By Asher / 最後の更新 2022年01月12日

デフラグをするとパソコンが早くなる?

数年前に、この質問をしたら、答えはおそらく「はい」でしょう。しかし、後のコンピューターと新しいPCコンポーネントにより、この質問に対する答えはあいまいになります。そこで、ここではデフラグについて詳しく説明します。

ディスクをSSDに変更した場合は、デフラグする必要はない

1.SSDは消去と書き込みの回数が有限である

SSDのストレージユニットは、フラッシュメモリ粒子の電子ストレージに基づいており、消去と書き込みの制限数はそのストレージ特性によって決まります。したがって、SSDのシーク時間はほぼ0です。シーク時間は、主制御チップやフラッシュメモリパーティクルの技術に依存するため、理論的には変化しません。デフラグはSSDの消去回数を増やし、寿命を縮めます。SSDのパフォーマンスを向上させるために、SSDのアライメントを調整できます。

2.Trimとガベージコレクション

SSDを構成するフラッシュメモリは、HDDとは異なり既存データを上書きできません。SSDで構成されるフラッシュストレージへのデータの書き込みは、未使用状態のブロックにしか書き込めません。またブロック内に1つでも有効なデータが残っていると、元のブロック内の有効なデータを別の空きブロックにマージし、データがあった元のブロックを消去する必要があります。このようなSSD特有の挙動を「ガベージコレクション」といいます。ゴミ(Garbage)を収集(collection)して書き込む領域へ解放する意味になります。

最新のOSはTRIMコマンドをサポートします。OSが特定のファイルを削除するとSSDでガベージコレクションの管理効率化が可能になります。したがって容量の早期回復により無効データの保存や移動を防ぐようOSがSSDに指示するのがTRIMコマンドです。

ガベージコレクションとTrimは、すべてのセルの書き込みおよび削除の回数をほぼ均等にするアルゴリズム、ウェアレベリングとともに使用できます。これによりSSDの寿命を延ばすことができます。

したがって、SSDの構成は、最適化せずにディスクを効率的に管理できます。

ガベージコレクション

ただし、Trimコマンドはそれを効果的に変更します。OSはTrimコマンドを使用して、どのファイルがジャンクであるかをすぐにSSDに通知し、SSDがファイルを移動しないようにマークを付け、ガベージコレクションを実行する適切なタイミングを待ちます。これにより、消去の回数が大幅に減り、SSDの寿命が延びます。もし、SSDの寿命を延ばしたい場合、「SSDの寿命を延ばすいくつかの対策」という記事を参照してください。

ディスクはHDDである場合は、デフラグする必要がある

コンピューターを使用しているため、多くのファイルがドライブのさまざまな場所に保存されます。それらは分散されており、常にディスククラスタに保存されるわけではありません。しばらくすると、ディスクの断片化が発生します。その結果、ハードドライブはプログラムの実行に必要なすべてのファイルを見つけるのに多くの時間がかかり、ユーザーはコンピューターが遅くなると感じるでしょう。

デフラグ

デフラグは、システムプログラムまたは専門的なディスクデフラグソフトウェアを使用して、ディスクの長期使用中に発生されたフラグメントと乱雑なファイルを再整理し、それによってコンピューターの全体的なパフォーマンスと動作速度を向上させることです。

コンピューターをデフラグするのは良いですか?今、答えを知っているでしょう。

Windowsコンピューターをデフラグする方法

ハードドライブのパフォーマンスを向上させたい場合は、以下の内容を読み続けてください。

前述したように、システムプログラムまたは専門的なディスクデフラグソフトウェアがあります。今回はWindowsの2つのツール(CMD、ドライブのデフラグと最適化)とスマートデフラグを実行できる強力なサードパーティのディスクデフラグユーティリティについて説明します。

