ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月06日

WindowsでNTFSパーティションをコピーする人が多いです。その対応の理由も多いです。ここでその対処法を詳しく紹介します。では、いきましょう~

「(NTFS)パーティションのコピー」の利点

NTFSパーティションのコピーとは、NTFSパーティションから別のディスクにすべてのデータをコピーすることを意味します。ファイルを1つずつコピーすると、ずいぶん時間かかります。これで時間を節約できます。つまり、次のような利点があります:

● データをバックアップする:システムパーティションまたはデータパーティション(任意のパーティション)をコピーすると、そこに保存されている大切なデータをバックアップすることができます。

● 不良セクタを避ける:ディスクに不良セクタがあり、交換したい場合は、その重要なパーティションを別の新しいディスクにクローンできます。

● 時間を節約、ディスク容量を解放する:ディスク全体をコピーすると、時間かかるので、すべての大切なデータを1つのパーティションに集めてからそのパーティションをコピーするなら、時間を節約、ディスク容量を解放することができます。

● データを転送する:関連ファイルが一つのパーティションに保存されているか、このパーティションのみを保持したいなら、ディスク全体の代わりにパーティションだけをコピーすることをお勧めします。

Windowsの組み込みツールを使ってパーティションをコピーできますか?

ディスクNTFSパーティションのクローンを作成する場合は、Diskpartと[ディスクの管理]を使用する人が多いかもしれません。実は、Windowsの組み込みツールでは、確かにディスクを管理することができます。

例えば、パーティションの削除、パーティションの縮小、パーティションの拡張、パーティションのフォーマットなどをサポートします。

では、NTFSパーティションもコピーできますか?答えはできないです。

フリーウェアで楽にディスクのパーティションをコピー

前述したように、Windowsの組み込みツールを使ってパーティションをコピーできないです。こんな場合は、WindowsPC上で行えるサードパーティ製のHDDパーティションソフトーーAOMEI Partition Assistantを使用する必要があります。

このソフトウェアは無料ですし、Window 10/8/7/XP/Vistaで(NTFS)パーティションを今のディスクから別のディスクにコピーするのに役立ちます。それ以外にも、パーティションを簡単に結合/サイズ変更/移動することをサポートします。それではWindow 10でパーティションをコピーする方法を見てみましょう。

まず、このソフトをダウンロードしてください。

ステップ 1. お使いのパソコンにインストールして実行します。NTFSパーティションを右クリックして[パーティションをコピー]を選択します。

パーティションをコピー

ステップ 2. この画面で、2つのコピー方法が表示されます。必要に応じて1つ選んで[次へ]をクリックします。

2つのコピー方法

ステップ 3. 表示されたパーティションから未割り当て領域を1つ選んで、選択したパーティションのコピーを保存し、[次へ]をクリックしてこのプロセスを続行します。

未割り当て領域を1つ選ぶ

ヒント● ここで未割り当て領域を選択しかできません。そうでないと、次へ進まないかもしれません。心配しないで、AOMEI Partition Assistantを使って未割り当て領域を作成することができます。便利でしょう~● その未割り当て領域がSSDにあれば、下にあるオプション[SSDの性能を最適化]にチェックを入れてこのパーティションの読み書き速度を向上させることができます。

ステップ 4. ハンドルを長くまたは短くしてパーティションのサイズを変更します。または、スキップして[完了]を直接クリックすることもできます。

パーティションのサイズを変更

ステップ 5. メインインターフェイスに戻り、上の[適用]ボタンをクリックし(NTFS)パーティションをいますぐコピーしましょう~!

(NTFS)パーティションをいますぐコピー

▼注:

● ディスク全体をコピーすることもできます。

● システムディスクについては、PA Standard版の[ディスクをコピー]機能はMBRディスクからMBRディスクへコピーできますが、MBRディスクからGPTディスクへ、GPTディスクからMBR/GPTディスクへコピーできません。

結論

ディスクのNTFSパーティションのコピー以外、AOMEI Partition AssistantはOSをSSDへ移行、SSDの完全消去、ブータブルCD/USBの作成、パーティションの高速分割、MBRとGPTの間でディスクを変換などのような高度な機能を体験できます。これらの高度な機能を体験してみると、いますぐAOMEI PA Pro版にアップグレードします!

サーバユーザや会社運営者向けバージョンもあります:

Windows Serverで使用可能なAOMEI Partition Assistant Server版です。ITサービスプロバイダーや企業である場合、台数無制限のPC&サーバー向けAOMEI Partition Assistant Unlimited版とTechnician版をお勧めします。AOMEI Partition Assistant Technician版は上記の機能以外、クライアントに有償技術サービスを提供できます。

各AOMEI Partition Assistant(PA)バージョンの比較