ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年09月03日

DoD 5220.22-Mハードディスク消去とは何ですか?

DoD 5220.22-M(別名「DoD基準」)は、ハードドライブやその他のストレージデバイス上の既存のデータを上書きすることにより、デバイスを消去するソフトウェアベースのデータサニタイズ方法です。このハードディスクの消去方式を使用すると、消去されたデータと情報を、ほぼすべてのソフトウェアベースの回復ツールで復元できません。

ハードドライブのデータを消去するためのDoD 5220.22-M「基準」が初めて出現したのは、データサニタイゼーション業界がまだ進化しつつあった初期の頃です。1995年の「米国国家産業保全プログラム運用マニ ュアル」で公開された「基準」では、ゼロと1のパターンによるハードドライブの上書き手順が規定されています。手順には3回のセキュアな上書きパスと最終パスの終わりに実施される検証が求められています。

Dod

DoD 5220.22-Mデータサニタイゼーション手法は通常以下のように実施されます:

  • ◆ パス1:すべてのアドレス指定可能なロケーションをバイナリーのゼロで上書きします。

  • ◆ パス2:すべてのアドレス指定可能なロケーションをバイナリーの1 (上記の補数) で上書きします。

  • ◆ パス3:すべてのアドレス指定可能なロケーションを無作為なビットのパターン(乱数)で上書きします。


これらの3つのパスにより、DoD基準のデータサニタイゼーション方法が以前のどの方法よりもはるかに安全になります。現在、DoD 5220.22-Mは、データ破壊ソフトウェアで最も一般的に使用されている方法の1つです。大半のデータサニタイゼーションソフトウェアはDoD 5220.22-Mを含む複数のデータサニタイゼーション方式をサポートしています。

Windows 10/8/7用の最高のDOD 5220.22-Mハードディスク消去ツール

それでは、DoD 5220.22-M基準でハードディスクを消去するにはどうすればよいですか?強力なDoDディスクソフトAOMEI Partition Assistant Professionalを心から強くお勧めします。それは7回までDoD標準でお使いのハードドライブを拭くことができます。さらに、全セクタにゼロを書き込む、セクタにランダムデータを書き込む、Gutmannという、他の3つのディスク消去方法を提供します。

このDoDディスク消去ユーティリティは、Windows 10/8/7/XP/VistaなどのWindowsオペレーティングシステム用に設計されています。そして、その直感的なインターフェースは、すべての操作を非常に簡単にします。

消去するハードドライブをコンピューターに接続し、デモバージョンをダウンロードし、ハードディスクを消去するDoDの詳細な手順を確認できます。


ステップ 1. AOMEI Partition Assistantを開き、DoD 5220.22-Mで消去するハードディスクを右クリックし、「ハードディスクを消去」をクリックします。

ハードディスクを消去

ステップ 2. 次に、ディスク消去方法から「DoD 5220.22-M」を選択し、ハードドライブに再書き込みする時間を決定します。

DoD 5220.22-M

ステップ 3. メインインターフェイスに戻り、「適用」をクリックしてDoDハードディスクの消去を実行します。

DODでハードディスクを消去

しばらく待つと、ハードドライブ上のデータは完全に消去されます。

A&Q

1. DoD 5220.22-Mは安全ですか?

実際には、DoDディスク消去からデータを回復する可能性がまだありますが、非常に低いです。個人およびほとんどの企業にとって、DoD 5220.22-M消去方式は十分に安全です。AOMEI Partition Assistant Professionalは他のハードディスク消去方法も提供しています。これらの違いを知りたい場合は、以下に簡単な比較を示します。

● DoD 5220.22-M対ゼロフィルまたはランダムデータフィル

ハードドライブ上のデータを効果的に消去するために、全セクタにゼロを書き込むか、セクタにランダムデータを書き込もうとしているユーザーが多いです。彼らはほとんどのソフトウェアベースの回復ツールからのデータ復旧を防ぐためにゼロまたはランダムなデータでハードディスクを上書きします。DoDハードディスク消去基準では、ドライブを上書きするなら、ハードドライブは最大7回上書きされます。したがって、DoDディスク消去は、ゼロフィルやランダムデータフィルよりも確実に安全です。

● DoD 5220.22-M対Gutmann

Gutmannは、ハードディスクを消去するための別の効果的な方法です。DoD5220.22-Mより、データの消去は徹底します。Guttmannは、DoDよりも高いセキュリティでハードドライブを上書きするために35回のパスを実行しますが、実装にかなり時間がかかります。特に、今日のハードドライブははるかに大容量で生産されています。さらに、Gutmannはハードドライブを頻繁にカバーするため、ドライブの摩耗は他の方法よりも激しいです。

要するに、DoDは、データセキュリティとハードドライブ自体のメンテナンスの方面には比較的安全です。

2. DoD基準のディスク消去にはどのくらい時間がかかりますか?

どのくらいの時間がかかるかとは言いがたい、ハードドライブの容量が大きく影響しています。ただし、一般に、ドライブを60 GBでフォーマットすると、15〜20分かかり、250 GBのハードドライブなら約80分かかるかもしれません。

3. SSDはDoDディスク消去方式で安全に消去できますか?

いいえ、できません。SSDにデータを書き込む方法はHDDとは異なるため、保存されたデータを上書きする方法も異なります。幸いなことに、AOMEI Partition AssistantはSSDの安全な完全消去の実行もサポートしており、SSDを安全に消去できます。

結論

とにかく、DoDディスク消去方法は、ハードドライブを完全に消去するための良い方法です。また、ゼロフィル、Gutmannなどの他の方法も良いです。それぞれに長所と短所があり、AOMEI Partition Assistantを使用して必要に応じて実行できます。

AOMEI Partition Assistant Serverはサーバーユーザー向けに提供されています。お使いのコンピューターがWindows Serverシステムで実行されている場合は、サーバーエディションを使用してください。

その他の問題を解決する場合、右欄の「人気記事」をご参照ください。もしより多くのディスクパーティション問題の解決方法を知りたいなら、「三浦大和」をクリックし、百篇以上の文章を参照することができます。

読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。