By Asher / 最後の更新 2022年03月28日

ディスクの管理について

ディスクの管理は、Microsoftによって開発されたWindowsシステムプログラムあり、新しいパーティションの作成、ボリュームの拡張、ボリュームの縮小、ドライブ文字の変更、新しいドライブ文字の割り当てなどの高度なストレージタスクを実行できます。では、Windows 7、8、10、11でパーティションのサイズ変更、作成、フォーマットを行うために、ディスクの管理に入るにはどうすればいいでしょうか?ここでは、ディスクの管理を開くいくつかの方法を示します。

方法1:デスクトップの左下隅にあるスタートボタンを右クリックして、メニューの中から「ディスクの管理」を選択します。

ディスクの管理

方法2:デスクトップの「コンピューター」または「PC」アイコンを右クリックして「管理」>「記憶域」>「ディスクの管理」を選択します。

ディスクの管理

方法3:「Windows+R」キーを押し、「diskmgmt.msc」と入力し、「はい」をクリックします。

ファイル名を指定して実行

方法4:検索ボックスに「cmd」と入力して、Enterキーを押します。そして、コマンドプロンプト画面で「diskmgmt」と入力し、Enterキーを押します。

コマンドプロンプト

方法5:「コントロールパネル」または「スタート」メニューの検索ボックスに「パーティション」を入力し、「ハードディスクパーティションの作成とフォーマット」をクリックし、「ディスクの管理」に入ることができます。

パーティションの検索

もし、Windows 11の「ディスクの管理」を起動したい場合は、以下の記事を参照してください。

Windows 11用の実用的なディスクの管理ツール!

周知のように、ディスクの管理にはいくつかの制限があります。

★ディスクの管理でボリュームを拡張するとき、未割り当て領域は拡張するパーティションの右側にある必要があります。

★ディスクの管理でパーティションを縮小すると、最大半分くらいまでしか縮小できません。または、システムパーティションを縮小する場合、データの移動を伴うため、コンピュータの再起動が必要になります。

★ディスクの管理はパーティションを移動できません。

★ディスクの管理はパーティションを直接結合できません。

★ディスクの管理で新しいパーティションを作成する場合、パーティションを縮小して未割り当て領域を取得する必要があります。操作が煩雑であり、パーティションを直接分割することもできません。

★ディスクの管理は、ハードディスクをNTFS、exFAT、FAT32としてのみフォーマットでき、32GBを超えるパーティションをFAT32としてフォーマットすることはできません。

★ディスクの管理は、パーティションのあるダイナミックディスクをベーシックに変換できません。

このため、ディスクの管理でオプションがグレー表示されるという問題が発生する可能性があります。

ディスクの管理でオプションがグレー表示問題と修正方法

Windows 11/10/8/7 PCのディスクの管理でいくつかのエラーメッセージが表示される場合があります。

エラー1.「ボリュームの拡張/縮小」オプションがグレー表示されます。

エラー2.「ボリュームのフォーマット」オプションがグレー表示されます。

エラー3.「ボリュームの削除」オプションがグレー表示されます。

ここでは、Windows 11/10/8/7のディスクの管理でオプションがグレー表示されたエラーが発生する理由を説明し、簡単かつ安全に修正する方法を説明します。

エラー1:「ボリュームの拡張/縮小」オプションがグレー表示される

ボリュームの拡張がグレー表示される理由:Windows 11/10/8/7のディスク容量不足の問題を修正するために、未割り当て領域/空き領域のあるパーティションを拡張する必要がある場合があります。連続した未割り当て領域/空き領域が拡張するボリュームの背後(右側)にない場合、または操作しようとしているパーティションがNTFSパーティションではない場合(ディスクの管理では、「ボリュームの拡張」はRAWまたはNTFSパーティションに対してのみ有効だからです)、ディスクの管理で「ボリュームの拡張」がグレー表示されます。

ボリュームの拡張

ボリュームの縮小がグレー表示される理由:選択したパーティションに十分な空き領域がない場合、または操作しようとしているパーティションがNTFSファイルシステムではない場合、ディスクの管理で「ボリュームの縮小」がグレー表示されます。したがって、操作するために、十分な連続して利用可能なスペースを確保(不要なファイルを削除したり、不要なプログラムをアンインストールしてスペースを解放したり、他のパーティションを縮小して利用可能なスペースを確保することができます)するか、またはパーティションをNTFSファイルシステムに変換できます。

修正方法1:DiskPartを使用してボリュームを拡大/縮小

手順 1. 「Windows+R」を同時に押し、「diskpart」と入力して、「Enter」をクリックし、diskpartコマンドプロンプトを開きます。

手順 2. 次に、以下のコマンドを入力して、ボリュームを拡大/縮小します。

list volume

select volume n(nは拡張/縮小するパーティションのドライブ文字です)

extend/shrink desired=size

DiskPartの縮小ボリューム

これで、Diskpartを使用してボリュームを正常に拡張/縮小します。

修正方法2:AOMEI Partition Assistantを使用してボリュームを拡大/縮小

ディスクの管理の「ボリュームの拡張/縮小」オプションがグレーアウト表示される問題は、AOMEI Partition Assistant Standardという強力なサードパーティのディスクパーティションソフトによって修正できます。このフリーソフトは、ディスクパーティションを管理するための包括的なツールです。以下は、AOMEI Partition Assistantを使用してボリュームを拡大/縮小する手順です。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、インストールし、起動します。縮小するパーティションを選択して右クリックして「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションをリサイズ/移動

