By Asher / 最後の更新 2022年05月30日

OSを新しいPCに移行するにはどうすればよいか?

新しいコンピューターは、新しいパフォーマンス、新しい速度、新しいエクスペリエンスを意味するので、新しいコンピューターを手に入れることが本当に嬉しいです。ただし、特に古いPCのOSに慣れている場合は、古いことが悪いという意味ではない場合もあります。

問題は、Windows10/11を新しいコンピューターに移行できますか?移行した後、正常に起動しますか?更に、以前よりもっとよく運行しますか?

したがって、この記事では、OSを新しいPCに移行する方法を紹介します。

絶好のソフトウェアでOSを新しいPCに移行する

ツールなしでWindows OSを新しいPCに転送することには大きなリスクがあり、OSが破損したり、隠されたOSデータが失われたり、起動に失敗したりする可能性があります。OSの移行は、一部のファイルの移行よりもっと複雑です。ここで、強力で安全なOS移行ツールであるAOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。このソフトウェアは、すべてのOSファイルと関連データを検索し、損傷しなく、すべてをソースディスクからターゲットディスクにコピーできます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

OSのみを移行する

OSだけを保持したい場合は、OSを新しいHDDに移行することしかできません。

手順 1. 新しいコンピューターのHDDを古 いコンピューターに接続します。古いコンピューターはラップトップである場合は、SATA-USBアダプターを準備する必要があります。

手順 2. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして実行します。左側の「OSをSSDに移行」を選択して、ポップアップウィンドウで「次へ」をクリックします(HDDにも適用できます)。

システムをこのディスクに移行する」にチェックを入れ

手順 3. 新しいHDDをターゲットディスクとして選択します。HDDにパーティションがある場合は、「ディスク2のすべてのパーティションを削除して、システムをこのディスクに移行する」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスクを選択

手順 4. ドラッグしてシステムパーティションのサイズを調整するか、下のボックスに必要な数を入力します。「次へ」をクリックしてください。次の画面の注意事項を読むことを忘れないでください。

パーティションのサイズを調整

注意することが表示される

手順 5. 「適用」と「続行」をクリックして、保留中の操作を実行します。

適用と続行をクリック

移行後、新しいディスクを取り出して新しいコンピューターに挿入し、起動してみて、移行が成功したかどうかを確認してください。

注意:
移行後、BIOSに入って起動順序を変更する必要があります。
クローン作成後、HDDを新しいコンピューターに直接アップロードする方法は、Win10/11システムにのみ適用されます。

HDD上のすべてのデータを移行する

OSをあるコンピュータから別のコンピュータに転送する方法だけでなく、ディスク上のすべてのデータを転送する方法を知りたい場合はどうなりますか?もちろん、プログラムの再インストールに時間を無駄にしたくない場合はどうなりますか?ここでは、AOMEI Partition AssistantStandardをお勧めします。このソフトを使用し、再インストールせずに、OSを別のコンピュータに移行できて、HDD上のすべてのデータも移行できます。

手順 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。メインインターフェイスで「全てのツール」、「ディスククローンウィザード」を選択します。

ディスククローン

手順 2. ポップアップウィンドウでは「セクタ単位のクローン」と「ディスクの高速クローン」2つのディスククローン方法を提供しています。ニーズに応じて適切な方法を選択します。

クローン方法を選択

ヒント:✎ここでは、二つのクローン方法があります。
ディスクの高速クローンは、ソースディスクの使用済みスペースのみをコピーします。
セクター単位のクローンは、使用されているかどうかに関係なく、ソースディスクのすべてのセクターをコピーします。

手順 3. クローンを作成するハードディスクをソースディスクとして選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

ソースディスクを選択

手順 4. ソースディスクのデータを保存するターゲットディスクを選択し、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスクを選択

ヒント:選択したターゲットディスクがSSDの場合は、「SSDパフォーマンスの最適化」にチェックを入れてください。これにより、SSDのパフォーマンスが向上できます。ターゲットディスクにパーティションがある場合、それらは削除されます。

手順 5. ここで、ターゲットディスク上のパーティションのサイズと位置を編集できます。そして、「次へ」をクリックします(注意:小さいSSDにクローンすると、最初のオプションはグレー表示されます)。

サイズを調整

手順 6. ここではクローンしたHDDから起動する方法についての説明は表示されます。読んだ後「完了」>「適用」をクリックして操作を実行します。

SSDから起動する方法

適用

次に、新しいディスクを新しいPCに接続し、BIOSに入って起動設定を完了します。

「バックアップと復元」でOSを新しいPCに移行する

ソフトウェアを使用せずに、OSをあるコンピューターから別のコンピューターに転送する方法がありますか?ここでWindows7で「バックアップと復元」を使用してOSを新しいPCに移行する方法を紹介します。それは、システムイメージのバックアップを作成してから新しいコンピューターのHDDに復元することです。

