ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年07月01日

    仮想ディスクサービスにエラーがあるから、diskpartツールを実行する時に不具合が発生する問題を解決します

    diskpartツールがうまく実行できません

    Windows 7/8/10またはWindows Server 2008/2012/2016の組み込みコマンドラインツール「diskpart.exe」を使用して、HDDかパーティションを管理すると、「disk management services could not complete the operation」または「DiskPart has encountered an error: The RPC server is unavailable.」というエラーメッセージが表示されて操作を実行できないことがありますか。

    これらのエラーメッセージがでる主な原因は仮想ディスクサービスが無効になったことです。仮想ディスクサービスはdiskpartのストレージ管理に関して管理者権限を提供するサービスです。このサービスが無効になると、diskpartが正しく機能できません。

    クイックソリューション

    diskpartツールが機能しない原因ははっきりしているので、次の手順で簡単に復旧できます。

    1. WindowsキーRを合わせて押します。「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスに「diskpart」を入力して「OK」をクリックします。

    サービス

    2. サービス」ウインドウで、下にスクロールして「Virtual Disk」サービスを探してダブルクリックします。

    仮想ディスクサービス

    3. 出ているプロパティウインドウに、「スタートアップの種類」を「無効」から「自動」または「手動」に切り替えます。

    スタートアップ

    4. diskpartツールはまだ機能しない場合は同じ方法で「Logical Disk Administrative」サービスを手動で実行します。

    これらの手順で、diskpartの問題は解決するはずです。実は、まだこのツールが機能しない場合は無料の素晴らしい代替ソフトを使えます。

    diskpartの代替ソフト

    AOMEI Partition Assistant Standardは無料のディスクとパーティション管理ソフトです。HDD、SSD、SDカードやUSBフラッシュドライブなどのデバイスのパーティションを移動、リサイズ、作成、削除、変換、移行やフォーマットなどの操作に対応しています。diskpartツールより遥かに強大な機能と簡潔で使いやすいユーザーインターフェースを備えています。これらの機能を持って、安全にディスクをGPTとMBRの間で変換したり、システムをSSDかHDDに移行したり、HDDを事前設定されたパーティションレイアウトですばやく割り当てたりすることができます。

    スタートアップ

    ところで、AOMEI Partition Assistantはコマンドプロンプトで操作できます。ほとんどの機能をコマンドラインの形式で使えます。このツールのプロ版はあるパーティションから空き領域を他のパーティションに割り当て、ダイナミックディスクを変換するような高度な機能を備えています。サーバーユーザーはAOMEI Partition Assistant Serverを使用できます。