ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月01日

システムディスクをSSDにクローンする事例

    最近、Windows 7がインストールされている私のHPコンピュータの起動と実行が遅くなっています。そのため、システムディスクをSSDに交換したいです。しかし、私はWindowsのフレッシュインストールをしたことがありません?何かアドバイスはありますか?

システムディスクをクローンする原因

HDDと比較して、SSDはより速いデータアクセス、より高い信頼性とより低い電力使用量などの多くの利点を持っています。だから、システムディスクをSSDにアップグレードするのは合理的な決断です。または、Windows OSを再インストールしたくない場合は、システムディスクをSSDにクローンして、オペレーティングシステムとすべてのアプリケーションを元のディスクからSSDに移動できます。

システムディスクをSSDにクローンする方法

現在のWindowsディスクをSSDにコピーする場合、ディスクコピーツール - AOMEI Partition Assistant Professionalを強くお勧めします。AOMEI Partition Assistant Professionalは、システム/データディスクをWindows 10/8.1/8/7/XP/VistaのさまざまなサイズのSSDまたはHDDにコピーできます。Windows 7のシステムディスクをSSDにクローンする方法を見てみましょう。

    ● ヒント:

    √ SSDの容量は、元のディスクの容量より小さくてもかまいませんが、ソースディスクの使用済みスペース以上である必要があります。

    √ この操作により、コピー先ディスクのすべてのデータが消去されますので、SSDにファイルがある場合は、必要なデータをバックアップしておいてください。

    √ MBRシステムディスクをGPTSSDまたはGPTからMBRに複製する場合は、複製したSSDから正常に起動できるように、複製後に起動モードを変更する必要があります。


手順1.
SSDをコンピューターに接続し、AOMEI Partition Assistantをインストールして実行します。メインインターフェースでシステム保存のHDDを右クリックして「ディスククローン」を選択します。ポップアップウィンドウで、二つの方法から一つ選びます。ここで「ディスクの高速クローン」を選択します。


システムディスククローン

システムディスククローンの方法

    ● ヒント:SSDのサイズが現在のディスクよりも小さくない場合は、「セクター単位のクローン」を選択して未使用のセクタを含むすべてのセクタを現在のシステムディスクからSSDにコピーすることができます。


手順2.
この画面で宛先ディスクとしてSSDを選択します。「SSDの性能を最適化」の前にあるチェックボックスをオンにします。これでSSDのパーフォーマンスを向上させます。


システムディスククローンのターゲット場所

手順3. このウィンドウでは、自分のニーズによってSSDのパーティションサイズを調整できます。


クローン先パーティションの設定

    ● ヒント:コピー先に合わせる」にチェックを入れて、 より小容量HDDへクローンできます。


ディスククローンのノート

手順4. メインインターフェイスで、クローン作成操作を実行するには、「適用」>「続行」をクリックします。


システムディスククローンを適用

    ● ヒント:

    ◆ このディスククローニングソフトウェアを使用してシステムディスクをSSDにクローニングするには再起動が必要です。

    ◆ SSDのストレージ容量が小さすぎて現在のHDDのすべてのデータを保持できない場合でも、「OSをSSDに移行」機能でOSドライブをSSDだけにクローンすることは悪い選択ではありません。

    ◆ AOMEI Partition Assistant Professionalは、Windows Serverユーザーであれば、AOMEI Partition Assistant Serverを使用してください。

結論

ここまでシステムディスクをSSDへクローンすることが完了しました。システムディスクをSSDにアップグレードする場合でも、より大きなディスクと交換する場合でも、システムディスクのクローンを作成するのはいい選択です。明らかに、AOMEI Partition Assistant Professionalは、そのようなタスクを効果的かつ簡単に完了するのに役立ちます。上記の機能のほかに、読者様は、データパーティションを新しいHDDにコピーすること、失われたファイルを復元すること、データを失わずにダイナミックディスクをベーシックディスクに変換することなど、他のさまざまな機能も楽しめます。