ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年10月27日

MBRとGPTの違い

ディスクはMBRとGPTに分けます。この二種類のディスクは情報のストレージのためにコンピュータで使用されるものです。しかし、MBRとGPTの違いは何ですか?なぜMBRからGPTに変換する必要がありますか?

    MBRは、mater boot record(マスターブートレコード)の略語であり、標準のBIOSパーティションテーブルを使用するものです。Windows OSでは単一パーティションあたり最大2TBをサポートし、多くとも4つのプライマリパーティションのみをサポートします。MBRでさらに多くのパーティションを作成する場合は、1つのプライマリパーティションを拡張パーティションにする必要があります。これで、拡張パーティションで128以上の論理ボリュームを作成できるようになります。

    GPTは、(Globally Unique Identifier)GUIDパーティションテーブルディスクの略語であり、拡張できるファームウェアインタフェース(EFI)を使用するものです。そのボリュームはMBRディスクよりも大きく、4つのプライマリパーティションの上限が解除されます。しかし、Windows 8より古いバージョンのWindows 64ビットシステムしかサポートできません。


また、リムーバブルディスクはデフォルトでMBRディスクと認識され、GPTに変換することはできません。しかし、一般に言えば、GPTディスクはMBRより優れた性能を発揮できます。したがって、マスターブートレコードディスク(MBR)からGUIDパーティションテーブルディスク(GPT)に変換したいユーザーは多いです。上述の説明は詳しいと思わない場合は、こちらをクリックしMBRとGPTの違いについての詳細をご覧下さい。

DiskPartでMBRからGPTに変換する方法

Windows内蔵ツール[ディスクの管理]では、Windowsインターフェイスを使用してディスクをMBRからGPTに変換することができます。一方、コマンドプロンプトを使ってディスクをMBRからGPTに変換する場合、DiskPartは最もいい選択です。ただし、[ディスクの管理]でも[DiskPart]ユーティリティでも、空のMBRディスクのみをGPTに変換することができます。DiskPart[cmd]を使用してディスクをMBRからGPTに変換するには、以下の手順に従ってください:

DiskPartでMBRからGPTに変換する前に、いくつかのヒントがあります:
データの安全性を維持するために、DiskPartでGPTディスクに変換する前のMBRディスクをバックアップします。
パーティションやボリュームなしのMBRベーシックディスクのみはGPTディスクに変換されることができます。もしパーティションまたはボリュームがあるならば、MBRからGPTに変換する前にMBRに保管されているデータをバックアップしてください。その後、すべてのパーティションまたはボリュームを削除します。

ステップ 1. DiskPartでMBRからGPTに変換するには、まずメニューの[スタート]をクリックして[cmd]を入力して右クリックして[管理者として実行(A)]を選択します。または、[WIN + R]を押して[cmd]を入力してキー[Enter]を押してコマンドプロンプトを開きます。次に、[diskpart]を入力してプログラムを開きます。

ステップ 2. コマンドプロンプト[list volume]を入力してMBRディスクにパーティションまたはボリュームがあるかどうかを確認します。MBRディスクにパーティションまたはボリュームがある場合は、パーティションを削除する必要があります。ちなみに、このステップはDiskPartでMBRからGPTに変換する前の重要な準備です。データの安全性に関するので、ご注意ください。次に、コマンド[list disk]を入力してキー[Enter]を押して、コンピュータのディスクがすべて表示されます。ここでは、ディスク1を例とします。

ステップ 3. [select disk 1]を入力してキー[Enter]を押して、ディスク1が選択されます。

ステップ 4. コマンドプロンプト[convert gpt」を入力してキー[Enter]を押して、DiskPartでMBRからGPTに変換する最後操作をよく確認してください。進行が完了するまでお待ちください。次のスクリーンショットをご参照ください。

MBRからGPTに変換する

★注:DiskPartでGPTディスクからMBRに変換する場合は、diskpart convert mbrコマンドを使用することもできます。

データを失うことなくMBRからGPTに変換するソフト

DiskPartを使用すると、パーティションやボリュームなしのMBRベーシックディスクからGPTに変換することができますが、その前提は管理者として実行することです。そして、多くのユーザーはDiskpartコマンドプロンプトについてよく知らないので、重大な問題が発生する可能性があります。一旦Diskpartコマンドを実行したら、MBRからGPTへの変換が完了するまで取り消すことができません。したがって、あなたがDiskpartコマンドについてよく分からないと、ここでは、ソフトAOMEI Partition AssistantでMBRディスクからGPTディスクに変換するようお勧めします。

AOMEI Partition Assistantは、Windows PCユーザー向けに開発されたディスク管理のフリーウェアです。使いやすいインターフェイスでMBRからGPTに変換する、またはGPTからMBRに変換することが簡単になります。特に、Windows 10/8/7を含むほぼすべてのWindows OSをサポートします。そして最も重要なのは、MBRディスク上のデータを消去することなく、MBRからGPTに変換することができます。では、AOMEI Partition Assistantを使用してMBRディスクからGPTディスクに変換する方法は何ですか?

ステップ 1. MBRからGPTに変換するソフトを使用する前に、まずAOMEI Partition Assistant標準版をダウンロードし、インストールし、起動します。後、メインインターフェイスが表示されます。GPTへ変換するディスクをクリックし、左側のコントロールパネルで[GPTディスクに変換]を選択します。

メインインターフェイス

ステップ 2. その後、GPTへ変換するという操作を確認するためのウィンドウが表示されます。[はい]をクリックします。

GPTへ変換するという操作を確認

ステップ 3. ここでMBRからGPTに変換する保留中の実行操作を再確認します。問題がなければ、ツールバーの[適用]をクリックします。

MBRからGPTに変換する保留中の実行操作を再確認

ステップ 4. 次のような処理確認ウィンドウが表示されます。[実行]をクリックすると、MBRディスクがGPTに正常に変換されます。

MBRからGPTに変換する保留中の操作

Diskpartの構文でMBRからGPTに変換しても、ソフトAOMEI Partition AssistantでMBRからGPTに変換しても、好きな方法を選択してくださしぃ。変換後、 必要に応じてDiskPartを使用しディスク上で自分の思った通りにパーティションを作成できます。

★ ヒント:無料のパーティションマネージャーとして、ソフトAOMEI Partition Assistant 標準版は、データディスク(MBRとGPT間)を変換することをしかサポートしていません。システム/ブートディスクの変換はMBRとGPT間でサポートしませんから、AOMEI Partition Assistant標準版からAOMEI Partition Assistantプロ版にアップグレードしてください。AOMEI Partition Assistant Professionalについての詳細は、こちらをご覧ください。