By Akira / 最後の更新 2022年02月10日

なぜHDDのデフラグが必要なのですか?

HDDは磁気ディスクに情報を保存し、読み取り/書き込みヘッドで読み取ります。初めて、新しいハードディスクだけがファイルを連続して保存できます。ファイルは、ディスクの連続したクラスターに保存されるのではなく、時間の経過とともにディスク全体のさまざまな領域に分散されて保存されます。次に、断片化が発生します。

HDDの動作方法により、ユーザーがプログラムにアクセスする必要がある場合、読み取り/書き込みヘッドはターゲットファイルを検索するのにより長い時間を必要とします。そのため、HDDがプログラムを起動できるようにするためにより多くの時間を浪費し、PCは遅くなります。

HDD 断片化

デフラグは、他の技術的なトリックと比較して、HDDを素敵な状態に維持するための簡単な方法です。分離されたファイルを整然と並べ替えることで、HDDのシーク時間を短縮することができます。したがって、HDDとPCのパフォーマンスを向上させ、ロード時間を短縮することができます。

HDDデフラグ

どのくらいの頻度でHDDのデフラグを行うべきですか?

定期的にデフラグを行うことで、HDDを健康に保つことができます。個人ユーザーの方は、3ヶ月に1回、毎日8時間以上パソコンを使用する方は、2週間に1回デフラグを行うことができます。作業状況に応じて、商業、企業、政府のお客様には、1ヶ月に1回のデフラグをお勧めします。

HDDデフラグのスケジュールを設定する2つの方法

HDDのデフラグを行うには、デフラグアプリケーションを使用する必要があります。Windowsに内蔵されているツール、または特定のデフラグソフトウェアを選択することができます。

1. Windows内蔵ツールでスケジュールデフラグを設定する方法

1. タスクバーの検索ボックスに「デフラグ」と入力して、検索結果から「ドライブのデフラグと最適化」を選択します。

ドライブのデフラグと最適化

2. 「ドライブの最適化」ウィンドウで「設定の変更」をクリックします。

設定の変更

3. ここで、「スケジュールに従って実行する(推奨)」と「……タスクの優先度を上げる」オプションをオンにします。次に、「頻度」をクリックして、最適化の頻度を事前に設定できます。最適化するドライブも選択できます。次に、「OK」をクリックして変更を保存します。

スケジュール

2. サードパーティ製ソフトでスケジュールデフラグを設定する方法

確かに、Windows内蔵のデフラグツールは、Windows 11/10/8/7のデフラグのスケジュールを実行するのに役立ちます。しかし、それはあまりにもシンプルで、多くの機能に欠けています。ここでは、HDDをより効率的にスケジュールデフラグするために、別のもっと便利なサードパーティ製のディスクデフラグソフトAOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。

このソフトウェアでは、デフラグの頻度を毎日、毎週、毎月の中から設定するだけでなく、起動時やログオン時にデフラグを行うかどうかを選択できます。また、どのような条件でデフラグを行うかを設定することも可能です。ディスクのデフラグのほかに、このソフトは、SSDの完全消去、SSDの4Kアライメント、ディスクのクローンなど、ディスク管理のための機能が含まれています。

では、この最高のデフラグプログラムを試してみましょう!

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動し、ターゲットディスクまたはパーティションを選択し、「ディスクデフラグ」を選択します。

ディスクデフラグ

ステップ 2. ポップウィンドウに、使用中のすべてのドライブが表示されます。スケジュールを設定する必要があるので、「スケジュール」ボタンをクリックします。

スケジュール

ステップ 3. 次に、最適化するドライブを選択し、デフラグを毎日、毎週、または毎月実行するかどうかを決定できます。

スケジュールの設定

ステップ 4. そして、デフラグを行う条件を設定できます。「条件設定」アップウィンドウで、ディスクのデフラグを行う断片化率を設定するだけでなく、起動時またはログイン時に最適化するかどうかを決定することもできます。

条件設定

条件設定

補足:SSDを最適化する方法

SSDは、その高速性、信頼性、低消費電力などの利点から、現在徐々にHDDの代用品となっています... SSDを使用している場合、デフラグはお勧めしません。SSDの寿命が短くなる可能性があります。SSDには、パソコンの性能を維持するための他の方法があります。ここでは、一般的な2つの方法を紹介します。

1. SSD Trimを利用する

SSD Trimは、HDDのデフラグのようなものです。SSDが定期的にガベージコレクションを実行し、消去時間を短縮するのに役立ちます。CMDで有効にすることができます。

ステップ 1. 「Windows」+「R」キーを押し、CMDと入力して開きます。

ステップ 2. 「fsutil behavior query DisableDeleteNotify」と入力して、Trim機能がオンまたはオフになっていることを確認します。

DisableDeleteNotify = 0 :(TRIMはすでに利用可能であり、Windowsで動作しています。)

DisableDeleteNotify = 1 : (TRIMは利用できません。)

ステップ 3. 利用できない場合は、次のように入力してください。「fsutil behavior set DisableDeleteNotify」と入力し、「Enter」キーを押します。すると、Trim機能が有効になります。

SSD Trim

2. 「4K アライメント」を利用する

4Kアライメントとは、簡単に言うと、ハードディスクが正確な初期位置から書き込みを開始することです。SSDのデータが分割される確率を最小限にし、効果的にパフォーマンスを向上させ、ディスクの寿命を延ばすことができます。

AOMEI Partition Assistant ProfessionalはSSDユーザーのために、「パーティションを整列」も用意しています。操作は簡単です。

ステップ 1. SSDパーティションを右クリックし、「詳細処理」→「パーティションを整列」をクリックします。

パーティションを整列

ステップ 2. 次のダイアログボックスに、整列の目標セクターサイズを指定します。SSDの方は「8セクタ」を選択することをおすすめします。最後に、「はい」をクリックします。

セクターサイズ

ステップ 3. メイン画面の左上の「適用」をクリックしてアライメント操作を開始します。

ヒント:SSDに複数のパーティションが存在する場合は、他のパーティションに対して、同じ方法で整列します。皆のパーティションの整列が終わったら、4Kアライメントが完了しました。

まとめ

HDDのデフラグの頻度がわからない場合、デバイスのデフラグスケジュールを設定することができるようになりました。AOMEI Partition Assistant Professionalを利用して、Windows 11/10/8/8.1/7/XP/VistaユーザーがHDDまたはSSDのディスクを簡単かつ安全に管理できるようにします。Windows Serverユーザーであれば、AOMEI Partition Assistant Serverを選択できます。

この記事で紹介した「ディスクデフラグ」の機能以外にも、「OSをSSDに移行」、「GPT/MBRディスクに変換」、「ディスククローン」などの機能も搭載されています。ぜひダウンロードして試してみましょう~