By三浦大和 / 最後の更新日時 2020年08月07日

「私のexFAT SDカードは突然書き込み禁止になっています」

「最近、いくつかのファイルを外付けHDDにコピーして、Windowsパソコンのストレージを解放する予定でしたが、4GBを超えるファイルがあるので、NTFSまたはexFATファイルシステムのディスクが必要です。最後に、exFAT SanDisk SDカードを選択し、このSDカードを別のWindowsパソコンに接続し、ファイルをそこへコピーしようとしていました。が、ファイルをコピーしている間、SDカードとパソコンの接続が切断されてからまた自動に再接続されて、本当に不思議です。SDカードが再びマウントされた後、コピー先のディスクが書き込み禁止になっていました!はあ? 私のexFAT SDカードが突然書き込み禁止になっていたエラーを解除する方法があります?」

ディスクは突然書き込み禁止になっています

exFATディスクは書き込み禁止になっているというメッセージが表示される状況が多いです。「ファイルのコピー」の状況を除き、ディスクをフォーマットしたり、書込み禁止ディスクに他の変更が加えられたりする場合、「ディスクが書込み禁止になっている」というメッセージも表示されます。

ディスクが書込み禁止になっている

ディスクの書き込み禁止とは

まず、ディスクの書き込み禁止の意味を知る必要があります。書き込み禁止は、読み取り専用とも呼ばれ、デバイス自身の設定または他の原因で有効にされる設定のかもしれません。ディスクに書き込み禁止機能を有効にすると、新しいファイルの書き込みや古いファイルの変更を防ぐことができます。

ディスクが書き込み禁止になっている場合、ディスクに保存されたデータを読み取ることはできますが、データの削除や修正などの変更は許可されません。書き込み禁止機能を使用すると、データが誤って上書きまたは消去されることを心配する必要はありません。

exFATディスクの書き込み禁止を解除・方法

お使いのexFATディスクが書き込み禁止になっている場合、書き込み禁止を解除しないかぎり、exFATディスクにデータを書き込むことはできません。書き込み禁止をexFATドライブから解除するなら、次の方法を試してみましょう~

1 . 書き込み禁止スイッチをチェック

書き込み禁止をロックまたはロック解除する用の物理スイッチ搭載のUSBメモリまたはカードリーダーがあります。ロックスイッチをロック解除位置にスライドさせるかどうかを確認する必要があります。

ロックされた場合は、ファイルをドライブにコピーしたり、ドライブに他の変更を加えたりすることはできません。ロックされていないか、USBメモリまたはカードリーダーにスイッチが搭載されていない場合、この問題があれば、別の方法をとる必要があります。

2 . 「CHKDSK」を実行

chkdsk /f」を実行し、ハードディスクの破損をチェックできます。この場合では、次のようなエラーが表示されるかもしれません:

エラー0x80071AC3:ボリュームの状態が正しくないため、操作を完了できませんでした。

ディスクが切断された後に、「ダーティ」(状態が正しくない)になったら、checkdiskを実行しエラーを修正しダーティーデーターを削除する必要があります。では、「chkdsk i: /f /r /x」を実行します(i:チェックするディスク、/fはディスク上のエラーを修正、/rはディスクの物理的なエラーをチェック)。

checkdisk操作では、「ダーティ」を取り除き、ディスクの書き込み禁止を解除できます。exFATディスクの書き込み禁止がまだ解除されていない場合は、以下の内容をご覧下さい。

3 . システムレジストリで書き込み禁止を無効にする・解除方法

まず、問題を解決するためにレジストリエディタを開く必要があります。

ステップ1 . キーボードでWinキー+Rキーを合わせて押し、「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスで「regedit」と入力し、Enterキーを押し、レジストリエディタを開きます。

レジストリエディタを開きます

ステップ2 . 左ペインのエントリを展開して、次のパスに移動します:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\StorageDevicePolicies

HKEY_LOCAL_MACHINE\

ステップ3 . 「Control」フォルダの下に「StorageDevicePolicies」フォルダがなければ、 「Control」フォルダを右クリックし、新規->キーを選択することができます。「StorageDevicePolicies」という名前を付けて開きます。

新規キーを作成

ステップ4 . 右ペインで、WriteProtectを右クリックし、「修正」を選択します。ポップアップウィンドウで、「値のデータ」が1に設定されていると、今のパソコンがストレージデバイスで書き込み禁止を有効になっていることを意味します。ここで、値を1から0に変更し、[OK]をクリックして書き込み禁止を無効にします。

値のデータを修正

値のデータ

ステップ5 . レジストリエディタを閉じて、お使いのexFATストレージデバイスをパソコンに接続し直すと、exFATの書き込み禁止が解除されるようになります。そうでない場合は、次の方法を試し、exFATディスクの書き込み禁止を解除しましょう~

4 . フリーパーティションマネージャでexFATディスクを再フォーマット

上記の操作でexFATディスクの書き込み禁止を解除できない場合は、exFATディスクを再フォーマットする必要があります。だが、書き込み禁止のディスクに変更を加えられないと、書き込み禁止のexFATディスクをフォーマットする方法がありますか?幸いなことに、サードパーティ製のソフトウェアでそれを行えます。

AOMEI Partition Assistant 標準版は、フォーマット機能を介してexFATディスクの書き込み禁止を解除するための素晴らしいフリーパーティションマネージャである。このソフトは、Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP(32ビットと64ビットの両方)をサポートしますし、HDD、SSD、SSHD、USBドライブ、SDカードやペン ドライブなどのデバイスをサポートします。

このフリーウェアを使用すると、exFATドライブを簡単にフォーマットできます。ここでは、AOMEI Partition AssistantでexFAT SDカードをフォーマットする方法の詳細を解説しています。

準備:

  • フォーマットすると、SDカード上のデータはすべて消去されますので、予めバックアップしてください。

  • AOMEI Partition Assistant 標準版を無料ダウンロードし、お使いのWindowsパソコンにインストールします。

  • SDカードをWindowsパソコンに接続し、認識されることを確認します。

ステップ1 . この無料のパーティションマネージャを起動すると、お使いのHDDの詳細情報がメインインターフェイスに表示されます。SDカードを右クリックし、[パーティションをフォーマット]を選択します。 .

フォーマット

ステップ2 . この画面で、ファイルシステムのドロップダウンメニューからexFATを選択し、必要に応じて他の設定を編集します。 [はい]をクリックします。

exFATでフォーマット

ステップ3 . その後、メインインターフェースに戻り、問題がなければ、[適用->続行」をクリックしてフォーマットを開始します。

適用と続行

ステップ4 . 進行が100%に達するまで待ちます。プログラムを閉じます。

NOTE:フォーマット後、exFATディスクの書き込み禁止が解除され、exFATドライブを正常に使用するようになります。つまり、ファイルをexFATディスクにコピーしたり、データを削除/追加/変更したりなどの変更を行うことができます。

AOMEI Partition Assistantは、Windowsユーザー向けパーティションマネージャです。書き込み禁止を解除するだけでなく、他のハードディスクの問題も解決できます。例えば、ハードディスク上のパーティションで満足できない場合は、パーティションのサイズ変更/移動/削除/分割/マージなどの機能を使用してハードディスクを再パーティション化できます。

この無料版で基本的なパーティション問題を解決することができます。パーティションから別のパーティションへ空き領域を割り当てるなどのような高度な機能が必要な場合は、AOMEI Partition Assistantプロ版にアップグレードしましょう~