By AOMEI / 最後の更新 2020年11月19日

なぜWindows10でファイルシュレッダーが必要?

新しいパソコンの接続を準備しました。古いパソコンの接続を切る前にファイルシュレッダープログラムを利用してすべてのデータを消去することができますか?

- cnet.comから

ファイルシュレッダーソフトはストレージデバイス内のファイルを安全かつ完全に消去することができます。実は、ごみ箱を空にするか、ドライブをフォーマットすることにより、ファイルまたはフォルダを削除することはデータの完全消去ではありません。それらの操作はテーブルだけを削除するため、他人はデータ復旧ツールを利用して簡単にデータを復元することが可能です。

そのほか、ファイルシュレッダーソフトはウイルスに感染したファイルを削除したり、削除不可能なファイルを強制的に削除したりすることに役にも立ちます。

Windows10用のファイルシュレッダーソフトをダウンロード

AOMEI Partition Assistant ProfessionalはWindows 10向けの最善のファイルシュレッダーソフトとして、以下のメリット・特徴を持っていて、世界中のユーザーに愛されています。

    ◎高い破壊力:高い破壊力を備えた消去方式を3つ以上提供しています。例えば、「ゼロの書き込み」という消去方式は、ファイルまたはフォルダの全セクタをゼロで上書きします。

    ◎優れた互換性:Windows 10、8、7、XP、VistaなどのWindowsオペレーティングシステムでうまく動作します。

    ◎直感的なインタフェース:ユーザーフレンドリーなインターフェイスで操作が簡単に実行できます。わかりやすいウィザードに従ってタスクを簡単に完了できます。

    ◎柔軟な使用方法:ファイルまたはフォルダを破壊するほか、より多くのデータやディスク全体を消去したいユーザーのために「パーティション消去」「ディスク消去」などの機能も備えます。

    ◎ポータブルファイルシュレッダー:異なるPCでファイルを削除したり、起動問題に遭遇したりする場合があります。AOMEI Partition Assistantはポータブルファイルシュレッダー(起動可能)を作成することができます。

Windows 10、8、7でファイルを完全消去する方法

※ノート:ポータブルファイルシュレッダーを持ちたい場合、まず「AOMEI Partition AssistantでWindows PEブータブルUSBまたはCDを作成する方法」ページを参考にしてください。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードし、インストールし、起動します。「全てのツール」→「ファイルを破壊」をクリックします。

ファイルを破壊

ステップ 2. ファイル破壊のポップアップウィンドウで「ファイル」または「フォルダ」をクリックして、永久に削除したいファイルまたはフォルダを追加します。

ファイルを追加

ステップ 3. 消去するファイルまたはフォルダを確認します。そして1つのファイル消去方法を選びます。※この例では「ゼロを書き込む」を破壊方法として選択します。そして「破壊」をクリックします。

破壊方法

※ヒント:機密データをより徹底的に消去したいエンタープライズユーザーは、ほかの3つの破壊方法(より安全性の高い「ランダムデータ」「DoD 5220.22-M」「Gutmann」)を選ぶことができます。より詳しい情報については、このページにアクセスしてください。

ステップ 4. 確認画面が表示されるので、「はい」をクリックしてファイルの破壊操作を実行します。

はい

そして、選択したファイルが永久に消去されました。エクスプローラーから確認することができます。

完了

結論

AOMEI Partition AssistantはWindows向けの最善のファイルシュレッダーソフトです。回復できないようにファイルを「ゼロを書き込む」「ランダムデータ」「DoD 5220.22-M」「Gutmann」破壊方法で完全削除することができます。そのほか、それを使用してハードディスク全体を消去することもできます。特にパソコンまたはストレージデバイスを転売する時に役に立ちます。

また、AOMEI Partition Assistantはディスクパーティション管理ソフトウェアでもあります。「パーティションを作成」「パーティションをフォーマット」「パーティションを削除」「NTFS to FAT32変換器」などの機能でHDD、USBメモリ、SSD、SDカードをより上手くて楽に管理することができます。

この記事が役立つ場合は、友達と共有してください。何か質問や提案がある場合は、コメント欄に残してください。または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。