ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月03日

ディスクにある未割り当て領域を正常なパーティションに変換して空き容量を最大限に活用したいのですか?この記事では、未割り当て領域で新規パーティションを作成する方法と未割り当て領域で既存のパーティションを拡張する方法を説明します。

消えたディスク容量:未割り当て領域

お使いのPCでWindowsエクスプローラーを開き、そこに表示される各パーティションの容量をあわせて、この値はPCにつけるディスクの容量に合いますか?もし本来あるべき容量より明らかに少ない場合は「ディスクの管理」ユーティリティーを開いてPCのディスク状況を確認できます。未割り当て領域がある可能性が強いです。

「未割り当て」の領域は、パーティションが割り当てられていない領域です。ストレージドライブ(HDD、SSD、SDカードやUSBメモリなど)上の全てパーティションに属していない物理領域は「ディスクの管理」で未割り当て領域と表示されます。これは、その領域がオペレーティングシステムにより割り当てていなくてデータを書き込むことができないことを意味します。従って、Windowsエクスプローラーでそれらの容量を見えないのは当然なことです。未割り当て領域はディスクに利用可能領域が実際より小さい問題の最も重要な原因の一つです。

割り当て:未割り当て領域の対応策

上記のように、未割り当て領域はディスクの一部の領域が未割り当てて未使用な状態に放置されます。貴重なディスク領域にとって、本当にもったいないことです。未割り当て領域は自動に割り当てないので、それらの領域を回復し、ディスクを最大限に活用するため、未割り当て領域を手動で割り当てる必要があります。

Windowsで未割り当て領域を活用

ディスク上の未割り当て領域を消すには、未割り当て領域で新しいパーティションを作成するか未割り当て領域を既存のパーティションと合併してパーティションを拡張します。Windowsの内蔵ユーティリティー「ディスクの管理」とプロ向けのディスク管理ソフトがこのタスクを達成できます。

方法1:「ディスクの管理」で未割り当て領域を利用

まず、ディスクの管理を開きます。デスクトップにマイコンピュータ/PCを右クリックし、ポップアップメニューに「管理」→「記憶域」→「ディスクの管理」を選択します。または、Winキー+Rキーを合わせて押して、「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスに「diskmgmt.msc」と入力して「OK」をクリックします。

機能1:未割り当て領域を利用して新規パーティションを作成

未割り当て領域のセルを右クリックして、ポップアップメニューから「新しいシンプルボリューム」をクリックします。ポップアップウィンドウのウィザードに従って新しいパーティションを作成します。

ディスク管理でパーティションを作成

機能2:未割り当て領域を既存のパーティションと合併

「ディスクの管理」ユーティリティーは未割り当て領域を隣接のパーティションと合併できます。未割り当て領域の隣のパーティションを右クリックし、ポップアップメニューに「ボリュームの拡張」を選択します。ポップアップウィンドウにガイドに従ってパーティションを拡張します。

ディスク管理でパーティションを拡張

2つの方法で、未割り当て領域がなくなって新しいパーティションを作成するか、他のパーティションを拡大することになります。

ただし、リムーバブルディスクを割り当てたり、3TBのMBRディスクに新規パーティションを作成しようとすると、「新しいシンプル ボリューム」項目はグレイアウトになって利用できないことに気づきます。それは、Windowsでの多くの制限(例えば、リムーバブルディスクを再度にパーティションできない、MBRディスクは2TBまでの容量しかサポートしないし、最大4つのプライマリパーティションしか作成できません。)によって生じた不便です。

さらに、このユーティリティーは未割り当て領域の右側と隣接するパーティションをのみ拡張できます。すなわち、他のパーティションを右クリックすると、「ボリュームの拡張」はグレイアウト状態です。どちらの場合も未割り当て領域の利用に支障をきたします。この時、プロ向けのディスク管理ソフトAOMEI Partition Assistant Professional版に切り替えることを検討してください。詳しくは読み続きます。

方法2:AOMEI Partition Assistantを利用して未割り当て領域を管理

AOMEI Partition Assistant Professional版は現時点で最も強力なディスク管理ソフトの一つです。「ディスクの管理」で機能上の制限により解決できない問題はこのソフトを利用してうまく解決できます。AOMEI Partition Assistant Professional版はデータを失うことなくMBRディスクをGPTに変換できます。それで、GPTディスクにより多くのパーティションを作成できます。また、リムーバブルディスクのパーティション編集に対応するので、勝手のいいようにパーティションを作成できます。さらに、AOMEI Partition Assistant Professional版はディスク上の任意のパーティション/未割り当て領域を合併させられ、互いに隣接するかどうかにかかわらず、容易に結合できます。

上記のように、AOMEI Partition Assistant Professional版は未割り当て領域を利用してパーティションを作成したり、既存のパーティションを拡張したりできます。さらに、このソフトで隠しパーティションを削除できます。早速AOMEI Partition Assistant Professionalを利用してディスクをより簡単に管理しましょう。

機能1:新規パーティションを作成

1. AOMEI Partition Assistantをインストールして開きます。メインインタフェースに未割り当て領域のセルを右クリックして「パーティションを作成」を選択します。

パーティションを作成

2. ポップアップウィンドウに作成するパーティションのサイズとディスク上の位置を編集してから、「はい」をクリックしてメインインタフェースに戻ります。

パーティションを編集

3. メインインタフェースの左上に「適用」をクリックしてパーティションの作成作業を続行します。

適用

機能2:未割り当て領域と既存のパーティションを合併

1. AOMEI Partition Assistantlのメインインタフェースに未割り当て領域のセルを右クリックして「パーティションを結合」をクリックします。

パーティションを合併

2. ポップアップウィンドウに、未割り当て領域が自動的に選択され、合併したい既存のパーティションをチェックして「はい」をクリックします。

パーティションを選択

3. メインインタフェースに「適用」をクリックしてパーティションの結合作業を実行します。

適用

まとめ

この記事に掲載する方法はWindowsで未割り当て領域を活用させるに役立ちます。パーティションの作成や合併以外に、AOMEI Partition Assistant Professional版はパーティションを消去、コピー、移動、フォーマットや分割などをサポートします。さらに、ディスクをGPTとMBRの間で変換、ディスクの高速分割、SSDの安全消去など高度な機能は貴方のディスクを効率的に管理できます。

はい、以上です。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。

最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!