By Akira / 最後の更新 2021年12月29日

実例:ディスククリーンアップおよびデフラグを実行したい

 

PCでキーボードの文字入力・変換の反応が遅いです。プログラムのロードやWindows 10の起動に時間がかかります。だから、ディスククリーンアップおよびデフラグを実行したいです。ディスクのクリーンアップとデフラグの両方を行う方法はありますか?利用可能なソフトウェアはありますか?

- 掲示板からの質問

ディスククリーンアップおよびデフラグを実行する原因

時間の経過とともに、PCはますます遅くなる可能性があります。

一方では、Cookieやキャッシュを含むジャンクファイルはシステムパフォーマンスに悪い影響を与えます。一方、多くのファイルは断片化されているため、読み取りと書き込みの速度が低下します。したがって、Windows 11/10/8/7でPCのパフォーマンスを向上させ、よりスムーズに実行するには、ハードディスクのクリーンアップと最適化の両方を定期的に行う必要があります。

Windows 10でディスクをクリーンアップする3つの方法

ディスクのクリーンアップとデフラグを行うツールはありますか?この質問に答える前に、まずWindows 11/10/8/7に内蔵されているディスククリーンアップとデフラグのためのツールを確認しましょう~

1. 「ディスククリーンアップ」でディスクをクリーンアップ

ディスククリーンアップは、C、D、E、Fなどのディスクをディープクリーンアップするための最も効率的なWindows 10組み込みユーティリティです。ディスクに詰まっているジャンクファイルが多すぎる場合は、このユーティリティを使用することをお勧めします。

1. 左下の検索ボックスに「ディスククリーンアップ」と入力し、Enterキーを押します。「ディスクのクリーンアップ」ダイアログボックスが表示します。

2. クリーンアップするディスクを選択し、「OK」をクリックします。

3. クリーンアップするものにチェックを入れ、「OK」をクリックします。

4. 確認画面が表示されたら、操作を確認します。

ディスクをクリーンアップ

2. 記憶域をオンに切り替える

ディスククリーンアップと同様に、「記憶域」はより強力で効率的なWindows内蔵のディスククリーンアップユーティリティです。その最も大きな特徴の1つは、一定期間ごとにPCをクリーンすることです。では、記憶域をオンにして、ディスクスペースを解放しましょう~

1. スタートメニューで「設定」を選択します。

2. Windowsの設定のページで、「システム」をクリックします。

3. 左側の「記憶域」を選択し、右側の「記憶域」をオンに切り替えます。

記憶域

注:記憶域をオンにすると、PCのディスク容量が不足している場合にのみ機能します。今すぐディスクをクリーンアップするには、「ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する」を選択し、「今すぐクリーンアップ」をクリックする必要があります。

3. Hiberfil.sysファイルを削除

ハイバネートモードは、CドライブにたくさんのHiberfil.sysファイルを生成します。だから、Cドライブのクリーンアップのための1つの方法は、コマンドプロンプトの助けを借りて、Hiberfil.sysファイルを削除することです。

1. 検索ボックスで「コマンドプロンプト」と入力し、結果を右クリックして「管理者として実行」を選択します。

2. ポップアップウィンドウに「powercfg.exe -h off」と入力し、Enterキーを押します。

コマンド

Windows 10でディスクをデフラグする方法

時間が経つとディスクは断片化されます。断片化が進むと、ハードディスクに余計な負荷がかかり、書き込みや読み出しの速度が低下するため、パソコンの動作が遅くなります。幸いなことに、Windows 11/10/8/7では、内蔵のツールを使って、断片化されたデータを再配置して、ディスクとドライブがより効率的に動作できます。

以下の場合のみ、ディスクのデフラグが必要です:
1. 大量のファイルが追加されています。
2. ディスクの空き容量が15%程度しか残っていません。
3. 新しいプログラムまたは新しいバージョンのWindowsがインストールされています。
4. フラグメンテーションが15%を超えています。

1. 検索ボックスに「デフラグ」と入力します。

2. 「ドライブのデフラグと最適化」をクリックします。

3. ターゲットドライブを選択し、「分析」をクリックし、完了するまで待ちます。

4. 断片化率が15%以上の場合、デフラグを起動する必要があります。

デフラグ

最適なディスククリーンアップとデフラグツール

AOMEI Partition Assistant Professionalはオールインワンのディスクマネージャーユーティリティで、わずか数ステップでディスクの消去やデフラグを行い、ディスクを完全にクリーンアップするのに役立ちます。ディスククリーンアップとデフラグ以外にも、ファイルの完全消去、システム全体のパフォーマンスを向上させるHDDからSSDへのOS移行などの機能にもサポートします。

ここでは、AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードして、以下の手順に従ってディスククリーンアップとデフラグを実行しましょう~

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

1. AOMEI Partition Assistantでディスクをクリーンアップ

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動し、クリーンアップしたいHDDを右クリックして、「ハードディスクを消去」を選択します。

ハードディスクを消去

ステップ 2. 次のポップアップウィンドウで消去方式を一つ選択します。ここでは「全セクタにゼロを書き込む(安全かつ迅速)」を例として選択しましょう。

消去方式

ステップ 3. 「はい」をクリックした後、メインな画面に戻ります。ツールバーの「適用」⇒「続行」をクリックしてHDD完全消去を始めます。

適用

2. AOMEI Partition Assistantでディスクをデフラグ

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantを起動て、左側のメニューで、「ディスクデフラグ」をクリックするか、ディスクを右クリックして「ディスクデフラグ」を選択します。

ディスクデフラグ

ステップ 2. ターゲットディスクにチェックを入れ、「分析」をクリックします。

分析

ステップ 3. 分析が完了した後、プログラムは断片化率に基づいて分析されたパーティションをスコアリングします。スコアに応じて3つのステータスがあります。

正常:スコア≥90。現在のディスクは良好な状態であり、最適化の必要はありません。
デフラグを推奨:60≤スコア<90。現在のディスクにはいくつかの断片があるため、デフラグを実行することをお勧めします。
今すぐデフラグ:スコア<60。現在のパーティションに多くの断片があるため、すぐにデフラグを実行することをお勧めします。

さらに、テトリスビューを介して断片化されたファイルの分布を確認できます。

ディスクのデフラグ

ステップ 4. 分析が完了したら、「デフラグ」ボタンをクリックしてデフラグを開始します。

デフラグ

デフラグが完了するまでしばらく待ちます。その後、ディスクは再びスコアリングされます。

まとめ

Windows 11/10/8/7にディスクのクリーンアップとデフラグツールはありますか?この記事では、ディスクのクリーンアップとデフラグを行うためのWindows内蔵ツールを使用して、ディスクをクリーンアップおよびデフラグする方法を学びました。最後に、サードパーティ製の強力なソフトウェアユーティリティを紹介し、ハードディスクのクリーンアップとデフラグを効率的に行う方法を説明しました。Windows Serverユーザーの場合は、AOMEI Partition Assistant Serverを利用してください。