By Comnena / 最後の更新 2022年03月30日

NVMe SSDとは

NVMe SSD

NVMeは、Non-volatile Memory Expressの略で、SSD用に開発されたオープンな論理デバイスインターフェースの規格です。ACHI搭載SSDと比較して、NVMe搭載SSDは、パフォーマンスが向上し、待ち時間が短くなり、1秒あたりの読み取り入出力の数が多くなります。
NVM Expressは、新しい世代のSSDが提供する高い並列処理性能を、ホストハードウェアやソフトウェアが十分に引き出せるよう設計されているので、NVMe SSDを使用するのが賢明な選択だと思われます。

NVMe SSDからNVMe SSDへクローンする原因

時間が経つにつれ、NVMe SSDにインストールされるデータやアプリケーションがますます増え、NVMe SSDの容量がだんだん不足になり、需要を満たすことができなくなる可能性があります。ですから、現在のNVMe SSDをより大きなものにアップグレードすることをお勧めします。Windowsオペレーティングシステムおよび他のアプリケーションを再インストールしないように、NVMeをNVMe SSDにクローンできます。

上述のように、NVMe SSDの容量不足がNVMe SSDをNVMe SSDにクローンする原因の一つです。このほかにも、2つの原因があります。

データを保護するため:NVMe SSDクローンは重要なデータとオペレーティングシステムを保護するための優れた方法であります。
読み取り速度を向上するため:新たなディスクにアップグレードしたら、データやファイルの転送速度を上げることができます。

強力なNVMe SSDクローンソフトウェアを使用!

セキュアブートでNVMeからNVMe SSDへのコピーを行えるための適切なクローニングツールは非常に重要なモノです。AOMEI Partition Assistant Professionalは、Windowsオペレーティングシステム(Windows 11/10/8/7およびWindows XP/Vistaの全バージョン)向け優れたNVMeクローンソフトウェアの1つです。このソフトは私の優先順位のTOP1です。

異なるサイズ、異なるブランドのNVMe SSDの間でクローンを作成することができます。例えば、Samsung NVMe SSD、Intel NVMe SSD、WD NVMe SSDなどのSSD。その上、簡潔明瞭で美観なグラフィックインターフェースを備えており、パソコン専門家にも初心者にも適用されます。小容量SSDから大容量SSDにコピーしても、大容量SSDから小容量SSDにコピーしても、非常に役立ちます。また、他の高度な機能を使用できます。例えば、起動ディスクをMBRとGPTの間でクローンできるし、「OSをSSDに移動」機能はディスク全体じゃなくてSSDのOSだけを新しいSSDに移行できます。

Windows 11/10/8/7でNVMeからNVMe SSDへクローンする方法

準備操作:
今、お使いのWindowsパソコンにAOMEI Partition Assistantをインストールします。
次に、大容量のターゲットディスクNVMe SSDもそこにインストールし(NVMe M.2スロットが1つしかない場合は、2番目のドライブにPCIe M.2変換アダプタを使用できる)、それが認識されることを確認します。
新しいNVMe SSDをGPT(GUIDパーティションテーブル)で初期化します。
最後、以下の手順に従って、NVMe SSDからNVMe SSDへのクローン作製方法を学習しましょう。

注意:AOMEI Partition Assistant Proのデモ版をダウンロードして、無料試してみます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

NVMe M.2のSSDをクローンするには、大分けに3ステップが必要となります。

ステップ 1. NVMe M.2 SSDをマザーボードに取り付ける

NVMe M.2 SSDを使用するには、もちろんSSDをコンピュータに接続する必要があります。NVMe M.2 SSDを接続すると言えば、マザーボードのM.2スロットに挿入する必要があります。M.2スロットはメモリスロットが配置されている範囲の中央よりやや右側に位置しています(マザーボードの種類によって位置は異なります)。このスロットにはNVMe M.2 SSDを挿入することができます。NVMe M.2 SSDとSATA接続のSSDはスロットが異なるため、理論上はNVMe M.2 SSDとSATA SSDを共存させることが可能です。

SSDをマザーボードに取り付ける

ステップ 2. NVMeからNVMe SSDへクローン

手順 1. ソフトウェアを実行し、アップグレードしたいブートディスクのNVMe SSDを右クリックし、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローンウィザード

手順 2. ポップアップウィンドウで、特定の状況に基づいて、NVMe SSDをより大きなNVMe SSDにクローンする方法を選択できます。

ディスクの高速クローン:ソースディスク上の使用済み領域のみをコピーします。ソースディスク上の使用済み領域を超えるターゲットディスクの容量が必要となります。
セクター単位のクローン:未使用のセクターを含めてすべてのセクターをコピーします。ターゲットディスクの容量がソースディスクのサイズを超えることを要求します。

NVMe SSDにクローンする方法を選択

注意:大容量ディスクを小容量ディスクにクローンするなら、一番目のオプションを選択する必要があります。

手順 3. 大容量の新規NVMe SSDをターゲットディスクとして選択し、「SSDの性能を最適化」をオンにします(ターゲットディスクがHDDの場合は、オプションをオフにします)。

ターゲットディスクのNVMe SSD

手順 4. この画面では、ターゲットディスクのパーティションを調整するか、そのままにすることができます。

編集する

手順 5. メインインターフェースに自動的に移動します。「適用」と「続行」をクリックしてSSDのクローン作成操作を実行します。

NVMe SSDからNVMe SSDへのクローンを実行

注意:
AOMEI Partition Assistant Professionalを使って、システムパーティションのみまたはOSのみをSSDから別のSSDにクローンすることもできます。
Windows ServerでNVMeをNVMe SSDにコピーするなら、AOMEI Partition Assistant Server版を使用したほうが適当だと思います。

ステップ 3. ブートディスク(起動ディスク)をNVMe M.2 SSDに変更

最後に、起動ディスク(ブートディスク)をクローンしたNVMe M.2 SSDに変更する必要があります。PCを起動すると、最初にロードされるのはマザーボード上のBIOSまたはUEFIです。そこで起動ディスクを変更することができます。BIOSまたはUEFIに入るには、PCを起動するときにF2またはF11を押します(機器の機種によってキーが異なります)。

起動ディスクを変更

NVMe SSDをクローンする方法の注意点

クローン元とクローン先を気をつけること:本デバイスの最大の注意点はクローン元とクローン先を絶対に間違えないことです。外にディスプレイがないため、確認や警告ボタンは当然一切出ません。PCを必要とせず簡単が故に必ず注意して下さい。

ストレージは同容量か大きくするしかできない:センチュリーのM.2 SSDクローンデバイスはストレージを小さいものにコピーができません。SSDのコストダウンを狙っているならソフトウェアでのコピーが必要になります。

パーテーションはそのまま維持される:パーテーションを切っている人もいるかと思いますが、その設定はそのまま維持されます。ストレージが大きいものに移行するとバランスが悪くなるので、再設定するか、統合してコピーしてから新しいSSDで設定すると良いでしょう。

結論

ここまでWindows 11/10/8/7でNVMe SSDからNVMe SSDへのクローンを実行しました。おめでとうございます\(^o^)/!この記事でNVMe SSDの詳細内容、クローンソフトのオススメ、クローンソフトでNVMe SSDからNVMe SSDへのコピー方法を紹介します。

ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。