ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年07月01日

今回の記事はVHDXをGPTパーティションタイプからMBRに変換して、既存の物理サーバー上のUEFI起動環境のWindows Server 2012 R2を仮想環境へのp2v変換に失敗する時の修復方法を紹介します。

Windows Server 2012 R2のP2Vコンバージョン作業が失敗しました。

最近、Windows Server 2012 R2のサーバーを仮想マシンに移行したいのです。Micro Virtual Machine ConverterをダウンロードしてP2Vコンバージョン作業を始めますが、もうすぐ終わったところで、エラーが発生します。出ているメーセージの内容は:

“Microsoft Virtual Machine Converter encounter an error while attempting to convert the virtual Machine. Details: There are blocking issues for the physical-to-virtual conversion: There is no BCD boot device found in the source machine, noticing that conversion of an EFI boot machine is currently not supported.”

P2V Conversion Error

全ての操作手順をチェックしたが、そのエラーにつながる原因が何も心当たりがありません。色々検索した後、ようやく分かりました。自分のサーバーの起動環境はUEFIであり、しかしこのVirtual Machine ConverterはUEFIモードのマザーボード上のGPTパーティションタイプのディスクを仮想マシンに変更するのに対応しておりません。

Disk2VHDで物理ディスクをVHDXに変換します。

このような状況では、物理ディスクを先にマイクロソフト社のSysinternalsツールの一つである「Disk2vhd」でVHDXディスクに変換する必要があります。このツールをダウンロードして開きます。作成するVHDXファイルの保存先を指定し、変換したいパーティションを選択してから「Create」をクリックします。

Convert to VHDX

作業が完了したら、このVHDXをGPTからMBRに変換します。

VHDXディスクのパーティションタイプを変更

VHDXをGPTからMBRに変換すろことによってP2Vの変換エラーを修正します。P2V変換の問題は、EFIブートマシンの変換がまだサポートされていないので、ソースマシンにブートデバイスが見つかりません。

GPTディスクからMBRディスクへの変換はWindows 8以降のパソコンに行うのを強くお勧めします。そして、信頼性の高い第三者のパーティション管理ソフトウェアAOMEI Partition Assistant Professionalを使用して変換します。サーバ用オペレーティングシステムを使っている場合はAOMEI Partition Assistant Serverを購入して変換します。

ここではWindows 10のPCを例にとってみます。エクスプローラーにVHDXファイルを右クリックして、「マウント」を選択してファイルをWindowsにマウントします。

Mount VHDX File

マウントされたディスクのドライブ文字を確認します。ここはF:です。

VHDX File

下記の手順に従って、AOMEI Partition Assistant Professionalで変換作業を始めます。

1. AOMEI Partition Assistant Professionalの体験版ををダウンロードし、インストールして実行します。

2. メインインターフェイスには、VHDX GPTドライブを含むディスクの基本的な状況が表示されます。VHDXディスクを右クリックして、MBRディスクへ変換を選択します。

Convert to MBR Disk

3. 出ている確認ウインドウにはいをクリックします。

Convert from GPT MBR

4. メインインタフェースでVHDXディスクが既にGPTからMBRに変換しました。だが、これは仮想の結果です。左上の適用をクリックします。

*ディスクの先頭に余分なパーティションが存在する可能性があります。AOMEI Partition Assistantのパーティションを削除機能で要らないパーティションを削除できます。

新しい仮想マシンの作成に成功します

MBRに変更した後、VHDXファイルをWindowsエクスプローラーから切断します。ディスクを右クリックして取り出しを選択します。

これで、Hyper-Vマネージャーに新しい仮想マシンを作成できます。必ず「第1世代」を選択して、新しいVHDXファイルを作成しなくて、MBRに変換したVHDXファイルを開きます。

ブートの失敗を修復

Windows Server 2012 R2をブートする時、画面が黒くなってブートできないの問題が発生するかもしれません。これは単なるブートローダーはWindowsの起動パスが見つかりません。原因はブートローダーかMBRかブートセクタにエラーがある。Windows Server 2012 R2をブートできるために、VHDXを修復しなければなりません。

Windows Server 2012 R2のインストール イメージ ファイルまたはDVDが必要です。仮想マシンをこのイメージの回復機能でブートする準備をしておきます。下記の手順に従って修復します。

1. Windows Server 2012 R2インストール イメージを仮想マシンにマウントしてから起動します。

2. 提示されたキーを押します。

3. 言語、時刻、通貨、キーボードまたは入力方法を選択し、「次へ」をクリックします。

4. PCを修復をクッリクします

5. 修復しようとするOSをクッリクし、「次へ」をクリックします

6. システム回復オプションのダイアログボックスでコマンドプロンプトをクッリクします。

7. コマンドプロンプトに,次のコマンドを入力して、VHDXディスクのパーティションを有効させます。

  • diskpart
  • list disk
  • select disk 0
  • list partition
  • select partition 1
  • active
  • exit

8. 仮想マシンを再起動して、もう一度インストール イメージでブートします。同じ手順でコマンドプロンプトを開いて、下記のコマンドを入力してシステムを修復します。

bootrec /fixmbr (このコマンドはMBRを修復します。)

bootrec /fixboot (このコマンドはブートセクタを修復します。)

bootrec /scanos (このコマンドはWindowsインストールの追加項目をスキャンします。)

reboot!

これで、Windowsはブートできるはずです。まだ起動できないかブートメーニューが見えないなどの場合は、仮想マシンを再起動して、下記のコマンドを入力します。

bootrec /rebuildbcd (全てのBCDを再構成する。)

reboot!

これらの手順を実行した後、インストレーションをブートリストに追加するかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。「y」と入力してEnterキーを押します。 Windows Server 2012 R2のISOを取り出してシステムを再起動すると、Windowsが新しい仮想ハードウェアに調整してから、あなたは通常の起動画面に挨拶されます。