By Jun / 最後の更新 2021年05月10日

ダイナミックディスクが見つからないかオフラインになっている

ケース1:先週Windows 7に3TBのSan Diskディスクをインストールしました。インストールが完了した後、ハードドライブの容量が間違って表示していました。GPTに変換したら、フルサイズで表示できました。ただし、2つのパーティションに分割されました。1つは2TB、もう1つは0.7TBです。それらを1つのパーティションに結合したいので、ディスクをベーシックからダイナミックディスクに変更しました。昨夜、コンピューターの使用中に突然の電源障害が発生しました。コンピュータを再起動すると、CHKDSKが自動的に起動しましたが、ハードドライブが表示されませんでした。「ディスクの管理」では、0.7TBのディスクボリュームが欠落しているように見えました。

ケース2:古いPCからダイナミックディスクを取り外し、2番目のディスクとして新しいPCに挿入しました。新しいPCが起動し、新しいハードウェアアイコンがシステムトレイに短時間表示されましたが、ダイナミックディスクはデバイスマネージャでオフラインとして表示されました。古いPCでは正常に動作していました。

offline

ダイナミックディスクに欠落またはオフラインが表示されるのはなぜですか?

一般的に、ダイナミックディスクは破損しているかリンクが切断されていると、欠落ステータスを表示する場合があります。オフラインダイナミックディスクの場合、外部ダイナミックディスクをインポートしようとしたが失敗したことが原因である可能性があります。いずれの場合も、表示することは言うまでもなく、ファイルエクスプローラーでダイナミックディスクにアクセスすることはできません。

Windows PCでオフラインのダイナミックディスクを復旧する方法

Windows PCでダイナミックディスクの欠落またはオフラインの問題について、ダイナミックディスクをオンラインまたは正常な状態にするために、「ディスクの管理」または「コマンドプロンプト」でリアクティブにすることができます。

注:再アクティブしオンラインにできるのはダイナミックディスクのみです。

Windows「ディスクの管理」でダイナミックディスクを復旧する

ステップ1.「スタート」>「管理ツール」>「コンピューターの管理」>「ディスクの管理」より、オフラインになってるところを右クリックし、「オンライン」をクリックしてください。

オンライン

ステップ2.ディスクが「ディスクの管理」でオンラインとして表示され、下の図のようにプライマリパーティションが正常と表示されている場合、そのディスクは正常な状態になっていることを意味します。

オンライン

コマンドプロンプトで欠落&オフラインのダイナミックディスクを復旧する

ステップ1.キーボードの「Win + R」キーを押します。次に、「cmd」と入力し、コマンドプロンプトアイコンを右クリックして「管理者として実行」を選択し、コマンドプロンプトウィンドウを開きます。

ステップ2.コマンドプロンプトウィンドウで、「diskpart」と入力し、「Enter」を押します。次に、以下のコマンドを実行してください。

list disk(コンピューター上のすべてのディスクの一覧表示できます。)

select disk n(nはオフラインのダイナミックディスクの番号です。)

Online disk(ディスクを復旧します。)

Online disk

注意: ダイナミックディスクの領域でI/Oエラーが発生した場合、ダイナミックディスクに「エラー」という単語が表示されます。I/Oエラーが一時的なものである場合は、ディスクを再度アクティブにして、オンラインステータスに戻すことができます。

ダイナミックディスクをより便利に管理する方法

ダイナミックディスクとボリュームをより便利で簡単に管理したい場合は、AOMEI Partition Assistant Professionalという専門的なダイナミックディスクマネージャーの使用がお勧めです。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ddm

 AOMEI Partition Assistant Professionalを実行し、AOMEI Dynamic Disk Managerという名前のツールが付属しており(上記図の「ダイナミックディスク」をクリックし起動できます)、ボリュームの縮小、ボリュームの削除、RAIDへのドライブの追加、RAIDからのドライブの削除を行うことができます。 基本的な機能とは別に、このダイナミックディスクマネージャには次の高級機能もあります。

①「ボリュームのサイズ変更」は、未割り当て領域を解放したり、特定のボリュームを1つ拡張/拡大して、特にシステムボリュームのディスク容量不足の問題を解決するのに役立ちます。

②「ボリュームのフォーマット」を使用すると、ファイルシステムやクラスターサイズ、またはボリュームラベルを簡単、迅速、安全に変更できます。

③「ボリュームスライスの移動ウィザード」を使用すると、ボリュームスライスをあるディスクから別のディスクに転送できます。これは、システムボリュームを拡張したいが、連続する未割り当て領域がない場合や、空き領域がない他のボリュームを縮小する場合に非常に便利です。

最も重要なことは、ダイナミックディスクからベーシックディスクに変換したい場合(「ディスクの管理」で変換を実行する場合はデータが削除されます)、AOMEI Dynamic Disk Managerはデータを失うことなくダイナミックディスクをベーシックディスクに変換できます。 

Convert to Dynamic Disk

結語

ダイナミックディスクの欠落やオフラインの問題に対処する方法を説明は以上であります。また、ダイナミックディスクまたはボリュームをより適切かつ簡単に管理するための優れたダイナミックディスクマネージャーツールAOMEI Partition Assistant Professionalもぜひお試してください。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較