方法1.CMDを使用して一度デフラグを行う

CMDは、一度だけデフラグを行いたいユーザーにより適しています。

手順 1. 「Windows」+「R」を押して「ファイル名を指定して実行」ダイアログを開きます。

手順 2. 「cmd」と入力して「OK」をクリックします。

cmdを入力

手順 3. このウィンドウで、「defrag C:」と入力し、Enterキーを押します(Cはデフラグを行いたいディスク番号です。Cを別のディスク番号に変更できます)。

コマンドラインディスクデフラグ

しばらくすると、最適化の結果を確認できます。

方法2.ステムプログラムを使用してデフラグを行う

ドライブのデフラグと最適化は、ユーザーがディスクをデフラグするのに役立つWindowsのステムプログラムです。コンピューターがディスクを定期的にデフラグできるようにするスケジューリングオプションがあります。

手順 1. 検索ボックスに「デフラグ」と入力し、「ドライブのデフラグと最適化」をクリックして開きます。

ドライブのデフラグと最適化

手順 2. 「ドライブの最適化」ウィンドウが表示されます。「現在の状態」には、最適化が許可されているすべての読み取り可能なドライブが表示されます。

最適化

手順 3. 最適化するドライブを選択します(「現在の状態」欄に基づいてもいいです)。

完了

手順 4. 「最適化」をクリックして、選択したドライブを最適化します。しばらく待つ必要があります。

最適化

もしスケジュールされた最適化機能を使用する場合は、「スケジュールされた最適化」欄から「設定の変更」をクリックする必要があります。

「設定の変更」をクリックすると、ポップアップウィンドウが表示されます。このウィンドウで、「頻度」と定期的に最適化するドライブを選択します。

スケジュール

ドライブの選択

その後、コンピューターは自動的にディスクを最適化します。

方法3.サードパーティのツールを使用してデフラグをスケジュール実行する

専門的なディスクデフラグソフトウェアを選択する理由は、優れたスケジュール設定の柔軟性であるかもしれません。ここでは、強力なサードパーティのデフラグツールAOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めしたいです。

そのソフトの「ディスクデフラグ」機能は、毎日、毎週、毎月のデフラグを設定できるだけでなく、どの時点、どの条件でデフラグを実行するかを決定できます。さらに、起動時またはログイン時にデフラグするかどうかを決定することもできます。そのため、デフラグを実行する時間は、デバイスを使用する時間以外に設定できるので、作業中やゲーム中にデバイスに損傷を与える心配する必要はありません。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Proをインストールして起動し、ターゲットディスクを右クリックして「ディスクデフラグ」を選択します。

ディスクデフラグ

手順 2. ポップアップウィンドウで、使用されているすべてのドライブを確認できます。スケジュールを設定する必要があるため、「スケジュール」ボタンをクリックするか、または必要に応じてディスクを直接デフラグすることもできます。

分析

手順 3. スケジュール設定で、最適化するためのターゲットドライブと実行時間を選択し、「OK」をクリックして設定を保存できます。

最適化の頻度

ドライブ、最適化する特定の時点を選択

手順 4. 頻度と時間を設定した後、「設定条件」ボックスにチェックを入れ「設定」をクリックして、ポップアップウィンドウの「最小断片化率」でディスクのデフラグを行うスケジュールのトリガーとなる断片化率を設定します。「OK」をクリックしてすべての設定を保存します。

設定

条件設定

その後、デフラグインターフェイスに戻ります。デフラグスケジュールを設定したドライブはリストに表示されます。他のドライブをデフラグする必要がない場合は、ウィンドウを閉じることができます。

終わり

デフラグは、ハードドライブのパフォーマンスを向上させるための便利な操作です。AOMEI Partition Assistant Professionalはユーザーフレンドリーな画面や様々な機能を備えています。PCでディスクとパーティションの管理操作を簡略化できます。効率的なディスクスペースの活用を実現するためにデータを失うことなくパーティションを作成、リサイズ、移動、結合、分割できます。

また、AOMEI PA ProはMBRとGPTの間の変換、OSの移行、Windows 11/10/8 To Go、ディスクの健康状態の監視などの高級な機能も提供しています。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。