ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年02月28日

他のデータに影響なし、EFIシステムパーティションを削除する方法がありますか。この記事は安全かつ簡単にタスクを完成させる強力なソフトウェアを紹介します。

EFIシステムパーティション

WindowsシステムをGPTディスクにインストールする時に、EFIシステムパーティション (EFI system partition; ESP) が作成されました。ESPに格納するのはインストールされたOSのブートローダプログラム、パソコンが起動する時にファームウェアにとって必要なハードウェア用のデバイスドライバーファイル、オペレーティングシステムが起動する前に実行されるシステムユーティリティプログラム、エラーログなどのデータファイルだから、ESPはOSのブートに対して欠かせないものです。ただし、時にはESPを削除する必要がある。例えば、Windowsをアンインストールした後、空き領域を作成するために、もう役に立たないESPを削除します。では、こういう場合は、どうやってESPを消去しますか。Windowsに保護されているので、ディスクの管理でESPを削除するのは無理です。第三者ソフトウェアが必要だということです。AOMEI Partition Assistant Professionalはこの問題を簡単に解決できます。

AOMEI Partition Assistant Professional

AOMEI Partition Assistant Professionalは強力なパーティション管理ソフトウェアとして、もちろんESPの削除を完璧にサポートしています。HDD上のファイルを失う心配がなくてESPを削除します。当製品はWindowsのあらゆるバージョンの32ビットと64ビットに対応しています。ところで、GPTパーティションタイプをMBRへの変換、ブータブルメディアを作成をはじめ、いろんな機能があります。では、ESPを削除する方法を紹介します。

どうやってESPを削除しますか

1. 当製品を購入してダウンロードします。インストールしてから実行します。

2. USBフラッシュドライブまたはCDをパソコンに挿入して、当製品のメインインタフェースに「ブータブルCD/USBの作成」をクリックします。出ているウィザードの指示に従ってブータブルメディアを作成します。

Make Bootable Media

3. ブータブルメディアからブートして、AOMEI Partition Assistantが自動に実行します。メインインタフェースにESPを右クリックして、パーティションを削除を選択します。

Delete Partition

4. 出ているダイアログボックスに「パーティションを高速削除」または「パーティションを削除して、そのデータを消去します」のいずれを選択して、「はい」をクリックします。

OK

メモ:

  • パーティションを高速削除はパーティションセクタを消去せずにパーティション削除します。

  • パーティションを削除して、そのデータを消去しますはパーティションを削除した上でセクタを完全に消去するので、データリカバリーソフトがパーティション上のデータを回復不能です。

ESPを削除すると、未割り当て領域になります。未割り当て領域を他のパーティションと合併してパーティションを拡張できます。左上にある適用ボタンをクリックして操作を適用することを忘れないでください。