ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月05日

exFATファイルシステムの利点

SDカード、USBメモリやマイクロSDカードなどの外部記憶装置が多いです。通常、ユーザーはこれらのポータブルストレージデバイスにモバイルムービーライブラリ、フォトコレクションや音楽を保存したり、バックアップ先、OSのブートボリューム、または1台のコンピュータから別のコンピュータにファイルを引越し するためのメディアとして使用したりします。ターゲットデバイスによって、必要なファイルシステムも異なります。だから、お使いのストレージデバイスをターゲット環境に対応したファイルシステムでフォーマットする必要があります。

exFATは、上述のポータブルデバイスのファイルシステムの1つです。FAT、FAT32、NTFSやexFATにはそれぞれ利点があります。exFATファイルシステムを選択すると、exFATの次のメリットを楽しむようになります:

exFAT形式のドライブに32GB以上のパーティションを作成できます。

ディスク容量をより良く管理できます。

4GBを超えるファイルを読み書きすることができます。

これらの利点はあなたのニーズを満たしたら、exFATにフォーマットする必要があるかもしれません。

Windowsエクスプローラを使ってUSBをexFATにフォーマットする

exFATファイルシステムをサポートしかできないマシンがありますので、FAT/FAT32形式のUSBメモリまたはSDカードをexFAT対応のマシンに接続すると、「読み込めません」というエラーが発生します。この状況では、対応するファイルシステムをチェックし、exFATに変換する必要があります。

幸いなことに、Windowsエクスプローラを使用すると、USBメモリをexFATにフォーマットすることができます。

ステップ 1. メモリスティックをWindowsパソコンに差し込み、認識しないかを確認します。「自動再生」のダイアログボックスが表示され、次の操作を選択してくださいよう求められます。

ヒント:メモリスティックが表示されない場合は、マイコンピュータ(またはこのPC)を開いて、メモリスティックが新しくマウントされたボリュームとして検出されたことに気づきます。または、[マイコンピュータ]->[管理]->[記憶域]->[ディスクの管理]をクリックし、ポータブルデバイス(ここではUSBドライブ)を見つけます。

ステップ 2. USBメモリを右クリックし、[フォーマット]を選択します。フォーマットについてのウィンドウが表示されます。

ステップ 3. 「ファイルシステム」のドロップダウンメニューからexFATを選択します。ここでは「ボリュームラベル」を設定することもできます。他のファイルシステムにフォーマットする場合は、「ファイルシステム」のドロップダウンメニューからFAT/FAT32/NTFSを選択します。

ステップ 4. フォーマット後にUSBメモリのデータが完全消去されますから、すべての操作が正しいことを確認し、USB上の大切なデータのバックアップを作成してから、[開始]をクリックし、フォーマット進捗を開始します。

コマンドプロンプトを利用してUSBメモリをexFATにフォーマットする

コマンドラインでUSBをexFATファイルシステムでフォーマットすることもできます。

ステップ 1. USBメモリをパソコンに接続し、認識しないかを確認します。

ステップ 2. [スタート]をクリックし、「cmd」と入力し、プログラムを右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

ステップ 3. コマンドプロンプトで「diskpart.exe」と入力すると、diskpartプロンプトが開きます。

ステップ 4. diskpartプロンプトで、「list volume」と入力します。

ステップ 5. コンピュータのボリュームを一覧表示し、exFATでフォーマットされるUSBメモリを確認します。「select volume n」(nはUSBメモリのボリューム番号を示します)と入力します。

ステップ 6. 「format fs=exfat」と入力します。

進捗状況が100%に達したら、「exit」と入力し、プログラムを終了します。

*引用符を入力しないでください。

無料のexFATフォーマットソフト:AOMEI Partition Assistant

上記の方法に加えて、メモリスティック(USB)をexFATファイルシステムにフォーマットする用のサードパーティ製ソフトウェアを利用することができます。他のexFATフォーマットソフトと比較して、ここでは、AOMEI Partition Assistantをお勧めします。AOMEI Partition Assistant Standardは無料のexFATフォーマットソフトであり、exFATパーティションをフォーマットするとか、exFATパーティションを作成するとか、exFATパーティションを削除するとか、exFATパーティションを移動するとかのことをサポートします。このソフトはタスクを完了するための最も簡単な方法を提供します。

ここでは、USBメモリをNTFSからexFATにフォーマットする方法を解説します。

ステップ 1. NTFS形式のUSBメモリをWindowsパソコンに接続し、認識しないかを確認します。

ステップ 2. AOMEI Partition Assistant標準版を無料でダウンロード、インストール、起動してください。お使いのパソコン上のディスクがメインインターフェイスで全て表示されます。USBメモリを右クリックし、ドロップダウンメニューから[パーティションをフォーマット]を選択します。

パーティションをフォーマット

ステップ 3. すべてのフォーマット設定(パーティションラベル、ファイルシステム、クラスタサイズ)を変更する画面がポップアップします。AOMEI Partition Assistantは、HDDをFAT32/NTFS/Ext2/Ext3/exFATでフォーマットすることをサポートしています。では、フォーマットするファイルシステムを選択します。ここではexFATを選択します。

exFATでフォーマット

注意:この操作はUSBメモリ上のすべてのデータを破壊しますので、フォーマットする前にメモリスティックの大切なデータをバックアップしてください。

ステップ 4. すべての設定が完了したら、メインインターフェイスに戻ります。[適用]をクリックし、進捗を開始します。

EXFATでのフォーマットを実行

ここまで、無料のexFATフォーマットソフト―AOMEI Partition Assistantを使用してUSBメモリをexFATファイルシステムでフォーマットする方法を紹介しました。exFAT以外に、AOMEI Partition AssistantはFAT、FAT32、NTFSもサポートします。また、このソフトは内蔵/外付けHDDを管理できる専門マネージャです。

AOMEI Partition Assistantのプロ版では、空き領域の割り当て、コマンドラインやクイックパーティションなどの多くの高度な機能を使用できますので、プロ版にアップグレードしましょう