Byゆき / 最後の更新日時 2019年09月02日

なぜGPTディスクに外付けHDDを変換しますか

HDDはMBRおよびGPTに分けることができます。MBRはマスターブートレコードの略語であり、標準のBIOS パーティション テーブルから起動し、最大2TBボリュームをサポートします。それは4つのプライマリパーティションだけをサポートします。

4つのプライマリパーティションがある場合、異なるファイルを保存するためにより多いパーティションを作成したいなら、1つのプライマリパーティションを拡張パーティションに変換する必要があります。

GPTはGUIDパーティションテーブルのディスクであり、ユニファイド・エクステンシブル・ファームウェア・インタフェース(UEFI)を使用し、2TB以上のディスクをサポートします。GPTディスクには4つ以上のプライマリパーティションを持てます。

なぜGPTに外付けHDDを変換しますか。多くのユーザーは異なるファイルを保存するためにより多いパーティションが欲しいです。より多いパーティションを柔軟に作成できるために、彼らはGPTに外付けHDDを変換します。ユーザーはGPTに外付けHDDを変換しなければならない他の状況があります。時に、ユーザーはお使いの3TBまたは4TBの外付けHDDが2TBだけを表示することを見つけます。ユーザーは外付けHDDを活用するためにそれをGPTディスクに変換します。

ディスクの管理でGPTに外付けHDDを変換します

GPTに外付けHDDを変換する理由が分かった後、それをどのように行いますか。Windows OSは「ディスクの管理」という内蔵ツールがあります。それを使用して、GPTに外付けHDDを変換できます。

空き外付けHDDを挿入して、コンピューターはそれを検索できることを確認してください。「ディスクの管理」を開きます。外付けHDDを右クリックして、「GPTディスクに変換」を選択します。ヒントに従って、GPTに外付けHDDを変換します。

GPTディスクに変換


ノート:Windows「ディスクの管理」でMBRのディスクをGPTのディスクに変更するために、まず外付けHDD上のデータをバックアップし、移動する必要があります。内蔵ツールは空きMBRディスクをGPTに変換することだけができるので、さもないと「GPTディスクに変換」はグレーアウトになります。

AOMEI Partition Assistantを使用してデータ損失なしでGPTに外付けHDDを変換します

AOMEI Partition Assistantは良いソフトウェアであり、データ損失なしでMBRをGPTに変換できます。外付けHDDの上に沢山のデータがあっても、それをGPTに変換できます。Windows内蔵ツールの制限を打破します。次のステップに従ってください。

ステップ1. AOMEI Partition Assistantをインストールして、起動します。その主なインターフェイスを見られます。リムーバブルディスクを右クリックして、「GPTディスクへ変換」を選択します。

ディスクを右クリック


ステップ2. そして、あるポップアップは「このMBRディスクをGPTディスクに変換しますか」を聞きます。「はい」をクリックします。

確認窓


ステップ3. 主なインターフェイスに戻します。ディスク3は既にGPTとしてマークされました。そしてツールバーの「適用」をクリックして、操作を実行します。

適用

GPTに外付けHDDを変換した後、このソフトウェアを使用してHDDを管理できます。例えば、パーティションを作成、パーティションをリサイズ、パーティションを削除、パーティションをフォーマットします。それを使用して、新しいHDDにOSを移動できます。基本的な機能だけが必要である場合、その無料エディションをダウンロードできます。またAOMEI Partition AssistantはWindowsサーバーユーザーにも適用します。Windows Serverユーザーである場合、AOMEI Partition Assistant Serverは適切です。