By Akira / 最後の更新 2021年09月27日

Windows 11をダウングレードできますか?

Windows 11の公式リリースは2021年後半になります。Windows 11にアップグレードした後、デバイスがWindows 11と互換性がない場合、またはデザインが気にいらない場合は、Windows 10にロールバックすることができます。

Windows 11から古いバージョンにダウングレードする方法

Windows 11をダウングレードしたい場合は、ここで二つの手段を紹介します。

10日間のロールバック期間内にWindows 11をダウングレードする

以前のバージョンのWindowsからWindows 11にアップグレードする場合、Windows設定から10日以内にダウングレードできます。詳細な手順は次のとおりです。

注意:この方法でデータが損傷することはありません。それでも、ダウングレードする前にすべての重要なファイルをバックアップすることをお勧めします。

1. 「開始」をクリックして「設定」を選択します。

2. 「設定」ウィンドウで、「更新とセキュリティ」をクリックします。

3. 右側の「回復」をクリックし、「前のバージョンのWindows 10に戻す」または「前のバージョンのWindows 7に戻す」の下の「開始する」をクリックします。

4. ビルドの復元画面が表示します。バージョンを戻す理由に該当する項目にチェックを入れて、「次へ」 をクリックします。

5. プロセスが完了するのを待ちます。プロセス中に、PCは数回再起動します。

注:✎...
一部のアプリとプログラムは再インストールが必要になります。
最新ビルドのインストール後に設定に加えた変更は失われます。

起動可能なメディアでWindows 11をダウングレードする

Windows 11をインストールする前にコンピュータに古いバージョンがなかった場合、または10日以上経過している場合は、Windowsの設定で以前のバージョンにダウングレードすることはできません。次に紹介したいのは、クリーンインストールを実行して、古いオペレーティングシステムにロールバックする方法です。

注意する必要があるのは、この方法ではコンピュータのデータが失われることです。例としてWindows10のインストールを取り上げます。

ステップ1.インストール用のWindows10ブータブルメディアを作成します。

1. USBドライブをコンピューターに挿入します。Microsoftのページで「ツールを今すぐダウンロード」から「メディア作成ツール」をダウンロードします。

2. 「他のPC用にインストールメディアを作る」を選択して「次へ」ボタンを押します。(USBメモリをインストールメディアとする場合、先にPCに装着しておきます。)

他のPC用にインストールメディアを作る

3. 作成するインストールメディアの「言語」、「エディション」、「アーキテクチャ」を選択して「次へ」ボタンを押します。(「アーキテクチャ」は32/64ビットのどちらか、または両方が可能です。)

言語

4. インストールメディアを選んで「次へ」ボタンを押します。(USBフラッシュメモリの容量は、3のアーキテクチャの選択に依存します。)

インストールメディア

5. 保存先の選択して「次へ」ボタンを押します。(USBメモリの場合には、ドライブ名を選びます。目的のドライブ名が見つからない場合には、「ドライブの一覧を更新する」をクリックします。ISOファイルの場合には、保存先を指定します。)

保存先

6. ダウンロードが始まり、メディアが作成されます。

作成開始

ステップ2.Windows10の起動可能なUSBまたはCD / DVDからコンピュータを起動します。

1. 作成したWindowsインストールUSBを別のPCに挿入し、PCの電源を入れます。最初の画面が表示されたら、ファンクションキーをタップしてBIOSセットアップに入ります。

2. Bootタブに入り、「Change Boot Order」を選択し、USBを起動デバイスとして設定し、「F10」をクリックして変更を保存します。

Change Boot Order

ステップ3.コンピュータにWindows10をインストールします。

1. コンピュータが再起動したら、任意のキーを押して、「今すぐインストール」をクリックしてWindowsセットアップを実行します。

2. Windowsのプロダクトキーを入力します。ライセンス条項に同意し「次へ」をクリックして、「Windowsのみをインストールする」を選択します。

3. Windows 10をインストールする必要があるプライマリドライブを選択し、「次へ」をクリックします。

4. Windows10がインストールされるのを待ちます。完了すると、PCは再起動します。

5. BIOSに入り、コンピュータのハードドライブを最初の起動デバイスとして選択します。

6. Windows 10をカスタマイズし、コンピュータアカウントにログインします。

7. Windows 10が設定を取得し、画面の準備ができるまで待ちます。その後、コンピュータでWindows10を使用できます。

補足:バックアップのために現在のHDDをクローン

Windows 11のダウングレードエラーが原因でデータが失われた場合は、操作の前に重要なファイルとフォルダーをバックアップすることをお勧めします。既存のコンピュータのハードドライブを外付けハードドライブにクローンします。

準備:✎...
外付けハードドライブをコンピュータに接続します。その容量は、使用中のハードドライブの使用済みスペースを超える必要があります。
無料ハードドライブクローン作成ソフトウェアAOMEI Partition Assistant Standardをダウンロードします。
無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。クローンしたいハードディスクを右クリックしてドロップダウンメニューから「ディスククローン」を選択します。(Standardの「ディスククローン」機能はMBR起動ディスクからMBRディスクへクローンできますが、MBR起動ディスクからGPTディスクへ、GPT起動ディスクからMBR/GPTディスクへクローンできません。)

ディスククローン

2. ポップアップウィンドウで、ディスクをクローンする方法を選択して、「次へ」をクリックします。

クローンする方法

3. ここで外付けハードドライブを選択します。ディスクがSSDの場合は、「SSDの性能を最適化」のところにチェックを入れてください。

SSDの性能を最適化

4. ターゲットディスクのパーティションのサイズを変更することができます(「セクターのコピー」では実行できません)。

 ディスクの設定を編集する

5. 「適用」をクリックしてから、「続行」をクリックしてください。

適用

結語

以上はWindows 11をダウングレードする方法になります。操作ミスもしくはエラーが発生の可能性が十分あり得るので、AOMEI Partition Assistant Standardのクローン機能でバックアップを作成した方がいいと思います。

また、AOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードしたら、MBRを再構築/空き領域を割り当てる/SSDまたはHDDへOSを移行する/MBRディスクとGPTディスクの間を変換するなどの機能も利用できます。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較