ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年09月05日

500GB外付けHDDをFAT32でフォーマットする目的

今日、大容量ハードディスク(HDD)はハードウェア機器の中で珍しいものではありません。WD My Passport Essential、Toshiba外付けHDおよび一部のUSB外付けHDDには500GBHDD容量が付属しています。これらのHDDはコンピューティング時代に来るとき、様々な方面で使用されることは避けられません。

【例】

1. Passport HDDのあるユーザー:Sony Bravia LCD USBポートのディスクをストレージとして使用しようとしていますが、Sony TVはFAT32HDDのみを認識しています。2. 別のユーザー:運転中に音楽を聴くことができるように、500GBのSeagate外付けHDDをFAT32にフォーマットし、車内のMDIインターフェイスに接続したいと思っています。3. さらに、PS3とPS4でFAT32またはexFATファイルシステムのハードドライブ(HDD)のみは使用されることができます。

なぜFAT32形式で読み込む必要があるデバイスがそんなに多いのか知りたいでしょう。FAT32は、1996年にMicrosoftによって初めて導入され、かなり古いファイルシステムとして、XBOX、PS3/PS4やAndroidなどの大量の内蔵/外付けメディアをサポートしています。したがって、FAT32ファイルシステムのHDDは、 より多くのハードウェア/ソフトウェア、特に長い歴史を持つ製造業者によって製造されたものと互換性があります。だから、上記の状況では、新しいHDDをFAT32でフォーマットしたり、使用されたHDD(USBを含む)をFAT32に再フォーマットする必要があります。

500GB HDDをFAT32でフォーマットする方法

一般に、Windowsの内蔵ツールである「ディスクの管理」は、HDDをFAT32などの異なるファイルシステムにフォーマットすることをサポートします。ただし、HDDの容量が32GB以下の場合のみに動作します。

コマンドプロンプトを使用して500GBHDDをFAT32でフォーマットすると、貴方を失望させるかもしれません。フォーマットするとき、「ボリュームは FAT32 には大きすぎます」というエラーが表示される可能性があります。これは表示されていない制限ですので、知らないユーザーが多いです。この場合、サードパーティ製のソフトウェアを探して問題を解決する必要があります。大容量のLexar USBフラッシュドライブをフォーマットする場合は、Lexar USB形式のツール

AOMEI Partition Assistantプロ版は、 Windows 7/8/XP/Vista/10で大容量ディスクをFAT32、FAT、NTFSまたはEXT2などのファイルシステムにフォーマットすることを可能にする強力で信頼性の高いディスクパーティションマネージャです。AOMEI Partition Assistantプロ版はクイックフォーマット機能、パーティションに合うようにファイルシステムのクラスタサイズを自動的に変更する機能を提供します。さらに、フォーマットする時にラベルを指定することもできます。簡潔明瞭なGUIと操作しやすいウィザードを備えています。無料試用版ダウンロードし、試してみてください。

500GB外付けHDDをFAT32にフォーマットするソフトウェア--AOMEI Partition Assistant

ステップ1.外付けHDDをWindowsベースのコンピュータに接続します。このHDDをWindowsで検出できることを確認してください。

ステップ2.AOMEI Partition Assistantを ダウンロード、インストールおよび実行します。外付けHDDが新しい場合は、それを右クリックして「パーティションを作成」を選択します。そしてファイルシステムを選択する際にFAT32にします。もしそのHDDが使用されたことがあるのなら、それを右クリックして「パーティションをフォーマット」を選択します。

フォーマット

ステップ3.ポップアップウィンドウには、パーティションラベルを編集するオプション、ファイルシステムとクラスタサイズを選択するオプションがあります。必要に応じて設定します。

パーティションのフォーマット

ステップ4.これはただプレビューです。500GB HDDをFAT32でフォーマットすることを実際に実行するには「適用」をクリックしてください。

適用

ヒント:

  • ● フォーマット処理にはしばらく時間がかかりますので、コンピュータで他の作業に使用する前にこの操作を完了するようにしてください。

  • ● フォーマット操作では、ドライブ上のデータは完全に削除されません。誰でも復元ソフトウェアですべてのデータを簡単に回復できます。データを完全に消去したい場合は、ドライブを右クリックして「パーティションの消去」を選択します。

  • ● クラスタサイズに関しては、小さいクラスタサイズが、データの読み書きの処理中にパーティションで多くのファイルフラグメントを生成する可能性があります。大きいクラスタが、無駄にされたディスク容量が少ないので、このデフォルトのクラスタサイズを使用することをお勧めします。

  • ● FAT32は4GB以上の単一ファイルを読み書きすることはできませんが、NTFSファイルシステムではできます。

実際には、適切なツールを見つける限り、500GB HDDをFAT32にフォーマットするのは簡単です。AOMEI Partition Assistantは、大容量ハードディスク(HDD)をフォーマットする以外にも、Windowsで優れたTranscend StoreJetフォーマットユーティリティです。サポートしているストレージの種類が多いですので、それを使用して3DSのSDカードをフォーマットすることができます。より多くの機能を楽しむためにダウンロードしてください。

Partition Assistantをダウンロード!