手順 2. ポップアップウィンドウで、右にドラッグしてパーティションを縮小します。次に、「はい」をクリックします。

バーの移動

手順 3. そしてメイン画面に戻ります。「適用」をクリックして、未割り当てのスペースを取得します。

適用

手順 4. そして、ハードドライブに未割り当ての領域があります。あるドライブを拡張するには、そのドライブを右クリックして、「パーティションを結合」を選択します。

パーティションを結合

手順 5. 拡張するパーティションと結合する未割り当て領域を選択し、「はい」をクリックします。

はい

手順 6. 左側の保留中の操作一覧で変更をプレビューできます。変更を保存するには、ツールバーの「適用」>「続行」をクリックしてください。

適用

さらに、AOMEI Partition Assistantは、空き領域の割り当て、OSからSSDへの移行、コマンドラインパーティション、MBRからGPTへの変換などの多くのすばらしい機能を提供します。サーバーユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Serverを体験できます。

エラー2:「ボリュームのフォーマット」オプションがグレー表示される

原因:システムパーティションをフォーマットしたい場合、またはフォーマットしたいパーティションが破損しているか、不良セクタがある場合、「ボリュームのフォーマット」がグレー表示されます。Windows 11/10/8/7ではシステムパーティション(通常はCドライブ)をフォーマットすることはできません。これは、システムファイル、ページファイルなどは削除できないためです。

修正方法1:CMDを使用してボリュームをフォーマット

手順 1. スタートをクリックして「cmd」を入力し、それを右クリックして「管理者として実行」を選択します。

手順 2. 次に、次のコマンドを入力して1つずつ実行します。

diskpart

list volume

select volume n(nはフォーマットしたいボリュームのドライブ文字です)

format fs=ntfs

exit

Diskpartフォーマット

修正方法2:AOMEI Partition Assistantを使用してボリュームをフォーマット

AOMEI Partition Assistant Standardを使用して、一般的なパーティションをフォーマットするだけでなく、システムパーティションをフォーマットすることもできます。以下は、システムパーティションをフォーマットする手順です(ノート:フォーマットする前に、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用してブータブルメディアを作成する必要があります)。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

手順 1. AOMEI Partition Assistantを起動します。そしてUSBドライブまたはCD/DVDをコンピュータに挿入します。

手順 2. ウィザードタブの下にある「ブータブルCD/USBを作成」をクリックし、ウィザードに従って起動可能なCDまたはUSBディスクを作成します。

ブータブルメディアの作成

手順 3. その後、コンピュータをシャットダウンし、作成されたブータブルメディアから起動するように起動順序を変更し、AOMEI Partition Assistantを起動します。

手順 4. システムパーティションを右クリックして「パーティションをフォーマット」を選択します。

パーティションフォーマット

手順 5. ポップアップウィンドウで、パーティションラベル、ファイルシステム、クラスタサイズを設定できます。

ファイルシステムの選択

手順 6. メイン画面に戻り、仮想結果をビューすることができます。問題なければ「適用」をクリックし操作を実行します。

適用

エラー3:「ボリュームの削除」オプションがグレー表示される

原因:論理パーティションを持つ拡張パーティションを削除するか、またはシステム/ブートパーティションを削除すると、「ボリュームの削除」オプションがグレー表示されることがあります。

修正方法:AOMEI Partition Assistantを使用してボリュームを削除

ディスクの管理で論理パーティションを削除した後、拡張パーティションを削除できます。システム/ブートパーティションを削除するには、起動可能なメディアを作成してそこから起動して、AOMEI Partition Assistant Standardを使用してWindows PE環境でシステム/ブートボリュームを削除します。システム/ブートパーティションを削除する前にハードドライブをバックアップすることを忘れないでください。

手順 1. 起動可能なメディアからコンピューターを起動し、AOMEI Partition Assistantを実行し、システム/ブートパーティションを選択して右クリックして「パーティションを削除」をクリックします。

パーティションを削除

手順 2. 次のポップアップウィンドウで、1つの削除方法を選択します。そして「はい」をクリックして続行します。

削除方法

手順 3. 最後は仮想結果を確認し、問題なければ「適用」をクリックしてパーティション削除操作を実行します。

適用

また、ハードドライブ上に不良セクタがある場合、ディスクの管理でボリュームの拡張/縮小/フォーマット/削除機能を使用できなくなります。したがって、ディスクをチェックして、不良セクタがあるかどうかを確認する必要があります。AOMEI Partition Assistantの「不良セクタをチェック」機能でハードドライブ上のパーティションのエラーをチェックして修復することができます。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Standardを起動します。メイン画面で、チェックしたいパーティション(不良セクタがあるドライブ)を右クリックし、「詳細処理」>「パーティションをチェック」を選択します。

パーティションチェック

手順 2. エラーをチェックする方式を選択します。

方式を選択

手順 3. ポップアップウィンドウで「開始」ボタンをクリックして不良セクタのチェックを実行します。

開始

結論

上記は、Windowsのディスクの管理ですべてのオプションがグレー表示されている問題を修正する方法についてです。

ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]

最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!