By Asher / 最後の更新 2022年09月27日

プライマリパーティションと論理ドライブの違い

Diskpartを使用して論理ドライブをプライマリドライブに変換する方法を学習する前に、プライマリパーティションと論理ドライブが何か、およびそれらの違いは何かを知りたい場合があります。

プライマリパーティションは、Windows OSと他のデータを同時に格納できるハードディスクパーティションで、BIOSが見つけるためにアクティブに設定できる唯一のパーティションタイプです。さらに、1つのハードディスク上に同時に1つのプライマリパーティションのみをアクティブに設定できます。MBRディスクには、少なくとも1つのプライマリパーティションと最大4つのプライマリパーティションが必要です。

論理ドライブは、拡張パーティションにあるハードディスクパーティションです。拡張パーティションは、MBRディスク上に4つ以上のパーティションを作成するために導入されました。拡張パーティション領域では、多くの論理ドライブを作成できます。論理ドライブは起動できないため、OSのストレージとインストールには適していません。また、アクティブとして設定することもできません。

Diskpartで論理ドライブをプライマリに変換する原因

前述のように、MBRディスクは、最大で4つのプライマリパーティションまたは3つのプライマリパーティションと1つの拡張パーティションに分割できます。論理ドライブはファイルとデータを簡単に分類できるため、ユーザーは論理ドライブで情報を簡単に見つけて時間を節約できます。ただし、論理ドライブにはまだいくつかの問題があります。

たとえば、Windowsシステムプログラムはプライマリパーティションのみにインストールでき、一部のアプリケーションは論理ドライブにもインストールできません。論理パーティションにいくつかの問題があるため、論理パーティションをプライマリパーティションに変換する必要があります。ただし、Windows 11/10/8/7では、ディスク管理またはファイルエクスプローラーには、論理ドライブをプライマリパーティションに変換するオプションはありません。したがって、この変換を実行するにはDiskpartを使用する必要があります。

Diskpartで論理ドライブをプライマリに変換する手順

論理ドライブをプライマリパーティションに変換するには、Windowsの組み込みのDiskpartが非常に便利です。次の手順を見てみましょう。

注意:論理ドライブをプライマリパーティションに変換すると、ターゲットパーティション上のすべてのファイルが削除されるため、重要なデータを事前にバックアップしてください。

ステップ 1. 「Windows+R」キーを押して、ボックスに「diskpart」と入力します。

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、次のコマンドを入力し、各コマンドの後に「Enter」を押します。

list disk

select disk n(「n」は、プライマリパーティションに変換する必要のある論理パーティションを含むディスクのディスク番号です。)

list partition

select partition m(「m」は変換する論理パーティションのパーティション番号です。)

delete partition(このコマンドは、選択したパーティションのすべてを削除します。)

create partition primary

コマンドを入力

ヒント:拡張パーティションを作成するために未割り当て領域が必要です。ディスクに未割り当て領域がない場合は、既存のパーティションを縮小または削除して、拡張パーティションを作成する前に、未割り当て領域を作成する必要があります。

DiskPartの代替手段で論理ドライブをプライマリに変換する手順

DiskPart(CMD)を使用して、論理ドライブをプライマリパーティションに変換するとデータが失われます。したがって、すべてのデータを失うことなく、論理ドライブをプライマリパーティションに変換する別の方法を探していますか?ここでは、AOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。この強力なパーティション管理ソフトを使用すると、内部データを安全に保ちながら、論理ドライブからプライマリパーティションへの変換を簡単に実行できます。具体的な手順は次のとおりです。

★注意:
この変換方法でデータを破損しませんが、突然の停電やその他の人為的エラーによりデータが失われた場合があるので、事前に重要なデータをバックアップしてください。
変換するパーティションで他のアプリケーションが実行されている場合は、AOMEI Partition Assistantはそれらを閉じるか、操作をPre OSモードで実行するように求めています。
コンピューターの停止を防ぐため、AOMEI Partition Assistantではシステムパーティションを論理ドライブに変換することはできません。
Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

ステップ 1. このソフトウェアをダウンロードしてインストールして起動します。変換する論理パーティションを右クリックして、「詳細処理」>「プライマリパーティションに変換」を選択します。

詳細処理、プライマリ/論理パーティションを変換

ステップ 2. 「はい」をクリックして続行します。

はい

ステップ 3. 「適用」をクリックして操作を実行します。

適用

しばらくすると、論理ドライブがプライマリパーティションに正常に変換されたことが見られます。それほど多くのプライマリパーティションが必要ない場合は、プライマリパーティションを論理ドライブに変換することもできます。

AOMEI Partition Assistantは、データを失うことなく、プライマリディスクと論理ディスクの間でパーティションタイプを切り替えることができるだけでなく、以下もの機能があります。✎...
1.「NTFS to FAT32変換器」によって、データをフォーマット/失うことなく、NTFSとFAT32の間でファイルシステムを変換できます。
2.既存のパーティションを削除することなく、データを失うことなく、データとシステムディスクをMBRディスクとGPTディスクの間で変換できます。
3.ボリュームを削除せずに、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換できます。つまり、保存されたデータが失われることはありません。

結論

この記事では、Diskpartを使用して論理ドライブをプライマリパーティションに変換する方法を示しただけでなく、論理ドライブをプライマリドライブに簡単かつ安全に変換するための優れたパーティション管理ソフト-AOMEI Partition Assistant Professionalを紹介しました。AOMEI Partition Assistant Professionalはパーティションサイズの変更、パーティションの削除、パーティションのフォーマット、パーティションの移動、パーティションの消去、ディスククのローン、OSのSSDへの移行、SSDの安全消去などの強力な機能もあります。サーバーオペレーティングシステムで使用する場合は、Server版をお試しください。