ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月03日

Dell ExtPartについて

Dell ExtPartはディスクパーティションのマネージャーツールです。それはWindowsの古いバージョンをサポートします。例えば、「ディスクの管理」やDiskPart.exeのないWindows 2000です。そのため、古いWindowsシステムを実行したユーザーはExPartを使用し、オンラインでパーティションを拡張、縮小するほうが好きです。それはコンピューターをシャットダウンせずにシステムパーティションを拡張できることを意味します。しかし、それは完璧ではありません。extpart.exeを使用してC:ドライブを拡張しようとする時、「Dell Extpart unable to connect to C or it doesn't exist」というエラーを受けます。ダウンタイムを起こさずにこれを修正する方法がありますか。

ExPartは接続に失敗したのを修正する方法 

何らかのアプリケーションまたはサービスは拡張するつもりのパーティションをロックしていると、このエラーは発生します。したがって、これを修正するために、これに影響を与えるかもしれない一部のサービスとアプリケーションを無効にするか、閉じることを試すことができます。

1. HDDを管理できる他のアプリケーションまたはプログラムをすべて閉じます。例えば、ディスクの管理です。

2. システムの保護を一時的に無効にします。

3. バックグラウンドで実行されているバックアップがないことを確認します。

4. システム問題を起こせない一部のサービスを終了します。例えば、ボリュームシャドウコピー、Windows検索です。

5. これらのすべてのステップを試した後、ExtPartはまだCドライブに接続できない場合、いくつかの基本的なドライバーとサービスのみが実行しているセーフモードでコンピューターを再起動できます。ExtPartがシステムのボリュームを拡張するのを止めるアプリケーションはセーフモードにありません。

もし以上の解決案に満足しないなら、他の無料パーティションマネージャーソフトウェアを使用して任意のパーティションを拡張できます。

パーティションを拡張するより良い方法

ExtPartを動作させるためにこれらのすべてのステップを実行する代わりに、他の無料プログラムを試すことができます。例えば、AOMEI Partition Assistantを使用して制限なしでパーティションを拡張します。このフリーソフトを使用する時、Dell ExPartエラーのようなもので他のサービスやプログラムに中断されることはありません。連続した未割り当て領域があるパーティションを拡張できるだけでなく、それは「パーティションをマージ」を使用して同じHDD上の任意のパーティションに未割り当て領域を追加できます。

ステップ1: 管理者としてそれをダウンロードして起動します。その直観的なインターフェイスに入ります。

ステップ2: C:ドライブを右クリックして「パーティションをリサイズ」を選択します。

リサイズ

ステップ3: ポップアップで、パーティションの右端を右にドラッグしてパーティションを拡張します。そして「はい」をクリックします。

サイズを調整

ステップ4: 今、操作後のレイアウトをプレビューできます。問題がないなら「適用」をクリックしてこれらの変更を実行します。

適用

短い時間で、このプロセスは終了し、「Dell ExPart unable to connect to C or it doesn’t exist」という問題を解決しました。また、AOMEI Partition Assistantは他の有用な機能が沢山あります。例えば、SSDへOSの移行、ディスクのコピー、Windows to go creatorです。それに加えてAOMEI Partition Assistant Professionalは「空き領域を割り当てる」機能を提供してパーティションを拡張し、MBRとGPT間でシステムディスクを変換し、ベーシックにダイナミックディスクを変換します。サーバーユーザーである場合、AOMEI Partition Assistant Serverを試します。