By Comnena / 最後の更新 2022年09月22日

M.2 SSDの基本情報

従来のハードディスク(HDD)にかわる記憶媒体として急速に利用が拡大しているのがSSDとなります。SSDは、パソコンに接続するインターフェースとしてさまざまなものに対応していますが、その中で最近使われ始めているのがM.2 SSDと呼ばれるものです。

M.2とは、コンピュータに内蔵される拡張カードにおいて接続端子となる規格のことです。呼び方は「エムドットツー」となります。SSDというデータを読み書きできる記憶装置の接続方式の種類の一つでもあります。

M.2はIntel 9シリーズ以降のマザーボードに採用された新しい規格で、Serial ATA(シリアルATA)やPCI Express(ピーシーアイエクスプレス)に対応するなど、機能性や柔軟性に優れています。接続はスロット式(マザーボードなどに直接接続する)を採用しており、基盤がむき出しになったような形が一般的です。

その結果、M.2 SSDは小型でありながら高速であることで知られています。

m2 ssdクローン

M.2 SSDのSATA接続とNVMe接続の違い

同じM.2 SSDでも規格の違いがあります。一般的に「M.2なんだから速いんでしょ?」と、思っている方は多くいると思います。

M.2 SSDにもそれぞれ「NVMe接続」規格と「SATA接続」規格の二つがあります。何がどう違うのかはこれから説明していきます。

-SATA接続M.2 SSD

これは、よく見かける標準接続です。上限は6Gbps(600MB/秒)のため、性能を超えることはできず、上限を超える性能には対応していません。
メリット:
• 値段がこちらの方が安い
• 省電力
デメリット:
• 速度がこちらの方が遅い

-NVMe接続M.2 SSD

SATA接続とは異なり、これは伝送速度が大幅に向上した標準であり、理論的には最大40 Gbps(4,000 MB/秒)のデータ伝送速度をサポートします。
メリット:
• 速度が圧倒的に早い
デメリット:
• 速度は早いがその分、発熱量が大きい
• 容量の単価が高い

ユーザー事例:M.2 SSDのクローンを作成したい

 

M.2 SSDをM.2 SSDにクローンする方法?

現在古いM.2 SSDにOSを入れて、ゲームや他のファイルを他のHDDに分散させています。HDDの必要性を排除し、単に新しいM.2 SSDにOSを搭載し、SATA SSDをゲーム/その他のファイル用に使用したいと思います。HDD/SSDをM.2 SSDにクローンする最も簡単な方法は何ですか?

- あるユーザーからの質問

もしあなたがこの事例のユーザーのように、古いSSDを新しいまたはより大きなSSDに交換またはアップグレードしたい場合、この操作を完了するために信頼できるディスククローンソフトウェアが必要かもしれません。この記事で提供するソフトウェアは、数回のクリックでOSまたはファイルをM.2 SSDに移行することができます。また、起動の問題に遭遇することなく、クローンしたM.2 SSDからコンピュータを安全に起動できることを保証します。

なぜM.2 SSDからより大きなM.2 SSDにクローンするのか?

一般的に、ノートPCやウルトラブック、タブレットなどの小型機器では、起動ドライブに小容量のM.2 SSD、ストレージにHDDを採用することが多いです。OS、アプリケーション、ゲームをインストールすると、すぐにドライブの空き容量がなくなったり、応答が非常に遅くなったりすることに気がつきます。この問題を解決するには、M.2 SSDをより大きなM.2 SSDドライブにクローンする必要があります。

そうすると:
記憶容量を増やす
システムを高速化する
起動時間を短くする

適切なM.2 SSDクローンソフトウェアを選択する

M.2 SSDのクローンを作る目的が何であれ、肝心なのはその方法です。最も簡単な方法は、適切なM.2 SSDクローンソフトウェアを選択することです。ここでは、AOMEI Partition Assistant Professional(Windows 11/10/8/7とWindows XP/Vistaの32ビットと64ビットをサポート)を強くお勧めします。

この強力なディスククローンソフトウェアはSATA、mSATA、U.2、M.2、PCIeなどの異なるインターフェースのほぼすべてのドライブをクローンすることをサポートします。M.2 SSDからM.2 SSDへ、M.2 SSDからSATA HDDへ、SATA HDDからNVMe SSDへクローンすることができます。さらに、次のような素晴らしい機能を備えています。

2種類のディスククローン方式:「ディスクの高速クローン」方法と、「セクタ単位のクローン」方法があります。前者は使用セクタだけをクローンするため、大容量ディスクから小容量ディスクへのクローンをサポートし、後者は全セクタを別のディスクにクローンします。
SSDの性能を最適化:4Kアライメントパーティションは、オペレーティングシステムをより良く機能させ、SSDの性能を向上させることができます。
起動可能:クローン後、正しい起動順序と起動モードを設定すれば、クローンしたハードディスクから正常に起動することができます。

M.2 SSDをより大きなM.2 SSDにクローンする方法

さて、最も重要な部分である、Windows 11/10/8/7でM.2 SSDのクローンを作成する方法はなんですか?全部で3つのステップが必要です。

ステップ 1. インストール先のM.2 SSDをパソコンに取り付ける

まず、お使いのコンピュータにM.2 SSDロットが利用可能であることを確認する必要があります。次に、対象のM.2 SSDをコンピュータに接続し、それが検出されることを確認します。

ノートパソコンを使用している場合:
ノートパソコンの裏蓋を外します。ノートパソコンによっては、バックパネル全体のネジを外す必要がある場合もありますし、一部だけ外す場合もあります。
目的地のSSDが収まるM.2スロットを探します。ネジを外します。
M.2 SSDをスロットに入れ、すべてのピンが正しく適合していることを確認します。
最後に、SSDを取り付ける前に取り外したばかりのネジでSSDを固定します。その後、カバーを元に戻すと、ノートパソコンはSSDを検出するはずです。

