By三浦大和 / 最後の更新日時 2020年06月01日

Paragon Migrate OS to SSDの代替ソフトは何ですか?

AOMEI Partition Assistant標準版は、Paragon Migrate OSの代替品です。Paragon Migrate OS to SSDのように、AOMEI Partition Assistantは、Windows 7/8/10およびアプリケーションを再インストールすることなく、SSDにOSを移行することをサポートします。

しかし、Paragon Migrate OS to SSDは、選択されたWindows OSおよび重要なシステムブートファイルを含むパーティションのみを転送するため、一部のファイルが失われる可能性があります。Paragon Migrate OS to SSDとは異なり、AOMEI Partition Assistantの「OSをSSDに移動」機能を使用すると、Windowsに必要なすべてのファイルがSSDに転送されることを保証することができます。

Windows 7/8/10でSSDにOSを移行する絶好のソフト

AOMEI Partition Assistant Proは、Paragon Migrate OS to SSDの代わりに、32ビットと64ビットのWindows 7/8/8.1/10/XP/Vistaを含むすべてのWindowsエディションをサポートします。「SSDにOSを移行」を除き、「ディスクのコピー」によって、同じ目標に達することができます。OSがディスクに格納されているため、AOMEI Partition Assistantでは、使用済み領域のみをクローンすることによって、より大きなディスクをより小さなディスクにクローンすることができます。とにかく、Paragon Migrate OS to SSDの代替品--AOMEI Partition Assistantを使用してSSDにOSを移行方法を説明します。

ステップ 1. SSDにOSを移行するには、まずAOMEI Partition Assistantをダウンロード、インストール、起動、体験してみます。ウィザード列の下の「OSをSSDに移行」を選択します。ポップアップウィンドウで「次へ」をクリックして続行します。

SSDにOSを移行

ステップ 2. SSDの未割り当て領域を宛先領域として選択し、「次へ」をクリックします。その後、オペレーティングシステム(OS)のコピー用のパーティションが作成されます。

OSをSSD/HDDに移動

ステップ 3. スライダを左右方向にドラッグしてSSDパーティションのサイズを調整し、「次へ」をクリックします。(システムパーティションはデフォルトでプライマリパーティションとして作成されます)。

SSDパーティションのサイズを調整

ステップ 4. すべての情報を設定したら、「次へ」をクリックして「OSブート」に関するメモを読んでください。

注意

ステップ 5. 完了」をクリックして、メインインターフェイスに戻り、変更をプレビューします。変更を保存するには、「適用」ボタンをクリックして「保留中の操作」をコミットします。

適用

    ▼注意:

    ● この操作にはシステムパーティションが含まれるため、PreOSモードで操作が完了します。

    ● MBRとGPTディスク間でOSを移行する場合は、OSの移行が完了したら、BIOSに入り、起動設定を変更してください。(OSをMBRディスクからGPTディスクに移行する場合は、マザーボードがEFIまたはUEFIブートをサポートしていることを確認してください)。

結論

ここまでWindows OSをSSDに移行しました!おめでとうございます!ヽ(〃'▽'〃)ノ☆゚'・:*☆

ご覧のように、AOMEI Partition AssistantはParagon Migrate OS to SSDの代替品として、SSDにOSを移行するには非常に便利ですし、データの安全性を保証することができます。

ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。