ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月01日

助けて!外付けHDDが突然未割り当てになった

私の使っている500GB Iomega外付けHDDにファイルとムービーがいっぱい入っていますが、今日は突然ドライブ名のない未割り当て領域になって、ディスクの管理で認識することができますが、アクセスできません。データを失うことなく外付けHDDを復元する方法がありますか?外付けHDD中のファイルが大切ですから、そのままに復元できませんか?良い対処法があれば教えていただけませんか?

HDDが未割り当てになった原因

HDDが「未割り当て」として表示されるのは、データがそのままに保存されても、アクセスできないという意味です。このエラーを効率よく修復するために、未割り当てになったHDDを復元する前に、未割り当てになった原因を知る必要があります。実は、HDDが未割り当てとして表示される原因はたくさんあります。多くの場合、エキスパートでさえそれがどうなったのか把握できません。その中で、最も一般的な理由は次のとおりです:

    ● HDD内部エラー

    ● ファイルシステムエラー

    ● ハードドライバーは時代遅れであること

    ● ハードディスクを不適切に取り外したこと

    ● ウイルスまたはスパイウェアによる感染されること

Windows 10/8/7で未割り当てになったHDDを復元する四つ方法

ハードディスクが未割り当てになった主な理由が分かってから、ここではWindows 10/8/7でそのエラーの修復方法を学びましょう。その前に、アンチウイルスソフトウェアをダウンロードして実行し、PCや外付けハードドライブのウイルスをクリーンアップしてみます。運がよければ、問題は修正されます。そうでない場合は、次の技術的な方法を使用します。

方法1. デバイスマネージャを使用してハードディスクを更新

手順 1. スタート」をクリックし、「devmgmt.msc」を入力し、管理者として実行します。

手順 2. ディスクドライブ」の下のターゲットディスクを右クリックし、「プロパティ」、「ドライバ」タブ、「ドライバの更新」の順にクリックします。

デバイスマネージャ

これで問題が解決しなかった場合は、製造元のWebサイトからデバイス用のドライバをダウンロードすることもできます。

方法2. HDD内部エラーまたはファイルシステムエラーを修正

上記のすべての方法を試しても、HDDがまだ未割り当て領域になったら、ハードディスクの内部エラーまたはファイルシステムエラーをチェックして修正しなければなりません。ここでは、2つの方法を紹介します。

A. CHKDSKを実行してHDDエラーをチェックして修復

まず、Winキー+Rキーを合わせて押して、「cmd」と入力して実行します。そして「chkdsk g: /f /r /x」と入力します。

chkdskでエラーを修復

    補足(構文の意味は次の画面のように):

    g:---------チェックするドライブのドライブ文字を示します。

    /f-----------Gパーティション/ボリュームで見つかったエラーを修正します。

    /r-----------ドライブ上の不良セクタを見つけて、読み取り可能なデータを復元します。ただし、一部のデータは/ rで復元できません。従って、スケジュールバックアップを作成する習慣を身に付けることが重要です。

    /x-----------プロセスの開始前にドライブを強制的にマウント解除します。

    chkdsk.exe


B. AOMEI Partition AssistantでHDDエラーをチェックして修復

コンピュータに精通していない読者様にとっては、サードパーティ製のAOMEI Partition Assistant Standard版を使用することをお勧めします。このソフトはWindows 10/8/7/XP/Vistaをサポートします。簡潔明瞭なインターフェイスなので、パソコン専門家と初心者の両方には適用します。AOMEI Partition Assistantを使用してハードディスクのエラーをチェックして修正するには、以下の手順を実行します。まずは、このソフトをダウンロードします。

手順 1. ソフトをインスト ールして起動してから、修復したいパーティションを右クリックして「詳細処理」の「パーティションをチェック」をクリックします。

パーティションをチェック

手順 2. chkdsk.exeを実行してパーティションのエラーをチェックし、修正します。」にチェックを入れ、「 はい」をクリックします。

エラーをチェック

    補足:未割り当てになったディスクを右クリックし、「不良セクターをチェック」を選択して、HDDに不良セクタがあるかどうかを確認することもできます。

不良セクターをチェック

方法3. パーティション回復ソフトウェアを介して未割り当て領域を復元

ハードディスクのパーティションが誤って削除されたら、パーティションも未割り当て領域になります。この場合、AOMEI Partition Assistant Standard版をProfessional版にアップグレードしてから、削除されたパーティションを簡単な手順で回復できます。もちろん、未割り当て領域の問題が発生した後にデータを上書きしない限り、そこに保存されているデータも元に戻ります。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動します。「パーティションを復元」をクリックします。

パーティションの復元

手順 2. この画面で、未割り当て領域が表示されているディスクを選択し、「次へ」をクリックします。

未割り当て領域を選択

手順 3. この画面で、失われたパーティションをスキャンする方法を選択します。ここでは一番目のオプション「高速スキャン」を選択します。「次へ」をクリックします。

高速スキャン

手順 4. 次に、復元したい紛失したパーティションにチェックマークを付けて、「続行」をクリックします。紛失したパーティションが復元されるなら、「完了」をクリックします。

紛失したパーティションを復元

ここまで、未割り当て領域がパーティションに変わり、その中のデータにもアクセスできるようになりました。

方法4. 新規パーティションを作成して未割り当てになったHDDを修復

上記の修復方法がどれも機能しない場合は、未割り当て領域にパーティションを直接作成できます。ただし、これによりディスク上のすべてのデータが消去されるため、信頼性の高い復元ツールを使用して、その未割り当てディスクからデータを復元する必要があります。次に、まだAOMEI Partition Assistantを使用して、新しいパーティションを作成します。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Standard版を実行して、未割り当てになったHDDを右クリックして「パーティションを作成」を選択します。

パーティションを作成

手順 2. HDDのドライブサイズ、文字、ファイルシステムを設定し、「はい」をクリックします。

新しいパーティションを作成

手順 3. メインインターフェースに戻り、「適用」をクリックして操作を確定します。

パーティション作成の実行

    注意:

    ● ダイナミックディスクの間で、「パーティションを作成」以外、「パーティションを結合」機能を使用して、未割り当てになったHDDと他のHDDのパーティションをマージすることもできます。

    ● AOMEI Partition Assistantの機能でHDDが未割り当てになったことを修復する以外にも、USBドライブが0バイトと表示されるエラー、非システムディスクエラーまたはディスクエラーなど、他の多くのHDDエラーを修正することもできます。Windows Server 2003、2008(R2)、2012(R2)、2016や2019などのパソコンを使用すると、Server版にアップグレードしてください。

結論

ここまで、Windows 10/8/7で未割り当てになったHDDを復元する四つの方法を紹介しました。つまり、デバイスマネージャ、CHKDSK、パーティション回復、新規パーティションの作成です。

読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。

最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!