By Asher / 最後の更新 2021年12月21日

なぜWindowsシステムをSSDにクローンするのか?

Windowsシステムがメカニカルハードディスクドライブ(HDD)にインストールされていて、コンピュータがいくつかの大きなファイルをロードしたり、多くのアプリケーションを同時に実行したりするのに苦労している場合は、コンピュータのHDDをSSDにアップグレードすれば、このような状況を改善できます。これは、SSDの読み取りと書き込みの速度はHDDよりもはるかに高速なためです。

SSDをOSディスクとして使用するには、WindowsをクリーンアップしてSSDに再インストールできますが、すべての個人ファイルをバックアップし、新しいSSDドライブを追加し、オペレーティングシステムとその他のプログラムを再インストールして、すべてのコンテンツをもう一度設定する必要があります。時間がかかるし、面倒です!解決策として、すべてを最初から再インストールする代わりに、インストールされているWindowsシステムをSSDに直接クローンできます。

WindowsシステムをSSDにクローンする最適なソフトウエア

実際、専門的なOSクローンソフトウェアを選択する限り、WindowsシステムをSSDにコピーするのは簡単な作業になります。ソフトウェア市場では、無数のクローン作成ソフトウェアが利用可能です。ここでは、AOMEI Partition Assistant Professionalを強くお勧めします。このソフトウェアは、Windowsシステムドライブまたはシステムディスク全体をSSDディスクに複製するのに役立つ次の2つの方法を提供します。

1.Windows OSのみをSSDにクローンする:Windows 11、10、8、7パーティションのみをSSDに移行し、残りのデータパーティションを古いハードディスクに残します。

2.WindowsシステムドライブをSSDにクローンする:すべてのパーティション(OSパーティションおよびその他のパーティション)を1つのディスクからSSDドライブにコピーします。

どんな方法を使っても、次のような操作を行うことができます。

SSDパーティションを調整して、SSDパフォーマンスをさらに最適化できます。

◆クローン作成プロセスに、WindowsシステムのSSDパーティションのサイズを調整できます。

◆OSドライブまたはディスクの使用済みセクターを格納するのに十分なスペースがある限り、より大きいOSドライブ/ディスクを小さいSSDにクローンできます。

◆クローン作成した後、クローン作成されたSSDドライブから起動できます。

2つの方法でWindowsシステムをSSDにクローンする

さて、最も重要なポイントに戻ります。これら2つの異なる方法を使用して、WindowsオペレーティングシステムをWindows 11/10/8/7のSSDに複製する方法です。デモ版をダウンロードして、以下の手順をご覧ください。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

クローンを作成する前に行う必要があること:

1.プロセス中に停電など、制御不能なことが発生した場合に備えて、システムをバックアップします。

2.WindowsシステムクローンはSSDドライブ上のすべてのコンテンツを消去するため、SSDドライブ上のすべての重要なコンテンツを別の場所に移動します。

3.SSDドライブは通常HDDよりもスペースが少ないので、システムドライブまたはディスクを可能な限り小さく、SSDに適したサイズにします。

4.SSDドライブをコンピュータに接続し、正常に検出されたことを確認します。

>>デスクトップコンピュータを使用している場合は、ケースを開いてSSDをマザーボードに接続する必要があります。

>>コンピュータがラップトップの場合は、USBポートを通してSSDを接続し、SSDをUSBアダプタに挿入する必要があります。

方法1.Windows OSのみをSSDにクローンする

WindowsシステムパーティションだけをSSDに複製する場合は、「OSをSSDに移行」ウィザードを試してください。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。左側のパネルで「OSをSSDに移行」をクリックし、ポップアップウィンドウで「次へ」をクリックします。

OSをSSDに移行

ステップ 2. SSDドライブの未割り当て領域を選択します。なければ、「私は、ディスク2上のすべてのパーティションを削除して、ディスクにシステムを移行したいんです。」チェックを入れてください。そして、「次へ」をクリックします。

未割り当て領域を選択

ステップ 3. このウィンドウで、必要に応じてパーティションサイズを調整し、「次へ」をクリックしてください。

パーティションの編集

ステップ 4. ターゲットディスクからの起動方法に関するプロンプトが表示され、それを注意深く読み、「完了」をクリックします。

ブートノート

ステップ 5. 「適用」ボタンをクリックして保留中の操作をコミットしてください。

適用

方法2.WindowsシステムドライブをSSDにクローンする

Windowsシステムドライブ全体をSSDにクローンする必要がある場合は、「ディスククローン」ウィザードを試してください。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、インストールして起動します。システムディスクを右クリックし、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ 2. 「ディスクの高速クローン」と「セクタ単位のクローン」から適切なコピー方法を選択します。ここでは、例として「ディスクの高速クローン」を取り上げます。そして、「次へ」をクリックします。

次へ

注意:

▶「ディスクの高速クローン」は、使用されているセクターのみをターゲットにコピーし、ターゲットディスクをソースディスクの合計サイズよりも小さくできるようにします。

▶「セクタ単位のクローン」では、すべてのセクターをターゲットディスクにコピーするため、ターゲットディスクはソースディスク以上である必要があります。

ステップ 3. ターゲットディスクとしてSSDドライブを選択し、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスクを選択

ステップ 4. その後、ターゲットディスク上のパーティションのサイズを必要に応じて調整することができます。

ターゲットディスク上のパーティションのサイズを変更

ステップ 5. 「適用」をクリックしてすべての操作を実行すると、最終確認に進みます。何も問題がない場合は、「続行」をクリックして、PCを再起動し、そこに完了します。

適用

移行先のSSDから起動する方法

いずれかの方法を使用してWindowsシステムをSSDドライブに正常に複製した後、SSDからWindows 11/10/8/7を起動するには、BIOSセットアップ画面に入って起動順位を変更する必要があります。

ステップ 1. コンピュータを再起動し、常にF2キー(またはDelF8F12などの他のキー)を押し続けてBIOSセットアップ画面にアクセスします。

ステップ 2. 矢印キーを使用して、「Boot(ブート)」タブを選択します。システムデバイスが優先順位で表示されます。

ステップ 3. クローンされたSSDを他のハードドライブよりも優先させるには、SSDをリストの最初の位置に移動します。

ステップ 4. 変更を保存して、BIOSセットアップユーティリティを終了します。コンピュータはSSDから正常に再起動します。

その他のヒント:WindowsシステムドライブまたはディスクをMBRからGPTに、またはGPTからMBRディスクにクローンする場合は、BIOSブートモードをUEFIに、またはUEFIをBIOSに変更する必要もあります。

概要

AOMEI Partition Assistant Professionalを使用すると、WindowsシステムをSSDに簡単にクローンし、クローンされたSSDドライブから正常に起動できます。さらに、どこにでも持ち運び可能なポータブルWindowsデバイスとして、WindowsシステムをUSBに複製したい場合は、その「Windows To Go Creator」が最適です。Windows Serverオペレーティングシステムのドライブまたはディスクを別のHDD/SSDに複製するには、AOMEI Partition Assistant Serverを試してみてください。