ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月03日

ユーザの悩み:外付けドライブでMBRが破損した

Windows 10には1TB HDDを外付けハードディスクとして使用しています。今朝、突然にWindows エクスプローラーで表示されないことになりました。「ディスクの管理」でチェックして、未割り当て領域として表示されることが分かりました。そのスペースで新しいパーティションを作成することも、フォーマットすることもできませんでした。次に、サードパーティ製の解析ツールを使用してチェックし、外付けドライブのMBRが壊れていて、修復する必要があると言われました。どういう意味ですか?外付けドライブでMBRをどのように修復できますか?

Googleオンラインでは、外付けHDDのMBRが理由なく予期せず破損していることを多くのユーザーが報告していることがあります。次に、HDDのMBRは何ですか?また、破損した原因はなんですか?

MBRについて

マスターブートレコード(MBR)には、ディスクのパーティションテーブルが含まれています。ブートドライブの場合は、ブート開始用の少量の実行可能コードが含まれています。MBRは、HDDの最初のパーティションが作成されたときに作成され、通常はディスクの最初のセクタに配置されます。

内蔵HDDでMBRが破損したら、Windowsはそのドライブにアクセスせず、システムは起動しません。「オペレーティングシステムが見つかりません」、「無効なパーティションテーブル」、「オペレーティングシステムがありません」などのエラーが表示されます。

外付けUSBドライブまたはHDDでMBRが破損すると、そのディスクのパーティションテーブルが破損しているため、そのディスクのどのパーティションにもアクセスできなくなります。従って、そのドライブ上のデータが失われ、新しい目的でドライブを使用することはできません。

外付けドライブのMBR破損の考えられる原因

内蔵HDDであれ、外付けドライブであれ、MBRエラーの理由は同じようです。一般に、外付けHDDのマスターブートレコードの破損には主に3つの原因が考えられます:

●ウイルス感染

ウイルスがHDDにロードされると、MBRセクターはウイルスに感染する可能性が高い最初のターゲットです。MBR部分がロックされると、そのドライブ上のデータにアクセスすることはできません。

●上書きされるMBR

一部のプログラムは、外付けドライブにMBRがインストールされているときに、誤ってMBRの一部を書き込む可能性があります。

●HDDの故障

HDDのクラスタに欠陥があるなら、MBRが判読不可能になります。

外付けドライブを外さずにPCをシャットダウンするなどの他の動作も、MBRセクタに害を及ぼします。外付けハードディスクのMBRは損傷を受ける可能性がありますが、修復も可能で。Windows 7およびWindows 10では、外付けドライブのMBRを修復する選択肢があります。

Windows 7/10で外付けHDDのMBRを修復する方法

以下の3つの方法で、アクセスできない外付けHDDのMBRを修復できます。読者様に適したものを選んでいいと思います。

    注意:外付けHDDのすべてのデータが失われます。重要なデータを外付けドライブに復元する必要がある場合は、専門のデータ回復ソフトウェアを使用してください。

方法1:Windowsインストールディスクで外付けドライブのMBRを修復

手元にWindowsインストールディスクがある場合は、ドライブのMBRを簡単に修復できます。

1. 外付けディスクをお使いのコンピュータに接続します。マシンをシャットダウンし、インストールディスクを挿入します。ディスクからPCを起動します。

2. 言語、時間、およびキーボード入力を選択し、「次へ」をクリックします。

3. 左下隅の「コンピューターを修復する」をクリックします。

4. 「Shift+F10」キーの組み合わせを押すと、コマンドプロンプトが表示されます。

5. プロンプトで、外付けHDDパーティションのドライブ文字(F:などのように)の後にコロンを入力し、Enterキーを押します。

6. これらのコマンドを順番に入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

bootrec.exe /fixmbr

bootrec.exe /fixboot

bootrec.exe /rebuildbcd

7. 完了したらマシンを再始動してください。

    注意

    ● Windowsが内蔵ディスクに落ちた場合は、BIOSのインストールディスクへの起動優先度を変更する必要があります。

    ● 「Shift+F10」の組み合わせが機能しない場合は、この方法をインストールディスクで試してください。Windows 10では、「オプション」>「トラブルシューティング」>「コマンドプロンプト」を選択します。Windows 7では、「次へ」>「システム回復オプション」>「コマンドプロンプト」を選択します。

方法2:拡張オプションで外付けドライブのMBRを修復

Windowsインストールディスクまたは修復ディスクを持っていない場合は、この方法でコマンドプロンプトインターフェイスに入ります。

Windows 10を実行している場合:「設定」>「更新とセキュリティ」>「復旧」>「今すぐ再起動」>「オプションを選択」>「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「コマンドプロンプト」に進みます。

Windows 7を実行している場合:コンピュータを再起動し、F8をタップして修復インターフェイスに自動的に入ります。次に、「コンピューターを修復する」>「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「コマンドプロンプト」に進みます。

その後、上記の手順5〜7に従って、外付けHDDのMBRを再構築してください。

方法3:最も簡単な方法で外付けドライブのMBRを修復

実は、Windowsのディスクを持っているかどうかに関係なく、外付けUSBメモリーのMBRを最後に修正することができます。しかし、bootrec /fixmbrコマンドを使用すると、「アクセスが拒否されました」、「ファイルが見つかりません」、「I/Oデバイスエラー」、または「要素が見つかりません」というエラーが表示される場合があります。

さらに、上の2つのステップは、すべてのユーザーに適していない高度なコマンドライン操作です。そのため、このソリューションを検討することは悪いことではありません。

ディスクパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistant Professionalは、グラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)で外付けドライブ用のMBRパーティションテーブルを修復できるパーティションマネージャです。Windows 7/8/10/XP/Vistaをサポートしています。さらに重要なことは、MBR修復を行う場合にコンピュータを再起動する必要がないことです。このソフトをダウンロードして試してください。

1. 外付けドライブをPCに接続します。AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動します。

2. 外付けディスクを右クリックし、「MBRを再構築」を選択します。

MBRを再構築

3. 現在のオペレーティングシステムのMBRタイプを選択します。

MBRタイプを選択

4. 適用」をクリックしてから「続行」をクリックして、保留中の操作を実行します。

適用

5. ポップアップ確認ダイアログで「はい」をクリックし、プロセスが完了するのを待ちます。

MBR再構築を完了

まとめ

外付けUSBドライブや外付けHDDでMBRが破損しても、心配はいりませんね。Windowsインストールディスク、Windowsの詳細オプション、プロフェッショナルパーティションテーブル修復ツールの助けを借りて、外付けドライブのMBRを修正することができます。

スクリーンショットからわかるように、AOMEI Partition Assistantは他の多くの問題も解決できる強力なディスクパーティション管理ツールです。たとえば、外付けハードディスクでMBRを再構築した後、ディスクエラーをチェックできます。コマンドライン操作などのより高度な機能については、AOMEI Partition Assistant Professional版にアップグレードしてください。

とにかく、読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!