ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年07月01日

AOMEI Partition Assistant Professionalは、OSなしでハードディスク(HDD)をフォーマットするのに役立つ優れたソフトです。この記事では、OSなしでハードディスクをフォーマットする方法の詳細を説明します。

概要

OSでハードディスクを使用するには、HDDが認識して使用できるフォーマットタイプでフォーマットする必要があります。これは、OSがインストールされているときにシステムユーティリティを使用して実行できますが、ハードディスクをフォーマットするコンピュータにOSがインストールされていない場合は、OSなしでHDDをフォーマットする方法を学習する必要があります。

HDDのフォーマットは、データをすばやく消去したり、ウイルスを削除したり、ストレージの問題を解決したり、解決しにくい問題を解決するのに役立ちます。場合によっては、ウイルスが深刻なシステムの損傷につながる可能性がありますし、問題を解決するためにOSなしでHDDをフォーマットすることができます。

OSなしでHDDをフォーマットする準備

OSなしでハードディスクをフォーマットする前に、ブート可能なメディアを準備してコンピュータを起動し、パーティションマネージャが含まれているHDDをフォーマットすることができます。Windows PE(Windowsプレインストール環境)に基づくISOファイル、USBフラッシュドライブ、CD/DVDを含むブータブルメディアは、OSをロードし、システムの下でパーティションマネージャを実行できます。これはメモリに直接ブートし、コンピュータの起動後に削除することができます。Windows PEを起動したら、ハードディスクを変更して、Windows PEのソースファイルをHDDにコピーすることができます。ここではディスクパーティション管理ソフト--AOMEI Partition Assistant Professionalを解凍し、詳細を示す例としてブート可能なCDを作成する方法を紹介します。もちろん、Windowsがインストールされた他のコンピュータにCDを添付する必要があります。

1. AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロード、インストール、起動します。「ブートブルCD/USBの作成」をクリックし、「次へ」をクリックして確認します。

ブート可能なウィザードを作成

ヒント: Windows AIKがインストールされているかどうかを自動的に検出します。そうでない場合は、Windows AIKをダウンロードしてインストールしてください。

2. 「CD/DVDに書き込む」を選択して起動可能なCDを作成し、「実行」をクリックします。

CD/DVDに書き込む

WinPEブート可能CDを作成するプロセスには数分かかります。また、「USBブートデバイス」をブート可能なUSBデバイスを作成するか、「ISOファイルを書き出し」てブート可能なISOファイルを作成するかを選択できます。

AOMEI Partition Assistant ProfessionalでHDDをフォーマット

これで、OSなしでHDDをフォーマットすることができます。作成されたブート可能なCDを介してOSなしでコンピュータを起動すると、AOMEI Partition Assistant Professionalの直感的なインターフェイスに直接起動し、AOMEIで簡単にHDDをフォーマットできます。以下は、OSなしでHDDをフォーマットする手順です。

1. ブート可能メディアをOSがインストールされていないコンピュータに接続します。コンピュータを起動し、BIOSを起動します。ブート可能なメディアを最初の起動オプションとして切り替えます。

BIOS

2. それはAOMEI Partition Assistant Professionalの直感的なインターフェイスに直接ブートします。次に、ドライブを右クリックして、ポップアウトウィンドウで「フォーマット」を選択し、整理します。

設定

全体的に、AOMEI Partition Assistant Professionalは、OSなしでHDDをフォーマットするのに最適なオプションです。一方では、ブート可能なメディアを作成して、コンピュータを正常に起動するのに役立ちます。ブート可能なメディアを介してコンピュータの起動後に簡単にHDDをフォーマットするのに役立ちます。他に、パーティションの作成、サイズ変更、移動、コピー、削除、マージなどもサポートしています。