By Comnena / 最後の更新 2021年07月16日

GPartedについて

GParted(Gnome Partition Editor)は、ディスクパーティションとそのファイルシステムの作成、削除、サイズ変更、移動、検査、コピーに使用されます。新しいオペレーティングシステム用のスペースを作成したり、ディスクを再割り当てしたり、HDDに存在するデータをコピーしたり、あるパーティションを別のパーティションにミラーリングしたりする場合はとても便利です。過去10年間、GPartedはLinux、Windows、Mac OS Xを含めて多種類のオペレーティングシステムをサポートしているので、ユーザーの間で良い評判を得ています。

gparted

Windows 10/8.1/7でGPartedの欠点

GPartedは素晴らしいツールですが、それでも多くの制限があります。

例えば、✎...
ディスク全体を複製することは対応しない、一つ一つのパーティションごとに複製しかできせん。
GPartedは時にNFTSパーティションのサイズを変更できません。
Windows 10/8.1/7の場合は、パーティションタイプをMBRからGPTに変換したり、OSをSSD/HDDに移行したりすることもできません。
ユーザーのフィードバックによると、GPartedを使用してシステムパーティションを縮小するには沢山の時間がかかり、そして、もっと行けないのはWindowsをロードできなくて起動できません。

これらの欠落した機能と機能の欠陥により、Windows OSでGPartedに代わるものが必要です。AOMEI Partition Assistant ProfessionalはあらゆるのWindowsバージョンにとって最も適するパーティション管理ツールです。ディスクのコピーとMBRディスクからGPTディスクへ変換の2つの機能が上記のGPartedの欠点を補いました。

また、パーティションを結合し、Windows10 OSを外付けHDDにインストールし、Windows To Go Creatorを利用し、USBフラッシュドライブをパーティションし、高速分割し、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換するなどの機能が付属しています。さらに、GPartedがNTFSパーティションのサイズを変更できない場合は、NTFS to FAT32変換器を使用してファイルシステムを予め変更しておけます。Windows 10で最高のGparted代替ソフトをダウンロードして、OSをHDD/SSDに移行しましょう。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

Windows 10でGPartedの代替ソフトウェアを使用してOSを移行

手順 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロードして開きます。左側の「OSをSSDに移動」をクリックします。

OSをSSDに移動

手順 2. このウィザードを使うと簡単になります。 ターゲットドライブを選択します。

ターゲットドライブを選択

手順 3. ここでターゲットハードディスクに移行したOSパーティションのサイズを調整するオプションがあります。

パーティションのサイズを調整

手順 4. 次の画面の注意をきちんと読んた上で、「完了」をクリックします。

完了

手順 5. OS移行の仮想的な結果が表示されました。 「適用」をクリックして、タスクを実行します。

適用

まとめ

これらの手順はWindows 8.1/7/XP/Vistaの作業環境でもほぼ同じです。Windows 10でGPartedを入れ替えられるこの強力なツールを使ってディスク管理をより便利にやります。AOMEI Partition Assistantはそのような完璧なディスク管理ソフトウェアです。上記の手順でOSをSSDから他のSSDへ移行することもできます。このソフトウェアにはセクターごとのクローンやブート可能なCDを作成するなどの便利な機能が組み込まれています。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Partition Assistant Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。