By AOMEI / 最後の更新 2020年08月04日

事例

コンピュータを何月も使用した後、Cドライブはいっぱいになっています。それで、私はディスク管理でそれを拡張することを決めしました。しかし、ディスク管理ウィンドウのCドライブを右クリックすると、「ボリュームの拡張」がグレーと表示されます。どうしたらいいでしょう。

ボリュームの拡張

「ボリュームの拡張」がグレーアウトする原因

以下では、ディスクの管理で「ボリュームの拡張」が正しく機能する状態です。それを見て、そして「ボリュームの拡張」がうまくいかない時の原因もわかるでしょう。

1. NTFSパーティションまたはRAW上でのみ機能します。

2. 未割り当て領域が必要です。

3. 未割り当て領域が必ずターゲットパーティションの右側にあります。

要約すると、ディスク管理を利用してパーティションを拡張したい場合、ターゲットパーティションはNTFSパーティションまたはRAWである必要があります。そして、未割り当て領域は、ターゲットパーティションの右側になければなりません。パーティションがこれらの要因のいずれとも一致しない場合、ディスク管理は正常に機能しません。

問題を解決するには、Dドライブを縮小して未割り当て領域を取得しようとするユーザーがいますが、未割り当て領域はCドライブの代わりにDドライブの隣にあります。つまり、Cドライブをの隣に未割り当て領域がない場合は、Dドライブを削除する選択もありますが、貴重なデータもいっしょに削除されます。

パーティションを削除することは、大部分の人にとっては難しい決定です。パーティションを削除したくない場合は、引き続き以下を参照してください。代わりのソフトウェアを紹介します。ディスク管理の限界を克服し、未割り当て領域がターゲットパーティションの左側にあっても、簡単ににパーティションを拡張できます。

ボリュームを拡張する最善な方法

強力なパーティションマネージャ: AOMEI Partition Assistant

AOMEI Partition Assistantは、Windows 7/8/10などのWindowsユーザー向けに設計された便利なソフトウェアです。「ボリュームの拡張」がグレイと表示されるなどの多くの問題を解決するのに役立ちます。ターゲットパーティションに隣接していない未割り当て領域の場合は、パーティションの移動という強力な機能を利用して、未割り当て領域をターゲットパーティションの隣に移動できます。Dドライブに未割り当て領域を取得したい場合は、右クリックしてからパーティションのサイズを変更します。また、パーティションを先に移動したりサイズを変更しなくても、パーティションを増やすこともできます。

詳細な手順

1. ダウンロードしてインストールします。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

2. ソフトを開きます。ターゲットパーティションを右クリックし、「パーティションを結合」を選択します。

パーティションを結合

3. 未割り当て領域または空き領域がある既存のパーティションを選択し、「はい」をクリックします。

未割り当て領域

注意:パーティションをマージする場合は、毎回隣接する2つのパーティションをマージすることのみが許可されていますが、未割り当て領域をマージすることに決めた場合、それはまったく別の話です。ディスク上の未割り当て領域をマージすることができます。

4. 結果をプレビューし、「適用」とその後の「続行」をクリックし、操作を開始し、最終結果を待ちます。

適用

上記の手順で、未割り当て領域がDドライブの隣にあっても、未割り当て領域またはパーティションを利用してターゲットパーティションをマージすることは可能です。プロソフトを利用してディスク管理の限界が超え、簡単にパーティションを増やすことができます。

結論

Windows 7/8/10では、Cドライブに「ボリュームの拡張」がグレイアウトするため、たくさんのユーザーが悩んでいます。ディスク管理では、FAT32、FAT16などでパーティションを拡張することもできません。また、隣に未割り当て領域がないと拡張することはできません。それにもかかわらず、最高のフリーパーティションマネージャAOMEI Partition Assistantをダウンロードした場合は、すべての問題を解決できます。また、パーティションの移動、パーティションのサイズ変更、パーティションの結合など、さまざまな選択肢があります。

さて、AOMEI Partition Assistant Standardを無料でダウンロードして試してみましょう!