By Akira / 最後の更新 2022年04月11日

ボリュームを削除する必要があるのはどんな場合ですか?

「ディスクの管理」の「ボリュームの削除」機能は、内蔵ハードディスクや外付けハードディスクからパーティションを削除するのに役立ちます。通常、パーティションの削除はその動機から外れています。

▶ ハードディスクにあるパーティションの数を減らします。
▶ 同じディスクにある別のパーティションのサイズを大きくするために、未割り当てのスペースを確保します。
▶ パーティションにあるすべてのデータを消去します。

例えば、以前プライマリハードディスクに3つのパーティションを作成したが、今は2つのパーティションだけにしたい場合、ディスクの管理で不要になったパーティションを削除することができます。

「ディスクの管理」でボリューム/パーティションを削除する方法

削除するとパーティション上のすべてが消去されるため、パーティションに必要なファイルがないことを確認する必要があります。または、重要なファイルを事前にバックアップすることもできます。これで、次の手順に従って、Windows 11、10、8、7、XP、またはVistaのディスクの管理を使用してディスク上のパーティションを削除できます。

ステップ 1. 「Windows+R」キーを押し、「Diskmgmt.msc」と入力し、「はい」をクリックし、「ディスクの管理」を開きます。

ディスクの管理

ステップ 2. 「ディスクの管理」インタフェースに、接続されているすべてのディスクがリストアップされます。削除したいパーティションを探し出し、右クリックして「ボリュームの削除」を選択します。

ボリュームの削除

ステップ 3. もしひとつ以上のパーティションを削除したい場合は、ステップ2を繰り返す必要があります。

ステップ 4. しばらくすると、操作が完了します。そして、未割り当てのスペースのブロックが表示されます。それを使って、別のパーティションを拡張したり、その上に新しいパーティションを作ったりすることができます。

パーティションを拡張

ディスクの管理でボリュームの削除がグレーアウトしている

ほとんどの場合、ディスク管理の「ボリュームの削除」機能を使用して、ディスクからパーティションを削除できます。ただし、次のいずれかの場合、オプションは無効になります。

ボリュームの削除がグレーアウト

考えられる原因は下記の通りです:

削除するパーティションは、OSがインストールされている状態です。OSを起動したまま削除することはできません。

そのパーティションは拡張パーティションであり、その上に論理パーティションがあります。すべての論理パーティションを削除してから、拡張パーティションを削除してください。

パーティションがUSBフラッシュドライブまたはSDカードにあります。以前のバージョンのWindows OSでは、リムーバブルデバイス上のパーティションをディスクの管理で削除することはできません。

パーティションにページファイルやブートファイルが含まれています。

ディスクの管理でボリュームの削除がグレーアウトした場合の対処法

Windowsのディスクの管理でパーティションの削除ができない場合、次の2つの簡単かつ便利な対処法を参照してください。

1. DiskpartユーティリティでUSBのパーティションを削除する

ディスクの管理でUSBメモリやSDカードのパーティション削除に失敗した場合、Diskpartユーティリティに頼ることができます。

まず、Windows+Rキーを押して、「diskpart」と入力し、「OK」ボタンをクリックして、Diskpartを起動します。それから、以下のコマンドを実行してください。

diskpart

list disk(コンピュータ上のすべてのドライブをリストアップします。)

select disk n(nはUSBのディスク番号です。)

list partition(USB上の全パーティションのリストが表示されます。)

select partition n(nは削除したいパーティションの番号です。)

delete partition

パーティションを削除

注意:OEMパーティションのようなシステムで保護されたパーティションを削除するには、「delete partition」コマンドを「delete partition override」コマンドに置き換えることができます。しかし、「delete partition override」はシステムパーティション、ブートパーティション、ページファイル、ハイバネーションファイル、クラッシュダンプファイルを含むパーティションの削除に使用すると、機能しません。

ディスク上に2つ以上のパーティションがあり、すべてのパーティションを削除する場合は、以下のようにコマンドを実行します。

▪ diskpart

▪ list disk

▪ select disk n

▪ clean 

2. サードパーティ製ツールでパーティションを削除する

システムパーティション、EFIパーティション、またはUSBフラッシュドライブ上のパーティションを削除したい場合、ディスクとパーティション管理のための優れたツールであるAOMEI Partition Assistant Professionalを使用することができます。これは使いやすいGUIツールで、コンピュータの知識が浅い人に非常に適しています。Windows 11/10/8/7/XPとVistaでパーティションを削除するためにそれを使用する方法を参照してください。

注:PA Proのデモ版を無料でダウンロードできますので、お試しください。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、インストールし、起動します。削除したいパーティションを見つけて右クリックし、「パーティションを削除」を選択します。

パーティションを削除

ステップ 2. ポップアップウィンドウで「パーティションの高速削除」を選択し、「はい」をクリックして次のステップに進みます。

パーティションの高速削除

ステップ 3. そしてメイン画面に戻ります。「適用」→「続行」をクリックしてパーティション削除の操作を実行します。

開始

注意:OSが正常に起動することを確保するために、AOMEI Partition Assistantは、システムパーティションを直接削除することを許可しません。システムパーティションを削除したい場合には、AOMEI Partition Assistantでブータブルメディアを作成し、ブータブルメディアから起動し、システムパーティションを削除することができます。

まとめ

「ディスクの管理」を使ってボリューム/パーティションを削除する方法は以上です。また、ディスクの管理でボリュームの削除がグレーアウトした場合は、AOMEI Partition Assistantを利用して、簡単に解決できます。

さらに、このソフトは、ベーシックディスクからダイナミックディスクへの変換、MBRディスクからGPTディスクへの変換、ディスクのクローンなどもサポートします。ご興味があれば、ぜひダウンロードしてお試してみましょう~