By Comnena / 最後の更新 2021年04月14日

データ移行ソフトウェアとは何ですか?

その名前が示すように、データ移行ソフトウェアは、あるストレージの場所から別の場所に、あるコンピュータストレージシステムから別のコンピュータストレージシステムにデータを転送できる一種のプログラムです。これは、データをバックアップするための優れた方法を提供します。

なぜプロのデータ移行ソフトウェアが必要なのですか?「コピー&ペースト」機能を使ってみませんか?これは、「コピー&ペースト」では写真、ドキュメント、音楽などの個人ファイルしか移行できないためです。少量のデータをある場所から別の場所に移動する場合は、この従来の方法が適しています。

アプリケーション、プログラム、さらにはオペレーティングシステムを別の場所に移行することを計画している場合はどうなりますか?それらを元のドライブにコピーしてターゲットドライブに貼り付けると、起動に失敗する可能性があります。つまり、ターゲットディスクからOS/アプリ/プログラムを起動できない可能性があります。したがって、専門的なデータ移行ソフトウェアが非常に必要です。

Intel/Samsungデータ移行ソフトウェアについて

異なるハードディスク間でのデータ移行のために、一部のメーカーは、ディスク間でデータを移行するのに役立つ専用ツールを開発しています。たとえば、Intelは、Intelドライブを購入したユーザー向けにIntel Data Migration Softwareをリリースしました。ただし、SSDドライブでのみ機能し、SSDはGUIDパーティションテーブル(GPT)として初期化され、New Technology File System(NTFS)としてパーティション化される必要があります。

Intel Data Migration Software

同様に、Samsung Data Migration Softwareは、ユーザーがすべてのデータ(オペレーティングシステム、アプリケーションソフトウェア、個人データ)を既存のストレージデバイス(HDDなど)から新しいSamsung SSDに移行できるように設計されています。ただし、ほとんどのユーザーは、Samsung Data Migrationアクセス違反、Samsung Data Migrationエラー00001 [ffffffff]など、データ移行プロセス中にさまざまなエラーメッセージを表示することがよくあります。

Samsung Data Migration Software

さらに、Intel Data Migration SoftwareとSamsung Data Migrationは、それぞれのハードドライブでのみ機能します。複数のハードドライブがある場合は、それぞれに複数のデータ移行ソフトウェアをダウンロードする必要がある場合があります。この場合、多くのブランドのハードドライブと互換性のある多用途のデータ移行ソフトウェアを入手するのが賢明な選択です。

Windows PC用の無料のデータ移行ソフトウェア

Samsung、Intel、Crucial、Corsairなど異なるブランドのHDDまたはSSD間でデータ移行を正常に行うには、無料のAOMEI Partition Assistant Standardを試すことができます。この用途の広いフリーウェアはWindows 10/8/8.1/7/Vista/XP(32/64ビット)に対応します。

あるディスクから別のディスクにデータを移行するだけでなく、「パーティションをクローン」機能を使用して、あるパーティションから別のパーティションにデータを移行することもできます。IntelまたはSamsung Data Migrationソフトウェアと比較すると、多くの機能があるデータ移行ソフトウェアです。次の目的にも使用できます。

✦ 個人情報を漏洩から保護するために外付けハードドライブを消去します。
✦ データを失うことなくFAT32をNTFSに、またはその逆に変換します。
✦ ボリュームを削除したり重要なデータを失ったりすることなく、データディスクをGPTからMBRまたはMBRからGPTに変換します。
✦ 2つの隣接するパーティションをマージするか、未割り当てのスペースを既存のパーティションにマージします。
✦ HDDまたはSDカードをフォーマットします。
上記の機能の一部は、Professional版にアップグレードする必要があります。

あるディスクから別のディスクへデータを移行する方法

新しいディスクを入手し、古いディスク上のすべてのデータを新しいディスクに移動したい場合は、この「ディスククローン」機能が適しています。AOMEI Partition Assistant Standardを無料でダウンロードして、手順に従ってください。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

注:ディスク1をディスク2にクローンすると、ディスク2のすべてのデータが消去されるため、必要に応じて事前にバックアップを作成してください。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Standardをインストールして起動します。クローンするディスク(ここではディスク1、システムディスクを選択)をクリックし、パネルで「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

手順 2. ポップアップウィンドウで、要件に応じてクローン方法を選択します。次に、「次へ」をクリックします。

クローン方法

>>ディスクの高速クローン:使用済みの領域のみを別のディスクにクローンするため、大きなディスクを小さなディスクにクローンできます。
>>セクタ単位のクローン:使用されているかどうかに関係なく、ディスクのすべてのセクターをターゲットディスクにクローンします。この方法では、削除または失われたファイルをクローンできます。

手順 3. ターゲットディスクを選択します。古いディスクをSSDにクローンする場合は、「SSDの性能を最適化」にチェックマークを付ける必要があります。これにより、SSDのパフォーマンスを向上させることができます。「次へ」をクリックします。

SSDの性能を最適化

手順 4. このウィンドウでターゲットディスクを編集できます。3つの選択肢があるが、必要に応じて該当のものを選択してパーティションを編集してから「次へ」をクリックします。

ターゲットディスクを編集

手順 5. AOMEI Partition Assistant Standardのメインインターフェイスに戻り、「適用」をクリックして操作を実行します。

適用

完了すると、HDDからSSDにすべてが正常に移行されました。上記の手順は、SSDからHDDへのデータの移行にも適用されます。ターゲットディスクからコンピューターを起動する場合は、BIOS環境に入り、起動順序を変更して、クローンしたハードドライブを最初の起動デバイスとして設定できます。

まとめ

すべてのブランドのハードドライブに最適なデータ移行ソフトウェアとして、AOMEI Partition Assistantを使用すると、パーティションとディスク間でデータを非常に簡単に移行できます。データをMBRシステムディスクからGPTに、またはGPTからMBRに、GPTからGPTに移行する場合は、AOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードしてください。

Windows Serverのデータ移行ソフトウェアをお探しの場合は、AOMEI Partition Assistant Serverがお客様のご要望にお応えします。