ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月01日

「三浦大和」という名前をクリックすると、他のディスク管理についての文章を読めます。問題があれば、こちらへどうぞ!

症状

外付けハードディスクはリムーバブルハードディスクとも呼ばれ、USBケーブルまたはワイヤレス接続を介してコンピューターに接続されているデータの保存またはバックアップに広く使用されているものです。とにかく、外付けハードディスクは、人気のある便利なストレージデバイスの一種です。

ただし、Windows 10/8/7で外付けハードディスクのパーティションを開こうとすると、外付けHDDにアクセスできなくて、「F:\にアクセスできません。アクセスが拒否されました」というエラーメッセージが表示される可能性があります。

アクセスが拒否されました

外付けHDDにアクセスできないことを分析

実際には、外付けHDDへのアクセスが拒否される原因は多いですが、主な原因は次のとおりです:

● 外付けHDDへのアクセス権限がありません。

● 外付けHDDはBitLockerで暗号化されています。

● 外付けHDDのファイルシステムが破損しています。

● リムーバブルデバイスのUSBの給電が不足しています。

● 外付けHDDが不適切に取り外しません。

外付けHDDにアクセスできないことをすばやく修正

外付けハードディスクへのアクセスが拒否されました原因を表示した後、外付けHDDにアクセスできないことを修正する5つの効果的な方法が次の記事で紹介されます。読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。もし1つが無効であるなら、他の方法を試すことをお勧めします。

修正1. ファイルエクスプローラーで外付けHDDへのアクセス許可を取得する

この方法は、外付けHDDのアクセス権がない場合に使用されます。手順は次のとおりです(Windows 7を例としてこの問題の解決手順を紹介します):

1. アクセスが拒否されました外付けHDDのパーティションを右クリックして、「プロパティ」を選択します。

2. 「セキュリティ」>「詳細設定」>「編集」に移動します。

3. 「所有者」タブで、指定したアカウントの所有権を変更します。

その後、外付けハードディスクに正常にアクセスできます。

詳細設定

修正2. HDD暗号化機能BitLockerを変更する

注意:BitLockerとは、Windowsに搭載されているドライブ暗号化機能の名称です。

BitLockerで外付けハードドライブを暗号化すると、外付けHDDへのアクセスが拒否される問題が発生することは可能です。この時点で、BitLockerの暗号化サービスを変更する必要があります。詳細手順は次の通りです:

1. Windowsキー+Rキーを同時に押して、「services.msc」と入力してEnterキーを押下し、「サービス(ローカル)」にアクセスします。

2. 「BitLocker Drive Encryption Service」に行き、ダブルクリックします。または、右クリックして「プロパティ」をクリックします。

3. ポップアップウィンドウで、「スタートアップの種類」を「自動」に変更し、「OK」をクリックします。

4. 「BitLocker ドライブ暗号化」のサービスを再起動します。

今、お使いの外付けハードドライブにアクセスできる可能性があります。

修正3. CHKDSKユーティリティを実行して外付けハードディスクをチェックする

この方法は、外付けHDDに突然アクセスできなくなった場合によく使用されます。以下の手順に従ってください:

1. アクセスが拒否されましたディスクのパーティションを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

2. 「ツール」を選択し、「チェックする」をクリックします。


チェック後、外付けHDDにアクセスできるかもしれません。

CHKDSKユーティリティを実行

修正4. 外付けHDDにアクセスできないことを解決するためにドライブ文字を変更する

また、外付けハードディスクのパーティションのドライブレターを変更して、外付けHDDにアクセスできないエラーを修正することもできます。以下の手順をご覧ください:

1. Windowsキー+Rキーを合わせて押し、「diskmgmt.msc」と入力してEnterキーを押し、「ディスクの管理」を開きます。

2. 表示される外付けハードディスクのパーティションを右クリックして、「ドライブ文字とパスの変更…」を選択します。

ドライブ文字とパスの変更

3. ポップアップウィンドウで「変更」をクリックし、このパーティションのドライブ文字を変更します。

変更をクリック

4. 「ディスクの管理」をクリックし、エクスプローラーから外付けハードディスクにアクセスします。

修正5. データを復元し、外付けハードディスクをフォーマットする

外付けHDDのアクセス拒否問題を解決するために、フォーマットは素晴らしく、高速な方法です。フォーマットすると、そのディスク上のデータが全て消去されるため、iCare Data Recoveryなどのようなサードパーティ製のデータ復旧ソフトを使用して、保持したいファイルとフォルダを外部ハードディスクから表示および保存可能です。

外付けハードディスクをフォーマットするには、無料のディスクパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistant Standardを強く推奨します。このソフトは操作しやすいし、性能が高いです。かなり簡単かつ迅速に外付けハードディスクをフォーマットできますし、NTFS、exFAT、FAT32などのさまざまなファイルシステムを選択できます。今すぐこのフリーソフトをダウンロードし、次の手順に従って問題を解決しましょう。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして実行します。メインインターフェイスで、外付けHDDのパーティションを右クリックし、「パーティションをフォーマット」を選択します。

RAWパーティションのフォーマット

ステップ 2. ポップアップウィンドウで適切なファイルシステムを1つ選び、「はい」をクリックします(ここでNTFSを例として選択します)。

RawディスクをNTFSでフォーマット

ステップ 3. メインインターフェイスに戻ります。操作を確認し、問題がなければ、「適用」>「続行」をクリックして外付けHDDのフォーマットを実行します。

外付けHDDのフォーマットを実行

フォーマット後、Windowsエクスプローラから外付けハードディスクにアクセスできるようになります。

まとめ

外付けHDDへアクセスできない理由がさまざまです。平気で最も可能性のある理由を見つけ、適切な方法をとることで、より効果的かつ迅速にエラーを修復することができます。

はい、以上です。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。