M.2 SSDを取り付ける ノートパソコン

デスクトップを使用している場合:
マザーボード上でM.2コネクタを探します。通常、「PCIe」と表示されています。M.2スロットの向かいにある取り付けネジを外します。
M.2 SSDをスロットに注意深く挿入し、切り欠きに注意してください。SSDを挿入すると、自然に斜めに立つようになります。
M.2 SSDを押し込んで保持し、取り付けネジを交換します。そうすることで、SSDを所定の位置に固定することができます。

M.2 SSDを取り付ける デスクトップ

ステップ 2. AOMEI Partition AssistantでM.2 SSDクローンを開始する

M.2 SSDをコンピュータにインストールした後、クローンを作成する前に、SSDをバックアップしてください。その後、以下の手順を実行してください。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Proをダウンロードします。そして、インストールして起動します。

PS:いま、AOMEI Partition Assistant Proデモ版を無料ダウンロードできます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

手順 2. ターゲットM.2 SSDをWindows PCに接続し、GPTとして初期化します。

手順 3. AOMEI Partition Assistant Professionalのメインインターフェイスで、ソースM.2 SSDを右クリックし、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

手順 4. 「ディスクの高速クローン」を選択します。次に、「次へ」をクリックします。

m2 ssdクローン

ヒント:SSDのサイズが現在のディスクよりも小さくない場合は、「セクター単位のクローン」を選択して未使用のセクタを含むすべてのセクタを現在のシステムディスクからSSDにコピーすることができます。

手順 5. 次に、大きなM.2 SSDをターゲットディスクとして選択します。「SSDの性能を最適化」オプションをチェックして、「次へ」をクリックします。

m2 ssdクローン

手順 6. AOMEI Partition Assistantを使用すると、ターゲットディスクのパーティションを編集できます。ここでは「コピー先に合わせる」を選択して「次へ」をクリックします。

m2 ssdクローン

★ヒント:
HDD(またはSSD)大容量からHDD(またはSSD)小容量へクローンする時、「パーティションのサイズを変更せずにクローン」はグレーアウト表示されます。
「コピー先に合わせる」は、SSD上のパーティションを自動的に調整できます。大容量から小容量へのクローンが可能です。
「手動で編集する」を使用すると、左または右にスライドして、1度に1つのパーティションのサイズを変更できます。

手順 7. NVMe M.2 SSDをクローンする場合に、クローン後にコンピューターを起動する方法についてここで説明します。よく読んだ後、「完了」をクリックします。

m2 ssdクローン

手順 8. 最後に、仮想結果をプレビューして、問題がなければ「適用」をクリックしてプロセスを始めます。

m2 ssdクローン

プロセスが終了したら、プログラムを終了できます。

M.2 SSDのOSパーティションだけを別のハードディスクにクローンしたい場合、「OSをSSDに移行」機能を試すことができます。

OSをSSDに移行

ステップ 3. クローンしたM.2 SSDからコンピュータを起動する

AOMEI Partition Assistant ProfessionalでM.2 SSDを別のハードディスクにクローンするとき、クローンしたディスクからPCブートを設定するためにブートオーダーを変更することも必要です。データM.2 SSDドライブをクローンする場合、この部分をスキップすることができます。

手順 1. コンピュータを再起動し、最初の起動画面でF2キーを長く押して、BIOS環境にアクセスします。

手順 2. BIOSセットアップに入るを選択します。矢印キーで「Boot」タブを選択すると、システムデバイスが優先的に表示されます。

手順 3. クローンしたM.2 SSDの起動順序を他のハードディスクより優先させるために、リストの最初の位置に移動させます。

手順 4. BIOSセットアップユーティリティを保存して終了します。その後、コンピュータは変更された設定で再起動します。

関連記事:1スロットで実現するM.2 SSDクローン

さて、上記のクローン作成チュートリアルは、コンピュータに接続先のM.2 SSDを接続するための追加スロットがあることが前提となっています。お使いのコンピュータにM.2スロットが1つしかない場合はどうでしょうか?心配しないでください、この状況には2つの回避策があります。

1. M.2 SATA-USBアダプタを使用:インストール先のSSDドライブをSATAアダプタに接続し、アダプタをノートPCのUSBポートに差し込みます。すると、ノートパソコンは接続先SSDを外付けハードディスクとして検出するはずです。最後に、上記のように、クローン作成作業を行うことができます。クローン作成後、古いハードディスクを取り外し、新しいM.2 SSDをコンピュータにインストールすることができます。

M.2 SATA - USBアダプタ

2. パソコンのバックアップソフトを適用:まず、M.2 SSDをバックアップして、外付けハードディスク(フラッシュドライブ、NAS、共有フォルダなど、WinPEモード内でアクセスできる場所)にイメージを保存します。その後、起動可能なUSBドライブを作成します。古いM.2 SSDをターゲットM.2 SSDドライブと手動で交換し、ブート可能なメディアからコンピュータを再起動します。最後に、WinPE環境で新しく取り付けるSSDにバックアップイメージを復元します。

まとめ

この記事は2つのスロットを持つM.2 SSDをクローンする方法を紹介するだけでなく、1つのスロットだけを持つM.2 SSDをクローンする方法も教えています。それで、どのような状況にいても、完璧な解決策を見つけることができます。M.2 SSDのクローン以外に、AOMEI Partition Assistant ProfessionalはWindows PCでUSBドライブ、SDカードなどのクローンを作成することもできます。

Server 2022/2019/2016/2012/2008/2003でM.2 SSDをクローンするには、AOMEI Partition Assistant Serverは助けることができます。