ただし、保護できるのはNTFSボリュームだけです。バックアップ元またはバックアップ先のドライブとして設定するパーティションがFAT32でフォーマットされている場合は、事前にデータを失うことなくFAT32をNTFSに変換する必要があります。

ここで、システムイメージの作成、起動可能なメディアの作成、およびシステムイメージの復元の詳細な手順を示しています。

まず、システムバックアップイメージを作成する

手順 1. 「スタート」をクリックして「コントロール パネル」を入力します。最も一致する検索結果から「コントロール パネル」を選択します。

手順 2. 「システムとセキュリティ」メニューで「バックアップと復元(Windows7)」を選択します。

バックアップと復元(Windows 7)を選択

手順 3. 左側のメニューで「システムイメージの作成」をクリックします

システムイメージの作成をクリック

手順 4. バックアップを保存する場所を選択し、「次へ」をクリックします。ここでは、ハードディスク上のボリュームを選択します。

バックアップを保存する場所を選択

手順 5. 次に、バックアップファイルに含めたいドライブを選択します。システムドライブとシステムで予約済みのパーティションはデフォルトで含まれています。イメージファイルにドライブを追加できます。「次へ」をクリックして続行します。

バックアップの対象を選択します

手順 6. バックアップの場所とイメージファイルのサイズを確認します。問題なければ「バックアップの開始」をクリックします。

バックアップの開始

手順 7. 「閉じる(C)」ボタンをクリックして、システムイメージの作成を終了します。作成したイメージファイルはHDDの「Windows Image Backup」メニューに保存されます。

閉じる(C)をクリック

そして、起動可能なメディアを作成する

まず、公式のWindows10//11 ISOファイルをダウンロードしてください。この例では、起動可能なUSBを作成します(外付けハードディスクを使用している場合は、その空き容量が4GBを超えていることを確認してください)。

手順 1. 「Windows+R」を同時に押し、「diskpart」と入力して、「Enter」をクリックします。

diskpartを入力

手順 2. 次のコマンドを順番に入力し、各コマンドの後にEnterキーを押します。

list disk
select disk 2
clean
create partition primary
select partition 1
format fs = ntf quick(UEFIブータブルUSBを作成する必要がある場合は、format fs = fat32 quickと入力する必要があります。)
active
exit

次の図を参照してください。

コマンドを順番に入力

手順 3. 「Exit」と入力して操作を終了し、次に、作成した起動可能なUSB、システムファイルを保存するHDDを新しいコンピューターに接続します。起動時にBIOSに入り、起動デバイスをUSBドライブに変更します。

最後、システムイメージイメージをHDDに復元する

手順 1. コンピュータを起動すると、Windowsのロゴが画面に表示されます。これはしばらく続く場合があります。PCのインジケータライトが表示されている限り、問題がありません。

手順 2. 「Windowsセットアップ」が表示されたら、「次へ」>「コンピューターを修復する」をクリックします。

Windowsセットアップ

「コンピューターを修復する」をクリック

手順 3.  「オプションの選択」画面で、「トラブルシューティング」をクリックします。

トラブルシューティングをクリック

手順 4. 「詳細オプション」画面で、「イメージでシステムを回復」を選択します。

「システムイメージの回復」を選択

手順 5. システムイメージが保存されているHDDが接続され、オンになっていることを確認します。

.システムイメージが配置されている外付ディスクが接続のことを確認

手順 6. 最新のシステムイメージを選択します。別のイメージを復元する場合は、「システムイメージを選択する」ラジオボタンを選択して「次へ」をクリックし、画面の指示に従って使用可能なシステムイメージを選択してください。

システムイメージの選択

手順 7. システムイメージがハードディスクをフォーマットして再パーティション化します。除外するパーティションまたはその他の追加ストレージがある場合は、「ディスクの除外...」ボタンをクリックし、「次へ」をクリックします。

再パーティション化

手順 8. 「完了」をクリックして開始します。

手順 9. リカバリーが始まる前の注意を読んで、「はい」をクリックして続行します。

リカバリーが始まる前の注意

手順 10. 回復するまでしばらく待ちます。

回復するまでしばらく待ちます

今すぐ再起動する

完了すると、コンピューターが自動的に再起動し、Windows10/11がHDDにクローンされます。

結論

上記は、OSを新しいコンピュータに移行する方法です。ご覧のとおり、他の方法と比較して、AOMEI Partition Assistantは、OSを新しいPCに移行するだけでなく、HDDディスク上のすべてのデータを移行できて、ディスクとデータを保護できます。さらに、重要なことに、このソフトウェアには、MBR/GPTからGPT/MBRへの変換、ドコマンドラインでの分割、インストールされているプログラムの移動など便利な機能もあります。

あるコンピュータから異なるハードウェア(異なるブランド、モデル、構成など)を備えた別のコンピュータにシステム状態のバックアップを復元する必要がある場合、AOMEI Backupperの「ユニバーサル復元」機能で処解決できます。

ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。