By Asher / 最後の更新 2021年11月12日

GPT保護パーティションにアクセスできません

「最近、外付けハードドライブをコンピューターに接続しました。しかし、Windowsで外付けハードドライブを開いたり、読み取ったり、アクセスしたりすることができませんでした。問題の解決策を見つけようとしたとき、ディスクの管理で「GPT保護パーティション」と表示されました。なぜこれが発生するのか、どのように対処するのかわかりません。この問題を解決してくれる人はいませんか?」

GPT保護パーティション

上記の状況では、GPT保護パーティションを削除する必要があります。つまり、GPT保護パーティションを復旧するには、GPT保護パーティションをMBRに変換する必要があります。その前に、GPT保護パーティションとは何かを理解することをお勧めします。

GPT保護パーティションとは何か?

GPTは、GUIDパーティションテーブルの略語です。これは、デスクトップまたはサーバーPCで使用される物理ストレージデバイスのパーティションテーブルレイアウトの標準です。MBRパーティションスタイルと比較して、GPTはディスクをパーティション分割するためのより柔軟なメカニズムを提供します。ただし、コンピュータのマザーボードがUEFI/EFIモードをサポートしている必要があります。Microsoftの公式発表によると、Windows 11はUEFIモードでの起動のみをサポートします。

UEFIはほとんどのWindowsオペレーティングシステムに適しています(Windows 32ビットオペレーティングシステムを除く)。Windows 7、Windows 8、Windows 10、Windows 11、Windows Server 2003 SP1、Windows 2008などほとんどのオペレーティングシステムはGPTディスクをサポートしています。ただし、Windows Vista 32ビット、Windows XP 32ビット、およびWindows 2000、Windows MS-DOS/NT、Windows95/98などの以前のOSはGPTディスクをサポートしていません。

したがって、GPTディスクを32ビットのWindows XPのコンピュータに挿入すると、通常はディスクの管理で「GPT保護パーティション」が表示されます。GPT保護パーティションを開いたり、読み取ったり、アクセスしたりすることはできません。腹を立てるのは、GPT保護パーティションを右クリックすると、メニューには選択できるオプションがなく、それに対処する方法がないことに気付くということです。ただし、心配しないでください。次に、GPT保護パーティションをMBRに変換してこれを解決する方法を示します。

DiskPartでGPT保護パーティションをMBRに変換して復旧

上記のように、ディスクの管理でGPT保護パーティションを右クリックすると、メニューには選択できるオプションがありません。その時、Windowsに組み込まれている別のツールDiskPartを試すことができます。具体的な手順は次のとおりです。

DiskPartは空のディスクのみをMBR/GPTに変換できるため、データを失うことなく、GPT保護パーティションをMBRに変換するには、変換前に必要なファイルをバックアップする必要があります。変換後、バックアップをMBRディスクに復元できます。

ステップ 1. 「Windows+R」を同時に押し、「diskpart」と入力して、「Enter」をクリックし、コマンドプロンプトが表示されます。

ステップ 2. コマンドプロンプトで、「diskpart」と入力し、Enterキーを押します。diskpartコマンドプロンプトが開いたら、次のコマンドを使用してGPT保護パーティションを削除できます。

▪list disk(コンピューター上のすべてのドライブを一覧表示します。)

▪select disk n(「n」はGPT保護パーティションを削除するディスクの番号です。)

▪clean(ハードドライブ上のすべてのデータが消去されます。)

▪convert mbr(選択したディスクをMBRパーティションスタイルに変換します。)

▪exit

コマンド

問題は、この方法を使用すると、ディスク上のすべてのパーティションを削除する必要があることです。パーティションを削除したりデータを失ったりすることなく、GPT保護パーティションエラーを解決する方法はありますか?

AOMEI PA ProでGPT保護パーティションをMBRに変換して復旧

AOMEI Partition Assistant Professionalは、優れたハードディスクパーティションマネージャーです。パーティションを削除したり、データを失ったりすることなく、GPTとMBRの間でディスクを変換するのに役立ちます。

注意:電源瞬断などの不慮の事故によるデータ損失を防ぐために、データバックアップソフトウェアを使用してハードディスクをバックアップすることができます。
Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、インストールして実行します。メインインターフェイスでハードドライブの基本的な情報が表示されます。GPT保護パーティションを見つけて右クリックし、「MBRディスクに変換」を選択します。

MBRディスクに変換

ステップ 2. 操作を確認するためのダイアログボックスが表示され、「はい」をクリックして続行します。

はい

ステップ 3. その後、メインインターフェイスに戻り、「適用」をクリックして操作を完了します。

適用

進行状況が100%になったら、プログラムを閉じます。GPT保護パーティションはデータを失うことなくすでにMBRに変更されており、32ビットWindowsで通常どおり開いて読み取り、使用できます

ダイナミックディスクを管理している場合は、AOMEI Partition Assistantの「ダイナミックディスク管理者」機能を使用して、ダイナミックディスクとボリュームを安全かつ簡単に管理できます。起動した後、ダイナミックディスクのサイズを変更したり、ダイナミックディスクをベーシックに変換したり、ボリュームスライスを移動したりすることができます。これらの機能は、ダイナミックディスクを便利に管理するのに役立ちます。

ダイナミックディスクマネージャー

概要

GPT保護パーティションをMBRに変換して復旧する方法は2つあります。ハードドライブに重要なデータがない場合は、Diskpartを使用してGPT保護パーティションを削除できます。データを失うことなくGPT保護パーティションをMBRに変換する場合は、AOMEI Partition Assistantを使用できます。いずれにせよ、自分に合った方法を選択してください。

さらに、AOMEI Partition Assistant Professionalは、フォーマットせずにNTFSとFAT32の間で変換を行い、SSDまたはHDDへOSを移行し、アプリを2つのパーティション間で移行し、ハードディスクを消去するなど、他の多くの便利な機能を備えています。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。UnlimitedとTechnicianには、ポータブルバージョンを作成するための便利な機能があります。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較