Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月21日

状況

コンピューターを起動する時、GPT formatted disk Legacy boot not supportedというエラーメッセージが出るかもしれません。意図があるかどうか関係なく、ソフトウェアまたはハードウェアに何らかの変更を作成した後、このエラーは発生する可能性があります。

原因

エラーが言う通り、現在使用しているレガシーブートモードはMBRディスクからの起動だけをサポートできます。GPTパーティションテーブルを持つ新しいHDDを既にインストールしましたかもしれません。それはUEFIモードだけで起動できます。新しいGPTディスクをインストールした後、お使いのコンピューターは最初に起動する順番をそれに変更するかもしれません。そのため、GPTでフォーマットされたディスクのエラーを取得します。

ブートモードを変更せずにGPTディスクにMBRディスクを変換する時、このエラーも発生するかもしれません。

もし、お使いのコンピューターはUEFIとレガシーBIOS両方のブートモードをサポートする場合、UEFIモードを無効にする時、このエラーも出てきます。

ソリューション

コンピューターに新しいドライブをインストールしました場合、起動時に特定のキー(通常にF2またはDelです)を押して、BIOSの設定に移動できます。起動タブで、元のHDDは最初に起動するデバイスとして設定されたことを確認してください。もし、コンピューターはレガシーとUEFI両方をサポートするなら、2つのモードを有効にできます。

デフォルトで、UEFIのブート順位はレガシーのブート順位より優先します。もし、コンピューターはレガシーブートモードだけをサポートする場合、MBRにGPTを変換して、ディスクをレガシーブートモードで正常に起動できます。お使いのコンピューターはWindowsをロードできないので、Windows PEブータブルメディアを作成して、それを完成する必要があります。

ほとんどのPEツールはMBRにGPTを変換することができますが、それはHDD上のすべてのものを削除します。その点を受けにくいかもしれません。この状況で、Windowsを再インストールする必要があって、UEFI (GPT)パーティションから起動できないエラーを修正します。幸いなことに、ここではパーティションマネージャソフトウェアAOMEI Partition Assistantがあります。それは、OSに影響を与えずにGPTからMBRにHDDを変換できます。

AOMEI Partition AssistantでGPTからMBRにディスクを変換します:

1. 別のコンピューターにAOMEI Partition Assistant Professionalエディションをダウンロードして、実行します。

2. 主なインターフェイスで、左側のパネルにある「ブータブルCD/USBの作成」をクリックします。ウィザードに従って、ブータブルUSBドライブまたはCD/DVDを作成します。

3. 起動できない問題があるコンピューターに作成されたブータブルメディアを接続します。それからコンピューターを起動します。

4. 以前見えたように、同じインターフェイスをもたらします。そして、ディスクを右クリックして、「MBRディスクへ変換」を選択します。

MBRディスクへ変換

5. 「はい」をクリックして、確認します。そして、プロセスの結果をプレビューできます。問題がないなら、「適用」をクリックして、HDDに変更を行います。

適用

この手順の後、GPT formatted disk legacy boot not supportedというエラーなしに、コンピューターを正常に起動できます。ご存知のように、MBRディスクは多くとも四つのプライマリパーティションまたは3つのプライマリパーティションと多い論理パーティションをサポートします。もし、このGPT HDDは四つ以上のパーティションがある場合、すべてのデータの完全性を確保するために、余分のプライマリパーティションは自動的に論理パーティションに変換されます。