By Akira / 最後の更新 2021年10月26日

ユーザーケース:GPTディスクに変換できない

「コンピューターにWindows7がインストールされています。最近、3TBのハードドライブを入手して、Windowsにインストールしました。Windowsファイルエクスプローラーでは完全な使用状況を示しておらず、この3TBハードドライブはディスク管理で2TBしか示していませんでした。そして、そこが「ベーシックディスク」と「オンライン」と表示されていて、二つのパーティションがありました。1つは約2048GBのNTFSとしてフォーマットされ、残りのスペースは未割り当て領域としてマークされていることがわかりました。これはMBRディスクであり、認識できる最大ストレージ容量が2TBであり、それを超える容量は未割り当て領域として表示されたためかもしれません。そこで、ディスクをGPTに変換することにしました。したがって、ドライブを右クリックすると、次の図のように表示されました。

3TBハードドライブはディスク管理で2TBしか示していません

ハードドライブがMBRベーシックディスクであることは間違いありません。ハードドライブをフルに活用するために、このベーシックディスクをGPTディスクに変換しようとしましたが、「GPTディスクに変換」オプションがグレー表示されているだけでした。ベーシックディスクをMBRからGPTに変換できないのはなぜですか?」

ベーシックディスクをGPTディスクに変換できない理由

実際、2TBを超えるハードドライブを完全に使用することを除いて、ユーザーにMBRベーシックディスクをGPTディスクに変換するように促す理由は他にもたくさんあります。GPTディスクには、MBRディスクのような多くの制限がありません。たとえば、MBRはハードドライブで最大4つのプライマリパーティションをサポートしますが、GPTディスクでは128のパーティションを作成できます。4つを超えるプライマリパーティションが必要な場合は、MBRをGPTに変換することをお勧めします。

しかし、なぜベーシックディスクをGPTディスクに変換できないのですか?または、「GPTディスクに変換」オプションがグレー表示されているのはなぜですか?実は、Windows「ディスクの管理」は空のディスクをGPTディスクにしか変換できないということです。つまり、ベーシックディスクをGPTディスクに変換する場合は、ベーシックディスク上のすべてのパーティションを削除する必要があります。

ベーシックディスクをGPTディスクに正常に変換する方法

ベーシックディスクをMBRからGPTに変換するには、次の3つの方法を試して、好きな方法を選択してください。

方法1.Windows「ディスクの管理」でベーシックディスクをGPTディスクに変換

Windowsディスクの管理では、空のディスクのみをGPTディスクに変換できます。つまり、ベーシックディスク上のすべてのパーティションを削除してから、ディスクをGPTディスクに変換する必要があります。

Windows「ディスクの管理」では、システムパーティションを削除することはできません。ベーシックディスクにシステムファイルが含まれている場合、この方法は機能しません。
その前に、MBRベーシックディスク上のデータをバックアップまたは移動する必要があります。

1. まず、Windows「ディスクの管理」を開き、ベーシックディスクのパーティションを右クリックして、「パーティションの削除」または「ボリュームの削除」を選択します。

ボリュームの削除

2. 次に、GPTディスクに変更するMBRディスクディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」をクリックします。

GPTディスクに変換

最後に、進行が完了するまで待ちます。

方法2.コマンドラインでベーシックディスクをGPTディスクに変換

1. 「スタート」をクリックし、検索欄に「cmd」を入力して、プログラムを右クリックし、「管理者として実行」を選択します。コマンドプロンプトがポップアップ表示されます。

2. コマンドプロンプトで、「diskpart」を入力し、Enterキーを押します。diskpartコマンドプロンプトが表示されたら、次のコマンドを入力します。各コマンドの入力後にEnterキーを押すことを忘れないでください。

list disk(コンピューター上のすべてのディスクの一覧表示できます。)

select disk n(GPTに変換するMBRベーシックディスクを選択します。nは、そのディスクの番号です。)

clean(このコマンドは、ディスク上のすべてのパーティションまたはボリュームを削除します。)

convert gpt(選択したディスクをGPTディスクに変換します。)

コマンドラインでベーシックディスクをGPTディスクに変換する

方法3.データを失うことなくベーシックディスクをGPTディスクに変換

Windows「ディスクの管理」またはコマンドラインは、ハードドライブ上のすべてのデータを削除します。データを失うことなくベーシックディスクをGTPディスクに変換できる方法はありますか?答えは肯定です。AOMEI Partition Assistant Professionalなどのサードパーティソフトウェアを利用し、パーティションやデータを事前に削除せずにベーシックディスクをGPTディスクに変換できます。さらに、データを失うことなく、MBRディスクとGPTディスクの間でシステムディスクを変換することもできます。

システムディスクをMBRディスクからGPTディスクに変換する場合は、次のことを知っておく必要があります:

Windows32ビットはGPTディスクでは機能しません。MBRディスクをGPTディスクに変換する場合は、事前にOSをWindows64ビットにアップグレードする必要があります。
システムディスクをGPTディスクに変換する場合は、コンピューターのマザーボードがEFI/UEFIモードをサポートしている必要があります。そうでなければ、システムは起動できません。
予期しないことや不適切な操作によってデータが失われた場合に備えて、その前にディスクをバックアップしてください。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。コンピューター上のすべてのハードドライブがメインインターフェイスに表示されます。GPTディスクに変更したいベーシックディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択します。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

GPTディスクに変換

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、「はい」をクリックして続行します。

MBRディスクからGPTディスクに変換

ステップ 3. ここでメインインターフェイスに戻り、ディスクがすでにGPTディスクに変更されていることがわかります。「適用」をクリックして操作を実行します。

「適用」をクリックして操作を実行します

ステップ 4. 進行が終了するまで待ちます。

注意:システムディスクをGPTディスクに変換する場合、「適用」をクリックすると、続行するにはパソコンの再起動が必要です。変換されたGPTディスクが正常に起動できるように、BIOSに入り、レガシーからEFI/UEFIに切り替える必要があります。

EFI / UEFIに切り替える

後書き

これらは、ベーシックディスクをGPTディスクに変換する3つの方法です。ベーシックディスクをGPTディスクに変換できない、または「GPTディスクに変換」がグレー表示されるという問題が発生した場合は、AOMEI Partition Assistant Professionalを試して問題を解決できます。さらに、AOMEI Partition Assistantは、Windows Serverユーザーにサーバー版(Server版)を提供しています。