Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月21日

バックグラウンド

「ディスクの管理」を使用して、新しいパーティションを作成している内に、「選択したベーシックディスクがダイナミックディスクに、選択した操作により変換されます」という警告を受けたこと、または「新しいシンプルボリューム」のオプションがグレーアウトしたことがありますか。ディスクをダイナミックに変換しないかぎり、「ディスクの管理」は四つ以上のパーティションを作成することを許可しなさそうです。それは本当ですか。

ダイナミック警告

この問題を完全に理解し、解決するために、MBR(マスターブートレコード)パーティションスタイルの基本的な制限を学ぶ必要があります。かいつまんで言うと、新しいディスクを初期化する時、Windowsはパーティションスタイル、MBRまたはGPT(GUIDパーティションテーブル)を選択することを要求します。

MBRディスクはいくつかの基本的な制限があります。それは多くとも四つのプライマリパーティション、あるいは四つ以下のプライマリパーティションと多い論理パーティションを含むことができます。それに、2TBを超えたMBRディスクのスペースは利用不可能です。WindowsはデフォルトでMBRを選択します。もしかしたらそれはWindows OSの任意のバージョンがMBRディスクにインストールされることができるためです。

GPTディスクはそんなに多い制限がありませんが、それはWindows 7の64ビットバージョンと以降のWindows OSだけをサポートします。それで、ダイナミックディスクに変換ぜずにHDDにMBRパーティションスタイルのパーティションを四つ以上持ちたいなら、少なくとも一つの既存プライマリパーティションを論理パーティションに変換する必要があります。そして、より多いパーティションを論理ドライブとして作成できます。

プライマリパーティションを論理パーティションに変換して四つ以上のパーティションを作成します

新しいパーティションを作成している時、Windowsの内蔵ツール「ディスクの管理」はプライマリまたは論理パーティションを指定することを許可しません。それはデフォルトでプライマリパーティションを作成します。もし、四番目のパーティションを作成するのにすべての未割り当て領域を選択しない(即ち、四つのパーティションの以外、いくつかの未割り当て領域を残します)場合、四番目のパーティションは論理パーティションとして作成されます。それはより多い論理ドライブを作成できるチョイスを与えます。もし、MBRディスクに既に四つのプライマリパーティションがあった場合、「ディスクの管理」で新しいパーティションを作成することができません。次の手順に従って、この問題を解決できます:

1. 「ディスクの管理」を開きます。一つの既存ライマリパーティションをクリックして、「ボリュームの削除」を選択します。それは選択されたパーティション上のデータを削除するので、事前に重要なデータをバックアップします。

ボリュームの削除

2. 未割り当て領域を右クリックして、「新しいシンプルボリューム」を選択します。

新しいボリューム

3. 新しいシンプルボリュームウィザードに従って、新しいパーティションを作成します。ボリュームサイズを指定する時、新しいパーティションを作成するのに十分な未割り当て領域があることを確認してください。

ボリュームサイズ

4. そして、それは次のパーティションが作成されている時、論理パーティションを作成します。

論理ドライブ

もちろん、Diskpart.exeを使用して、パーティションを削除し、コマンドラインから論理パーティションを作成することもできます。実は、この複雑な方法を使用して、削除されたプライマリパーティション上のデータを紛失する代わりに、サードパーティ製の無料パーティションマネージャーソフトウェアAOMEI Partition Assistant Standardを使用して、四つのプライマリパーティションが既にあった場合でも、MBRディスクに直接にパーティションを作成できます。

AOMEI Partition Assistantで新しいパーティションを作成します

ステップ 1. このソフトウェアをダウンロードし、インストールし、起動します。この例で、MBRディスク1の上に既に四つのプライマリパーティションが存在しています。未割り当て領域を右クリックして、「パーティションを作成」を選択します。もし、未割り当て領域がないなら、一つの既存パーティションを右クリックして「パーティションを作成」を選択してもいいです。

パーティションを作成

ステップ 2. ポップアップで、スライダをドラッグするか、または値を直接入力することで、新しく作成するパーティションのサイズを調整できます。またファイルシステムとドライブ文字を変更できます。さらに、「詳細」をクリックして、もっと多くのオプションを設定できます。

パーティションサイズ

ステップ 3.はい」をクリックした後、最後のパーティションと新しく作成するパーティションは自動的に論理パーティションになることが見られます。問題がないなら、「適用」をクリックして、この操作を行います。

適用

数秒で、五つのパーティションが作成されます。そして、好きなように多い論理パーティションを作成できます。他のOSをインストールするなどの理由で、より多いプライマリパーティションが欲しいなら、どのように四つ以上のプライマリパーティションを作成しますか。

データ損失なしで四つ以上のプライマリパーティションを作成します

上述のように、MBRディスクは四つのプライマリパーティションのみを持てるので、より多いプライマリパーティションを作成する前にGPTへディスクを変換する必要があります。Windowsの内蔵ツール「ディスクの管理」とDiskpart.exeは何のボリューム/パーティションがない空きディスクだけをMBRからGPTに変換できます。

それは「ディスクの管理」で「GPTディスクに変換」のオプションがグレーアウトする理由です。幸いなことに、パーティションマネージャーソフトウェアAOMEI Partition Assistantはデータ損失なしでGPTへMBRを変換できます。GPTへシステムディスクを変換するつもりなら、変換の前に、お使いのコンピューターはUEFI(Unified Extensible Firmware Interface)ブートモードをサポートすることを確認してください。

変換するのはシステムディスクである場合、このプロセスはAOMEI PreOSモードで完成されます。完了した後、BIOSに起動して、UEFIモードを有効にします。そして、AOMEI Partition Assistantで四つ以上のプライマリパーティションを効率的に作成できます。また、AOMEI Partition AssistantはSSDにOSを移動、FAT32にNTFSを変換、データ損失なしでベーシックにダイナミックディスクを変換するのに使用されます。