By Comnena / 最後の更新 2022年05月17日

Diskpartは2TB以上のパーティションを拡張できない

Diskpartユーティリティーを使用して、2TBを超えたHDDを管理する時、Diskpartは2TB以上のパーティションを拡張できないことを見つけるかもしれません。同時に、仮想ディスクサービスのエラーが表示されます:

大容量のMBRディスクの、最初の2TBのみが利用可能です。2TBより大きなサイズのパーティションの作成、およびディスクのダイナミックスへの変換はできません。(Only the first 2TB are usable on large MBR disks. Cannot create partitions beyond the 2TB mark, nor convert the disk to dynamic.)

Diskpartエラー

または失敗する別の理由は次のとおりです。

ファイルシステムがそれをサポートしないので、ボリュームは拡張されることができません。(The volume cannot be extended because the file system does not support it.)

2TB以上のパーティションを拡張できない原因

コンピューターに新しいディスクを接続する時、Windowsはユーザーにそれを初期化させます。MBR(マスターブートレコード)またはGPT(GUIDパーティションテーブル)をそのパーティションスタイルとして選択できます。

MBRディスクパーティションスタイルでは、最大2TBのボリュームと1個のディスクに最大4つのプライマリパーティションをサポートします。

GPTディスクパーティションスタイルでは、18EBのボリューム、一つのディスクに最大128個のパーティションをサポートします。

理由1:お使いのディスクはMBRタイプです!MBRはパーティションあたり最大2TBをサポートします。

ただし、ディスクがGPTの場合でも、2TB以上のパーティションを拡張できないことがあります。これは、GPTディスクでサポートされる最大サイズがOS(Windows XP/Vistaなどの以前のWindowsバージョンの一部はGPTパーティションスタイルを認識できない)とファイルシステムに依存するためです。

Windowsに使用される最も一般的なファイルシステムはNTFSとFAT32です。

FAT32はちょっと古いで、1977年にMicrosoftによって作成されました。Windows以外の多くのOSにそれも利用可能です。しかし、それは最大2TBのボリュームサイズと4GBのファイルサイズをサポートします。4GBを超えるファイルがあり、または2TB以上のパーティションを持ちたい場合、パーティションをNTFSとして再フォーマットする必要があります。

NTFSはFAT32より新しいで1993年に導入されました。それはWindowsだけで動作するそうです。NTFSの最大パーティションサイズはクラスタサイズにより異なります。NTFSの最大サイズはクラスタサイズ * (2^32 -1)に等しいです。クラスタサイズのデフォルト値は4096バイトなので、NTFSの制限は16TBです。

理由2:GPTディスクのファイルシステムはFAT32です!FAT32ファイルシステムはパーティションのサイズを最大2TBに制限します。

2TB以上のパーティションを拡張できない問題を解決

上記の2つの理由から、次の2つの解決策があります。

方法1:お使いのディスクをMBRからGPTに変換

ツール1:ディスクの管理

Windowsは内蔵のパーティションツール「ディスクの管理」があって、空きMBRディスク(未割り当て領域として表示されます)をGPTディスクに変換できます。これを実現するために、すべてのボリュームを削除しなければなりません。変換の前に、ディスクをバックアップしたほうがいいです。

手順 1. 「ディスクの管理」を開きます。変換したいディスク上のパーティションを右クリックして、「ボリュームの削除」を選択します。

ボリュームを削除

手順 2. 全体ディスクは2つの分離した未割り当て領域として表示されることを見つけます。ディスクを右クリックして、「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTに変換

手順 3. 変換の後、ディスク全体を使用できます。

ツール2:AOMEI Partition Assistant Professional

AOMEI Partition Assistant Professional、専門的なパーティションマネージャーはディスク上のデータに影響を与えずにGPTへディスクを変換できます。システムディスクを変換するつもりなら、お使いのマザーボードサポートはEFI/UEFIブートモードをサポートすることを確認してください。それがどのように動作するか見てみましょう。

手順 1. このソフトウェアをダウンロードして、インストールし、起動します。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

手順 2. ディスクを右クリックして、「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクに変換

手順 3. 「はい」をクリックして操作を確認します。

操作を確認

手順 4. 「適用」をクリックして、操作を実行します。

適用

そして、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用して、パーティションを拡張することもできます。

ツール3:Diskpart

まず、Diskpartコマンドラインプロンプトを開きます。「スタート」ボタンをクリックし、検索ボックスに「cmd」と入力し、プログラムを右クリックし、「管理者として実行」を選択し、プロンプトを開き、「diskpart」と入力し、「Enterキー」を押し、Diskpartプログラムを開きます。次に、構文を使用してGPTディスクからMBRディスクに変換できます。ここでは、ディスク1をMBRディスクに変換することを例とします。

手順 1. Diskpartコマンドに「list volume」と入力し、GPTディスクにボリュームがあるかどうかを確認します。次に、すべてのボリュームが表示されます。

手順 2. 「list disk」と入力し、Enterキーを押します。ここで、コンピュータ上のディスクがすべて一覧表示されます。ここで変換するディスクを覚えておいてください。

手順 3. 「select disk 1」と入力し、Enterキーを押し、ディスクが選択されます。

手順 4. ディスクを選択した後、Diskpartコマンド「convert mbr」と入力し、Enterキーを押し、GPTからMBRディスクに変換します。

Diskpartコマンドラインプロンプト

方法2:データ損失なしでFAT32をNTFSに変換

ディスクをGPTディスクに変換した後、まだ2TBパーティションを拡張できない場合、パーティションのファイルシステムをチェックするかもしれません。通常に、FAT32をNTFSに変換するために、パーティションまたはボリュームを再フォーマットする必要があります。その結果として、ディスク上のデータがすべて削除されました。幸いなことに、強力なツールAOMEI Partition Assistant Proはデータ損失なしでFAT32をNTFSに変換することを許可します。

FAT32をNTFSに変換する手順:

手順 1. AOMEI Partition Assistantのインターフェースでは「NTFS to FAT32変換器」を選びます。

NTFS to FAT32変換器

手順 2. 次の画面が表示されます。「FAT32 to NTFS」を選択し、「次へ」をクリックします。

FAT32 to NTFS

手順 3. プログラムは条件を満たしたパーティションを検索します。FAT32パーティションを選択し、「次へ」をクリックします。

手順 4. ここで保留中の操作を表示できます。「続行」をクリックして確認します。

続行

その後、しばらくお待ちください。FAT32からNTFSへ変換するプロセスが終了すると、ウィンドウが表示されます。

まとめ

以上の2つの方法は、Diskpartは2TB以上のパーティションを拡張できない問題が修正されたはずです。AOMEI Partition Assistantは有用な機能を沢山提供します。それはブータブルメディアを作成、SSDにOSを移動、パーティションをリサイズするのに使用されます。ここはもっと多い機能を見られます。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019/2022(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Partition Assistant Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。

この記事が助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。最後までありがとうございます。