ByComnena / 最後の更新日時 2020年10月20日

NVMe接続M.2 SSDとは

NVMeとは「Non-Volatile Memory Express」を略した呼び名です。SSDをはじめ、不揮発性メモリを使用したフラッシュストレージのために最適化された通信プロトコルを指します。そして、NVMe接続M.2 SSDは、SSD(ソリッドステートドライブ)の一種で、主にウルトラブックとノートパソコンで使用されます。

m2 ssdクローン

M.2 SSDのSATA接続とNVMe接続の違い

同じM.2 SSDでも規格の違いがあります。一般的に「M.2なんだから速いんでしょ?」と、思っている方は多くいると思います。

M.2 SSDにもそれぞれ「NVMe接続」規格と「SATA接続」規格の二つがあります。何がどう違うのかはこれから説明していきます。

-SATA接続M.2 SSD

これは、よく見かける標準接続です。上限は6Gbps(600MB/秒)のため、性能を超えることはできず、上限を超える性能には対応していません。
メリット:
• 値段がこちらの方が安い
• 省電力
デメリット:
• 速度がこちらの方が遅い

-NVMe接続M.2 SSD

SATA接続とは異なり、これは伝送速度が大幅に向上した標準であり、理論的には最大40 Gbps(4,000 MB/秒)のデータ伝送速度をサポートします。
メリット:
• 速度が圧倒的に早い
デメリット:
• 速度は早いがその分、発熱量が大きい
• 容量の単価が高い

SATA M.2 SSDをNVMe M.2 SSDにクローンする原因

NVMe接続SSDは、市場で最速のSSDだと言えます。SATAまたは他のタイプのハードディスクを使用している場合は、NVMe接続M.2 SSDにアップグレードしてコンピューターの速度を上げることができます。そして、転送速度を高めたい場合、SATA M.2 SSDからNVMe M.2 SSDを換装する必要があります。

続いて、Windowsオペレーティングシステムや他のすべてのアプリケーションの再インストールの問題を回避するには、SATA M.2 SSDをNVMe M.2 SSDにクローンすることが最良な選択です。

強力なNVMe SSDクローンソフトウェア

SATA M.2 SSDをNVMe M.2 SSDにクローンするために、適切なクローングツールを見つけることは非常に重要です。

ここでは、優れたNVMeクローンソフトウェア ー AOMEI Partition Assistant Professionalを勧めします。これは、NVMe SSDを異なるサイズのNVMe SSDに複製することができます。さらに、Samsung NVMe SSD、Intel NVMe SSD、WD NVMe SSDなどの異なるブランドのSSDもサポートします。シンプルなインターフェースと簡単な操作があり、初心者もオススメです。

Partition Magicの代替になるディスクパーティション管理ソフト--AOMEI Partition Assistant Professional

☞Windows10でCドライブを拡張するには、データを失うことなくパーティションを作成、リサイズ、移動、結合や分割することができます。
☞HDD/SSDへOSを移行、Windows 10/8/7でブータブルUSBを作成、MBRを修正するような新機能を使用できます。
☞SSDの完全消去などのような高度な機能を利用できます。
☞ダイナミックディスクの変換、GPT/MBRの変換、OSやデータをSSDに移行などの機能を使用できます。
☞Windows10、Windows8.1、Windows8、Windows 7、Vista、XP(32ビット版と64ビット版)に対応します。

もっと見る »

Windows 7/8/10でSATA M.2 SSDをNVMe M.2 SSDにクローンする方法は?

手順 1. AOMEI Partition Assistant Proをダウンロードします。そして、インストールして起動します。

PS:いま、AOMEI Partition Assistant Pro 体験版を無料ダウンロードできます。

無料ダウンロード

Win 10/8.1/8/7/XP


AOMEI Partition Assistant Pro 体験版

手順 2. ターゲットNVMe M.2 SSDをWindows PCに接続し、GPTとして初期化します。

手順 3. AOMEI Partition Assistant Professionalのメインインターフェイスで、「ディスククローンウィザード」をクリックし、「ディスクの高速クローン」を選択します。次に、「次へ」をクリックします。

m2 ssdクローン

● ヒント:SSDのサイズが現在のディスクよりも小さくない場合は、「セクター単位のクローン」を選択して未使用のセクタを含むすべてのセクタを現在のシステムディスクからSSDにコピーすることができます。

手順 4. SATA M.2 SSDをソースディスクとして選択します。

m2 ssdクローン

手順 5. 次に、NVMe M.2 SSDをターゲットディスクとして選択します。「SSDの性能を最適化」オプションをチェックして、「次へ」をクリックします。

m2 ssdクローン

手順 6. AOMEI Partition Assistantを使用すると、ターゲットディスクのパーティションを編集できます。ここでは「コピー先に合わせる」を選択して「次へ」をクリックします。

m2 ssdクローン

● ヒント:
☞HDD(またはSSD)大容量からHDD(またはSSD)小容量へクローンする時、「パーティションのサイズを変更せずにクローン」はグレーアウト表示されます。
☞「コピー先に合わせる」は、SSD上のパーティションを自動的に調整できます。大容量から小容量へのクローンが可能です。
☞「手動で編集する」を使用すると、左または右にスライドして、1度に1つのパーティションのサイズを変更できます。

手順 7. NVMe M.2 SSDをクローンする場合に、クローン後にコンピューターを起動する方法についてここで説明します。よく読んだ後、「完了」をクリックします。

m2 ssdクローン

手順 8. 最後に、仮想結果をプレビューして、問題がなければ「適用」をクリックしてプロセスを始めます。

m2 ssdクローン

プロセスが終了したら、プログラムを終了できます。

まとめ

転送速度を高めたい場合、SATA M.2 SSDをNVMe M.2 SSDにクローンする必要があります。AOMEI Partition Assistant Professionalを使用して、簡単にSATA M.2 SSDをNVMe M.2 SSDにクローンできます。

さらに、このソフトウェアはGPTへMBRを変換、SSDへOSを転送、CDブータブルを作成、HDDをより小さなSSDに移行など、より多くの機能を提供します。

この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。

最後までありがとうございます。