化」をオンにして、SSDパーティションを調整し、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスクを選択

ステップ 4. その後、ターゲットディスク上のパーティションのサイズを必要に応じて調整することができます。

ターゲットディスク上のパーティションのサイズを変更

ステップ 5. 起動時の問題に対処する方法を説明するメッセージが表示され、これを覚えて、「完了」をクリックしてください。

aomei partition assistant クローン

ステップ 6. 最後に、メインインターフェイスの「適用」をクリックして、クローン操作を開始します。

適用

次に、クローン作成操作が完了するのを待ちます。

結論

ご覧のとおり、AOMEI Partition Assistantを使用して、起動ディスクからHDDをクローンするのは非常に簡単です。まだ試していない場合は、ダウンロードしてどのように機能するかを確認できます。最後に、Windows Serverでこれを実行する場合は、AOMEI Partition Assistant Serverが最適です。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。